FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
21

Category:

Tags: バックパッカー  紀行文  女一人旅  ドラマー  写真  ただのコラム  瀬戸内国際芸術祭  直島  アクセス    

Comment: 0  Trackback: 0

【直島】ピンチの時ほど生きたいと願った
瀬戸内海の、現代アートパイオニアである直島!

現代アートを受け入れる余裕があった背景には、元々産業が盛んで経済的に豊かだった事があります。

しかしそこには島ならではの問題点もあります。

直島のアテンドの女性、そして初めて会ったカフェのマスターと思わぬ冒険を繰り広げ、直島という島に迫っていきます。

瀬戸内国際芸術祭に興味がある方は、【フル尺の記事】も是非。



ドラムの現場で知り合った直島の福武財団の方が、島のアート施設を案内して下さるというので、

仕事も兼ねて昨年末に直島に遊びに行ってきました。



ある夜、カフェサロンでの夕食後。

「今夜は条件が揃ってるから、今から船に乗りに行こうか」

とカフェのマスターがカウンター越しに、言いました。


直島をアテンドしてくれていた女性が酔い潰れてしまい、

快復を待っている間に畳にゴロンとしていた私は、

「星がキレイですね」などど平和に抜かしていた時でした。



「えと…今から船に乗るですって!!?」

会ったばかりのカフェのマスターと、いきなり船に乗りに行くって展開が衝撃過ぎて返答できないまま、

とにかく私たちは船に乗りに行く事になりました。




直島のもう一つの顔は、島の1/3が工場地帯。

産業で発展しているので、経済に余裕があったからアートの誘致に成功したのだそうです。

それと、直島の人は新しい物好きで、現代アートが島に入ってくることに、わりかし抵抗が無かったとか。


初めて出会った島の人とふたりで、真っ暗闇の工業地帯という場所を通り、船に乗って海へ出るというのは、

少なからず私の体を硬直させていました。


th_16586960_1249345941786586_2382659212370773239_o.jpg


船酔いするし!

しかし、委ねるしかない…!


係留ロープを離すと、ボートはぐんぐんと出港します。

波が速くてカタくて、体がジャンプするように飛び上がるのは、初めての体験です。



「痛い!…なんかすごい!」



海の上に出ると、カフェのマスターは船を止めて、照明を全て消しました。

真っ暗な中で、息切れしながら見上げると、


一面に、星、星、星!

空には、輝く星が広がっていました。

こんなの、プラネタリウムでしか見たことない…!



わたしは涙が出ていました。

恐怖と、笑いとで。





「怖さを知らなきゃ、見られない世界があるんだよ。」


と、カフェのマスターが教えてくれます。


ありがとうございます!は、、はやく、、陸に帰りましょう!


そのとき願ったことは、ただひとつ。
心から生きたい、でした。
(だって怖かったんだもん。)


直島銭湯「I 湯(I LOVE YU)」
(秘宝館の像に会いたい!)

入って、次の街へ行こう。

また来るわね。



th_写真 2016-12-21 20 58 14 (1)

こちらの日記はダイジェスト版になります。
フル尺の本記事は【こちら!】♪





* Nikon D5300

スポンサーサイト



テーマ : 日本の路地裏    ジャンル : 旅行

18

Category: 音楽

Tags: バックパッカー  ドラマー  写真  ただのコラム  流れるイオタ  レコーディング  フリースタジオ湘南  国道134  SSL4000g  SSL4000e  

Comment: 0  Trackback: 0

引き続き演奏備忘録
もはや、何が何やらの中で

もうエモい感情を放出しようとしていないのかな?


あれ私、そんなのと引き換えに何やってたんだっけ?って。



エモくもオモくもなくて、ちっとも面白くないですが、

引き続き、お仕事の記録を【備忘録】。



【ドラム演奏】

Delicious Grapefruits Moonのアルバムレコーディングに、ドラマーとして全曲参加させていただきました👀🥁

アコースティックが気持ち良いウィスパーボイスのサーフ系サウンドのバンドさんです❗️

th_ファイル_001 (2)

th_ファイル_007

th_ファイル_003 (1)

th_ファイル_002 (2)

th_ファイル_008



南米系のグルーヴバランスを取り入れる事を意識しながら、静かと動のダイナミズムと、多めの手数ながらも繊細なイメージで演奏しました。

全体をエモくするお手伝いが出来てると良いです。


th_ファイル_000 (1)


もっと深く音楽に沈みたい😌

th_ファイル_004



海のすぐそばのスタジオなので、

ちょっと休憩しにウクレレを持って海岸まで行きました。

th_ファイル_006 (1)


これから店頭で見かけた方は、是非手に取ってみて下さい☆

私達のスタジオが出来る事があれば、そちらも接点を持っていけたらいいなと思っています💿

th_ファイル_005 (1)


*Instagram(@maedasaki


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

16

Category: 音楽

Tags: バックパッカー  女一人旅  ドラマー  写真  ただのコラム  流れるイオタ  ジャズ  フェス  演奏  

Comment: 0  Trackback: 0

生類憐みの令
灯台もと暮らしさんのインタビューの公開をして以来、


何が何やらの中で、

もうエモいことも書けなくなってしまったのかな?


あれ私何やってたんだっけ?って。



エモくもオモくもなくて、ちっとも面白くないですが、

お仕事の記録を【備忘録】。




5月20 ・21日開催の池袋ジャズ・フェスティバル2017に出演させていただきました。

【メンバー】 イシタニタイジュ(melodion) 矢野聖始(g) アベナギサ(b) 前田紗希(ds)

鈴木楽器製作所プロデュースのケンハモミュージックにて「ケンハモでJazzを気軽に!」というコンセプトで演奏させて頂いてきました🎷


th_ファイル_001

「ドラムセットのバスドラとタム類は音量の関係でダメ!」という、世にも面白くない令を喰らいましたので、
抵抗として[全てスネアのセット]にしてみました。

いや、イメージとか申請上とか分かってますけどね。もっと音量の大きいパーカッションなら叩いてるし、バリトンサックスとか吹いてるじゃないですか。

形式上のドラマーなら、もうやりません。(と自分への戒め^^;)

th_ファイル_000


また現在タワーレコードに流通している作品があり、

池袋ジャズフェスに出演しているアーティストは、

CDの特設展開もあるという事です💕


流れるイオタの【The world is beautiful】も、

studio iota labelの作品として展開中!

どっこかなー♪

th_ファイル_002

全くエモくないし、写真に力も入ってない。


テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

23

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: ドラマー  女一人旅  流れるイオタ  ただのコラム  ニューヨークに暮らす  エッセイ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月の熱風
NYCのジャズクラブで "ナイスミドル" に初めて出会った夜、

「君は日本で何か事業をやってるでしょ?とても苦労してる顔をしているから、すぐ分かった」

と言われて、わたしは少し凹んだ。

そして何度か叱られた。
へりくだった言い回しをすると「上も下も無いじゃん。友達じゃん。」って。


帰国の前夜。ナイスミドルが、ブルックリンからマンハッタンのドライブへと連れて行ってくれる。

ニューヨーカーになった同級生と、ボロっちい格好をした私を拾って。


忘れられないようなビルの中に切り取られた空、まぶしい夜景と海と自由の女神、8月の熱風を浴びて、

別れ際に家の前でほんの少しだけ抱きしめられた。

なぐさめるように撫でられておしまい。

そうだ、あの時の私は、何だか寂しい顔をしていたのだった。

■過去記事【30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの】


明日、日本の鎌倉で再会をする。

ニューヨークを感じて作った曲の演奏を、聴いてもらうことは出来るだろうか^^

あのとき少しだけ寄せられた胸が、温かかったのを思い出す。






■□■□■□■□■□■□

鎌倉の路地裏の無国籍なラウンジ&レストラン

「ワンダーキッチン」で本日より、世界を旅する作曲家/ドラマー前田紗希の写真展がスタートです。

🐤こんなお店。【朝日新聞 | 門外不出の南インドカレーと、古民家のかくれやど】🍴

「ワンダーキッチン・プロジェクト」は、無尽蔵にパワフルな音楽家のオーナーがタイ、 マレーシア、フランス・バスク地方の料理を提供するカフェ、アジア雑貨ショップ、ヨーロッパの古着ブティック、ハンバーガースタンド、ゲストハウスなど興味深いポイント満載の総合プロジェクトチーム!

23日(祝)19時〜は、この写真展のためにstudio iota labelメンバー全員で作り上げたBGMアルバムの楽曲を 演奏しちゃう特別なライブも開催されますよ。もちろんアルバム販売も致します。


studio iota BGM set!!《流れるイオタ × イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartette》

@ 鎌倉 ノラネコバーガー

19時スタート 入場無料

前田紗希(pf)

イシタニタイジュ(melodion)

REICO(melodica&chor)

矢野聖始(g)

永松徳文 (wb)

長沼航(per&chor)

&

Yurry(vo)

からなる、特別編成。

秋の鎌倉を観光しながら、入場無料ですのでフラっと飲みにいらして下さい。

th_写真 2016-07-20 14 11 55

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

23

Category: 生活

Tags: ドラマー  女一人旅  バックパッカー  流れるイオタ  ただのコラム  ニューヨークに暮らす  エッセイ  

Comment: 0  Trackback: 0

30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの
【30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの】

ミュージシャンで子連れの彼女と毎日のように遊ぶようになってから、
ストイックだった世界は急激に慌ただしくなった。

脆くも生きる世界の選択をする。そんなエッセイを書かせて頂きました。

http://www.iotabi.com/2016/11/blog-post_19.html

th_写真 2016-07-14 18 41 44e


こちらの記事が、イオタビのサイトで、初登場で5位だか4位にランクイン✨

"こじらせている" 記事って、

いつもより読んで下さる方が沢山居たりします❗

まるで女子が、交換日記に書いているような感じですよね😏



通常の旅行ガイドでも、"こじらせている" 部分があると、急にランクインしてきたりするようで、

エモい気分でお恥ずかしいですけど。書いてて楽しいので、いいものですね。


後で読み返した時に、ニンマリと笑顔になるものもあれば、、供養で書く場合もあります。

嗚呼。"こじらせてる" を、表現する生き恥め。




後日談。


ちょっとやるせなかった時期に、親友たちがミサンガを編んで、それぞれ手と足に巻き付けてくれました。

これで、「またどこまででも歩けますように」って。フェスタみたいな賑やかな色の子。

th_写真 2016-08-19 3 15 33


流行語「こじらせ女子」を生んだ、ライターの雨宮まみさんが、少し前に亡くなったそうです。
本当に40歳の若さで亡くなられてしまったのか…。

不安だわ。

【WEB連載 : 40歳がくる!】

parts-bag.png

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽