FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2020

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
23

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 仕事辞めます  決意  ただのコラム  ベルリン  紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  ヨーロッパ  森美術館  

Comment: 0  Trackback: 0

The world is beautiful, sometimes

帰国すると、トーキョーは梅雨でした。

生活の為の仕事は一旦、全部辞めることにして、本当に大切なものを突き詰めていくステップの準備に入ろうとしています。

th_P7030009e.jpg



旅先の「非日常」の中であった事柄ってすごく衝撃的に感じるけど、じゃあそれを東京という「日常」を生きてく中で、どうやって活かしていくのかと考えたら、旅先と変わらないペースで足を動かして面白いものを探していくしかない。

まずは東京で、見つける・出会うワクワクを探しに行きます。

"忙しさ"を削ぎ落としていって、もっともっとフットワーク良く動ける人間になりたいや。


削ぎ落とさないと、すぐに大事なものを見失って、世間で正しいと言われる常識に流されて溺れてもがいてを繰り返してしまいますしね。


th_DSC_1007e2.jpg



真っ直ぐって、時々辛い。

いつも全力だから、全力で壁にもぶつかる。

今さら器用にもなれないので、頑固でも、痛々しくても、頑張るしかないし。

周りの友達には、いつもありがとうとごめんなさいと!


この後は、夏に関西地方へ行きます。
その足で四国、九州方面のどこかへ「会ってくれる方に会いに行く!」に出かけようかと考えています。

もっともっと、みんなで笑おう。

うつくしい部分を見つけようとすれば、

世界はいつでもうつくしい。(といいなぁ。)

th_写真 2015-07-14 18 06 34 (1)

* Nikon D5300 + CASIO HIGH SPEED EXILIM

スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

18

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  ヨーロッパ  ドラマー  ただのコラム  記念写真  仕事辞めます    

Comment: 0  Trackback: 0

16 days
ヨーロッパから日本に戻ってきました。

何度も帰りの航空券を破り捨てようかと思うくらい、お腹の底からドキドキしました。

ものすごくたくさん刺激をもらって、いっぱい話して、学んで、走りました。


その場所に纏わることを調べたり見たり聴いたり食べたりしていると、
びっくりするほど好奇心が止まらなくて、
そして実際に脚を動かすことができて、沢山のヒントを肌で得たし、
よくある常識に日々モヤモヤと押しつぶされそうになっているのが、解放されつつありました。


色んな生き方をしていいんだなって、本当に感じさせられました。

大人が型通り決めたような生き方(=コンクール用)の勝ち負けだけが必ずしも正解ではなくて、興味のある方向に向かって、よりシンプルに動いていくことが、とても大切な事なんだと教えられました。

お散歩をしたり、友達とたくさんしゃべって笑ったりする。
そして、バカで正直になる。

大変だけれど、ゆっくり時間を掛けて、その世界で生きてく為の事を学ぶってことはとても大事ですね。

それって、たくさん自分の足で立っているじゃん。みたいな。


旅(人生)の9割が失敗、1割が成功。
確かにそうだと思いますが、
毎日、本当にいい時間でした。

もがいたりするのは、どこにいてもきっとおんなじで、その先にキラキラしている人たちを見ると、鳥肌が立ちます。

楽しいものをまた沢山見つけましたし、気持ちの迷いも軽くなった気がします。

ようやく、いいものを持って帰ってこれました。


みんな、最初にその場所へ行った時は一人だったのに、そこで人に出会って輪が広がっていって。そして一人で帰る。
ってまるで、人生の縮図みたい。

いつか本当に、なりふり構わず航空券を破り捨てられる人間に、なれるのかしら。

世界は、まだまだ面白そうね。



th_DSC_0105.jpg
アーティスト/デザイナーの フジワラユカリさん!


th_DSC_0974e1.jpg
ベルリンで会うことができた、大学軽音の仲間でNo new folk studio社長の 菊川裕也!


th_写真 2015-06-18 16 25 21
ヘルシンキ空港 ~成田 までバッタリの、音大の後輩 まめちゃん!
飛行が死ぬほど揺れて、まさにお互い運命共同体だと思った。(成田空港に着いて、ボロボロ笑)


th_DSC_0004.jpg
ドラマーの SAWADAさん & アイリッシュハープの 蒼咲雫 さん!


th_写真 2015-06-19 14 39 19
すてきなミュージシャン。


th_写真 2015-06-14 5 39 47
わたしをリビングに寝かせておいてくれたルームメイトの皆様。


th_DSC_0140.jpg
ベルリン編 では毎日一緒にいることができて、お世話になった みおさん!
あなたに会いたくて出発したのよ。


th_P5270982.jpg
台湾編 に同行した、妹分のユウ。

th_DSC_0156.jpg
そしてすべての場所の旅のガイドとそこに纏わる歴史ををPDFでまとめてくれ、日本から毎日元気付け続けてくれた ゆらさん。

th_ファイル 2015-09-18 4 46 40

そのとき歩いている国と同じお料理を日本で作ったり、一緒にGoogle mapで歩いてくれたりもしました。

どうもありがとうございました。


p.s みんなの写真を載せたかったので、転載ごめんなさい!



th_DSC_0090.jpg
ベルリンフィル!

th_DSC_0075.jpg
カリーヴルスト!!

th_DSC_0087e.jpg
どうしても見に行きたかった、セバスチャン・サルガド写真展「Genesis」in COBerlin!!!

日本でも、ドキュメンタリー映画「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」が8/1から公開されています!是非っ。


たくさん歩いて、その中で主要だったのは16日間。

たった一ヶ月弱だったけれど、人生を大きく変える旅になりました。

===============================
しかし、2011年に飛行機を克服し、初めてバックパッカーの旅に出た時の日記に比べると、

ここに書いてある文章がクソつまらん!

わたしは、エモーショナルさも、ユーモアも、ドタバタも忘れて、のっぺりした人間になってしまったんだろうか?
(でも書いておきたいの。)

* Nikon D5300

テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

09

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  ヨーロッパ  ベルリン  地下鉄  電車  24時間  ジャズ  

Comment: 0  Trackback: 0

ベルリン 24時間

数日間のアイルランド滞在を終え、

ダンレアリーから郊外列車Dartに乗ってダブリン市内に戻ります。

列車は緑の内装で非常に気持ちがいいです。

写真 2015-06-10 17 27 2020150909042614


バトラーズのチョコレートだけは忘れずに飲みます!

DSC_046420150909042546.jpg



そして今回の最終目的地である、ドイツのベルリンに到着しました。

シェーネフェルトから2階建てバスに乗ると、夕焼けでした。

DSC_046520150909042421.jpg


わたしは今回、ここで暮らす同級生のお友達を訪ねるため日本を出発しました。

感慨深い思いと、感謝です。

6_DSC_0503e220150909042827.jpg


「ピンチをピンチと思わない事」と言うのはその人の名言で、

比内地鶏並みの小心者の私はいつまでも

追い付けやしない気がしながらも、

せめて、「自分の意思と、自分の責任です」と言えるような人間にはなりたい。

と思っています。

DSC_1007e220150909043304.jpg



この旅に出てから音楽とは距離を取っていたのですが、ベルリンでは刺激をたくさんもらえそうです。

近所のどこかでいつも演奏がやっています!

ドネーション(寄付)だったり、ビール代だけで見る事もできるので、毎日のように連れて行ってもらってしまいます!

2_DSC_0643e20150909042843.jpg


イーストサイドギャラリー、ベルリンの壁。
越えられない壁は、壁画を描いて笑い飛ばせ。

1_DSC_0610e20150909042806.jpg


普通の生活体験です。
相変わらず言葉がわからな過ぎてモノの一つも買えない日もあってアレですが、それもこれも胸が痛くなるほど眩しいのです。

スーパーでペットボトルなどをリサイクルすると、お金がもらえます。

7_DSC_0472e20150909042904.jpg


金曜日、土曜日の深夜は24時間電車が動いています。このシステムはとっても便利です!

遊びにいったりイベントがあるのはほとんど週末で、日曜日の夜は静か目です。

切符は打刻制の自己申告。改札は無く地下鉄の階段を降りるとそこはもうホームです。

4_DSC_0829e120150909042957.jpg


カレンダーが落ち葉のように感じるほど、日々は流れていきました。

DSC_0711e20150909044230.jpg

* Nikon D5300

テーマ : ドイツ生活    ジャンル : 海外情報

03

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  ヨーロッパ  歩き  アイルランド  ダブリン  ブレイヘッド  クリフウォーク  

Comment: 0  Trackback: 0

すごいところに来てしまった。アイルランド。
18_DSC_033120150903175405.jpg


すごいところに来てしまった。


DSC_014820150903175335.jpg


アイルランドの「ダンレアリー」という港は、

イギリスからの船が到着する町です。

12_DSC_029620150903175445.jpg

そこから近郊列車Dartで更に南へ20km行くと、

01_DSC_036420150903175852.jpg

Greystones(グレイストーンズ)からBray(ブレイ)をつなぐ道、

Cliff Walkクリフ・ウォークがあります。

02_DSC_0265e20150903175158.jpg

草がふわふわ。

17_DSC_032720150903175913.jpg

日常にこれがある風景。

21_DSC_035920150903175958.jpg


アイルランドに来て西海岸の崖の名所まで足を延ばす時間がない方、

ダブリン近郊でもこんなに楽しめます!

5_DSC_025320150903175246.jpg

崖の上に立っているとき、

わたしは周りのお友達や、大好きな音楽仲間たちや、こうして健康な身体に産んでくれた家族を、

とても愛しているのだと気付きます。

18_DSC_033120150903175405.jpg

みんなのいるこの世界で、今日も生きなくてはならないと思ました。

1_DSC_0215e20150903175228.jpg

好きな人たちと、好きな事をやっていきたい。

ピンと来ないものは、直感に従う。


* Nikon D5300

テーマ : アイルランド不定期便    ジャンル : 海外情報

30

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  ヨーロッパ  Bamford  ダービシャー  イングランド  HopeValley  ピークディストリクト国立公園  

Comment: 0  Trackback: 0

イギリス・Peak District(ピーク・ディストリクト国立公園)
DSC_0205e20150830225012.jpg


フィンランドに後ろ髪を引かれながらやって来たのが、イギリスのマンチェスター。

DSC_000520150830225121.jpg


ジョン・ライランズ図書館。

DSC_0090020150830230220.jpg


マンチェスター市庁舎。映画『シャーロック・ホームズ』にも使われたネオゴシック建築なのだそうです。

DSC_006220150830225055.jpg


そこから列車に乗って

DSC_0364e20150830225236.jpg


ホープバレー(ピークディストリクト国立公園)というプチ山岳地帯にいきました。

DSC_0233e20150830225622.jpg


「hope」とう駅で下車。すると目の前には牧場が広がっていました。

DSC_0271e220150830225215.jpg


あ、動物さんと目が合った(^-^)

DSC_0239e220150830225155.jpg


のどかな田園風景

DSC_0193e20150830225532.jpg


緑の丘。

DSC_0164e320150830225422.jpg


まるで本の中で読んだことのあるような、イギリスの原風景がここに!という感じです。

DSC_0202e20150830225343.jpg


人生初の おひとりさま☆パブにも踏み出しました。

DSC_0365e20150830225259.jpg


うまく行く事ばかりでないのが人生(旅)ですが、ゆっくり亀のように慎重に進んでゆきます。
果たしてhope(希望)は見つかるのか…!

DSC_0153e20150830231419.jpg

* Nikon D5300

テーマ : イギリス    ジャンル : 海外情報