1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category:

Tags: バックパッカー  紀行文  女一人旅  ドラマー  写真  ただのコラム  瀬戸内国際芸術祭  直島  アクセス    

Comment: 0  Trackback: 0

【直島】ピンチの時ほど生きたいと願った
瀬戸内海の、現代アートパイオニアである直島!

現代アートを受け入れる余裕があった背景には、元々産業が盛んで経済的に豊かだった事があります。

しかしそこには島ならではの問題点もあります。

直島のアテンドの女性、そして初めて会ったカフェのマスターと思わぬ冒険を繰り広げ、直島という島に迫っていきます。

瀬戸内国際芸術祭に興味がある方は、【フル尺の記事】も是非。



ドラムの現場で知り合った直島の福武財団の方が、島のアート施設を案内して下さるというので、

仕事も兼ねて昨年末に直島に遊びに行ってきました。



ある夜、カフェサロンでの夕食後。

「今夜は条件が揃ってるから、今から船に乗りに行こうか」

とカフェのマスターがカウンター越しに、言いました。


直島をアテンドしてくれていた女性が酔い潰れてしまい、

快復を待っている間に畳にゴロンとしていた私は、

「星がキレイですね」などど平和に抜かしていた時でした。



「えと…今から船に乗るですって!!?」

会ったばかりのカフェのマスターと、いきなり船に乗りに行くって展開が衝撃過ぎて返答できないまま、

とにかく私たちは船に乗りに行く事になりました。




直島のもう一つの顔は、島の1/3が工場地帯。

産業で発展しているので、経済に余裕があったからアートの誘致に成功したのだそうです。

それと、直島の人は新しい物好きで、現代アートが島に入ってくることに、わりかし抵抗が無かったとか。


初めて出会った島の人とふたりで、真っ暗闇の工業地帯という場所を通り、船に乗って海へ出るというのは、

少なからず私の体を硬直させていました。


th_16586960_1249345941786586_2382659212370773239_o.jpg


船酔いするし!

しかし、委ねるしかない…!


係留ロープを離すと、ボートはぐんぐんと出港します。

波が速くてカタくて、体がジャンプするように飛び上がるのは、初めての体験です。



「痛い!…なんかすごい!」



海の上に出ると、カフェのマスターは船を止めて、照明を全て消しました。

真っ暗な中で、息切れしながら見上げると、


一面に、星、星、星!

空には、輝く星が広がっていました。

こんなの、プラネタリウムでしか見たことない…!



わたしは涙が出ていました。

恐怖と、笑いとで。





「怖さを知らなきゃ、見られない世界があるんだよ。」


と、カフェのマスターが教えてくれます。


ありがとうございます!は、、はやく、、陸に帰りましょう!


そのとき願ったことは、ただひとつ。
心から生きたい、でした。
(だって怖かったんだもん。)


直島銭湯「I 湯(I LOVE YU)」
(秘宝館の像に会いたい!)

入って、次の街へ行こう。

また来るわね。



th_写真 2016-12-21 20 58 14 (1)

こちらの日記はダイジェスト版になります。
フル尺の本記事は【こちら!】♪





* Nikon D5300

スポンサーサイト

テーマ : 日本の路地裏    ジャンル : 旅行

18

Category: 音楽

Tags: バックパッカー  ドラマー  写真  ただのコラム  流れるイオタ  レコーディング  フリースタジオ湘南  国道134  SSL4000g  SSL4000e  

Comment: 0  Trackback: 0

引き続き演奏備忘録
もはや、何が何やらの中で

もうエモい感情を放出しようとしていないのかな?


あれ私、そんなのと引き換えに何やってたんだっけ?って。



エモくもオモくもなくて、ちっとも面白くないですが、

引き続き、お仕事の記録を【備忘録】。



【ドラム演奏】

Delicious Grapefruits Moonのアルバムレコーディングに、ドラマーとして全曲参加させていただきました👀🥁

アコースティックが気持ち良いウィスパーボイスのサーフ系サウンドのバンドさんです❗️

th_ファイル_001 (2)

th_ファイル_007

th_ファイル_003 (1)

th_ファイル_002 (2)

th_ファイル_008



南米系のグルーヴバランスを取り入れる事を意識しながら、静かと動のダイナミズムと、多めの手数ながらも繊細なイメージで演奏しました。

全体をエモくするお手伝いが出来てると良いです。


th_ファイル_000 (1)


もっと深く音楽に沈みたい😌

th_ファイル_004



海のすぐそばのスタジオなので、

ちょっと休憩しにウクレレを持って海岸まで行きました。

th_ファイル_006 (1)


これから店頭で見かけた方は、是非手に取ってみて下さい☆

私達のスタジオが出来る事があれば、そちらも接点を持っていけたらいいなと思っています💿

th_ファイル_005 (1)


*Instagram(@maedasaki


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

16

Category: 音楽

Tags: バックパッカー  女一人旅  ドラマー  写真  ただのコラム  流れるイオタ  ジャズ  フェス  演奏  

Comment: 0  Trackback: 0

生類憐みの令
灯台もと暮らしさんのインタビューの公開をして以来、


何が何やらの中で、

もうエモいことも書けなくなってしまったのかな?


あれ私何やってたんだっけ?って。



エモくもオモくもなくて、ちっとも面白くないですが、

お仕事の記録を【備忘録】。




5月20 ・21日開催の池袋ジャズ・フェスティバル2017に出演させていただきました。

【メンバー】 イシタニタイジュ(melodion) 矢野聖始(g) アベナギサ(b) 前田紗希(ds)

鈴木楽器製作所プロデュースのケンハモミュージックにて「ケンハモでJazzを気軽に!」というコンセプトで演奏させて頂いてきました🎷


th_ファイル_001

「ドラムセットのバスドラとタム類は音量の関係でダメ!」という、世にも面白くない令を喰らいましたので、
抵抗として[全てスネアのセット]にしてみました。

いや、イメージとか申請上とか分かってますけどね。もっと音量の大きいパーカッションなら叩いてるし、バリトンサックスとか吹いてるじゃないですか。

形式上のドラマーなら、もうやりません。(と自分への戒め^^;)

th_ファイル_000


また現在タワーレコードに流通している作品があり、

池袋ジャズフェスに出演しているアーティストは、

CDの特設展開もあるという事です💕


流れるイオタの【The world is beautiful】も、

studio iota labelの作品として展開中!

どっこかなー♪

th_ファイル_002

全くエモくないし、写真に力も入ってない。


テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

12

Category: 生活

Tags: エッセイ  コラム  家具  アクセサリー    音楽  写真  ドラマー  ただのコラム  スタートアップ  

Comment: 0  Trackback: 0

ここには何もかもがあるし、何もかもがない
th_DSC_02091e.jpg



10月の東京の空は青く澄み渡っていて良く晴れ、なまぬるい強い風の日が続いていた。



まるで、夏を収穫してしまうかのように。



…



「本物のお花を使ったアクセサリーを作っている子がいるんだけど。


と、バンドのギタリストをつとめる彼が不意に口にした。



彼のいう事はいつだって突然だ。

突然動いて、突然思いついて、突然決める。



そんな突然なんてお構いなしにギタリストの口は滑らかに滑る。



「でさ、演今日俺らが奏するコンサート会場でアクセサリーのお店を出店してもらおうと思って、来てもらった人がいるんだよ!いいかな?」



(おいおい!滑るのはギターの指板だけにしてくれよ。)

th_DSC_0341e2.jpg


そうして私たち【花のある生活。】の作者である、「フラワーアクセサリー作家」と「旅の音楽家」は出会った。



…



旅の音楽家「ええっと・・・。!?ごめんなさい、どなたでしょうか?」



アクセサリー作家「話し通ってたんじゃない・・・ってことですよね?」



窓の無い地下室で演奏する音楽家は、スクリーンに青空を映し出していた。



あぁ、8月の四国で撮影してきた海だわ。



その日のコンサートバンドのオーナーであった旅の音楽家は、アクセサリー作家のことを、なにも知らされていなかったのだった。

th_IMG_4387.jpg





終演後、アクセサリー作家のブースには、人だかりが出来ているようだった。
(お互い)ホッ。



「かすみ草のリング」という青色のリングが、ひときわ可憐に光っている。2000円。



リングの中でちいさく揺れるブルーのかすみ草と、黒のレース。・・ふち取っているのはなんだろう?



とても丁寧な作りで、どこかキラリと惹かれるものがあった。



そのとき連絡先を交換したっけな?
忘れてしまったけれど。

th_IMG_4671e.jpg

…



これっきり、

だったかも知れない出会いを変えたのは、

優しくて行動力があり、でも事故に遭うように突然なギタリストの存在と、



あとはSNSであった。




旅の音楽家がバンド用にと運営しているSNSに投稿すると、いつも反応をしてくれる人がいる。



それがアクセサリー作家



最初はそれほど気にしていなかったオトコマエな旅の音楽家。
しかし、本当にいつも反応をしてくれているものだから、ちょっとばかし相手さんのページをを覗いてみるようになる。



「そっか、このひと本当に毎日のように、新作を作り出しているんだ・・・すごいな。」



そんな日々が続く。



青く澄み渡っていて良く晴れた秋空は見事に収穫され、北風が吹く曇り色の空に変わっていた。



…

th_IMG_4814.jpg


【無言で口説き落とされた】



思うのだけど、人はとにかく気にし続けてくれる相手がいると、しまいには自ら陥落に飛び込んでいくものだ。



としか言いようがない。



そんなSNSの日々が続いたある日、



旅の音楽家は、フラワーアクセサリー作家に言った。



「ねえ、一緒に仕事をしてくれない?



とてもシンプル。




お互い初めてのお仕事は、

旅の音楽家の会社からリリースされるCDの、

"タワーレコード盤 初回特典" の制作を、

アクセサリー作家に一任させて頂く事だった。


旅の音楽家は、レコード店の営業とアクセサリー作家の仕事先とを交互に通い、もうほかに何も見えないくらいアグレッシブに夢中で駆け抜けていった。

th_IMG_5207.jpg

*アクセサリー作家によるタワーレコード初回特典は完売した。




…



わたしたちは、育ってきた環境も、今まで就いてきた職業も、年齢も違う。



だけれど気付けばいつも側に居る。

新しい事業を始めた日も、ひどく落ち込んだ時も、クリスマスもお正月も、旅の音楽家の会社の海水浴の日も(笑)



あまりにあっさり過ぎて、気付かないんだけどね。



旅の音楽家は思う。

ここには何もかもがあるし、何もかもがない。

実現したいと頭に思い描く事があれば、それにむかってアクセルを踏めばいい。



モラルはあっても、制限は無い。


自分のやりたいことに向かって、とことん正直に生きるのだ。



世間体の物差しでもなく、他人軸でもなく、



自分が幸せだと感じるものは何か?に向き合うこと。



アーティストが、肉や骨を削って本気で創り出す表現って、

他人の人生を変えちゃうマジカルだから。



さあ、たのしもうよ。






studio iota labelでは、アクセサリーデザイナーと旅の音楽家という女性2人による、新インテリアブランドの立ち上げを致します。


「TOKYO BENZAITEN」


と申します。

「花のある生活。」というアカウントでも、note記事を書いて行きたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い致します!



https://note.mu/tokyobenzaiten




■関連記事 アクセサリー作家側からの視点

 [3度驚いたら、運命かもしれない


※こちらの記事は、studio iota labelのnoteからの移植版となります。


旅の音楽家 前田紗希



近況は変わらず、Twitterにて!





テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

02

Category: 音楽

Tags: バックパッカー  女一人旅  ドラマー  流れるイオタ  写真  ただのコラム  blog  goat  なんでもDIY時代  

Comment: 0  Trackback: 0

Blogを移行します!
【g.o.a.t】というサービスが素敵で、BLOGを移行してみました。

https://maedasaki.goat.me/


Blogをもうずいぶんと更新していませんでした。
心から湧き上がって書きたい事と、宣伝ごととが、あまりに混在してしまっていたからかもしれません。

そしてそれと同じ期間、旅のニュースコンテンツサイト、イオタビの方も更新していませんでした。
その間何をしていたかとというと・・・
というところを、早速【g.o.a.t】に書いてみました。


使いやすいサービースがたくさん出てきていて、ビックリすることだらけです。

まず、写真がめちゃくちゃ使いやすいです!

写真に合わせて文章を載せる事が出来るので、まるで雑誌の紙面みたいな感じになるのですよね。

従来でしたら文章があって、その上か下に写真があってと、別々です。
それがg.o.a.tは写真の上に直接文章を載せる事が出来るのですから、
これはもう使ってみるしかないと。


私はとにかく、絵文字とかは要らないし、アメブロのようなフレンドも、アクセス解析も使った事がないので、
場面に合わせて感覚的に写真と文章と動画とリンクが使えるサービスは、本当に嬉しいです。



操作性も簡単でよさそう。

動作も重くもなく軽いです。

対話形式機能が付いているので、わざわざコードを書かなくても簡単に組めるし。


写真アルバムもこれでよくなるのかも。


なんでも自分で作れなきゃならない、DIY時代ですね。


近況は相変わらず、流れるイオタ名義の【Twitter】で。




th_写真 2016-11-02 13 02 25

* Nikon D5300

#goat_blog

テーマ : ホームページ・ブログ制作    ジャンル : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。