FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2020

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
14

Category: 流れるイオタ

Tags: 流れるイオタ  StudioiotaLabel  シェリーズ  インタビュー  音楽  インディーズ  インストゥルメンタル  映画音楽  

Comment: 0  Trackback: 0

緩い約束は 弧を描くように
【OTOTOY さんのインタビューが実現しました】

「流れるイオタ/studio iota label」として、作曲家として、人間として。
あまり今までになかった、前田の違う一面をちょっとだけ見て頂けるインタビューであります😁👍

身が引き締まる思いですが、楽しかった‼️…です。

恐らくその雰囲気が文章からも楽しい雰囲気が伝わって来るのではないか、と思います。

ヤッター!! ( ̄▽ ̄)
以下のリンクより公開されております。
よろしければ、ぜひチェックしてみてください!

http://ototoy.jp/feature/2016042905

th_OTOTOY_TOP.jpg


OTOTOYさんにて、独占ハイレゾ配信中!(試聴有)
http://ototoy.jp/_/default/p/62258


物語を紡ぐシネマティック・ミュージック。"それでも世界は美しい"。

メンバーには毎日感謝。共に歩む人たちが出来たことが本当に嬉しいです。

流れるイオタ、そしてstudio iota labelを宜しくお願いします。


===================

◇アルバムのリードトラック「流れるイオタ」の
Music VideoがYoutubeにて
以下のリンクより公開されました。
よろしければ、ぜひチェックしてみてください!




◆OTOTOYさんにて、独占ハイレゾ配信中!

圧縮したCDの音質の6.5倍良く聴けるのは、ダウンロードするあなただけです!ぜしっっっ!!!

こちらから → http://ototoy.jp/_/default/p/62258

===================


🎵リリースを記念したレコ発ライブのお知らせ🎵

◇2016/ 5/29 (Sun) DayTime 《流れるイオタ 1st Album Release Party!》
@関内 B.B.STREET

■出演 流れるイオタ / Delicious Grapefruits Moon

 open/12:00 start/12:30

 adv/¥1800+1D(¥500) door/¥2100+1D(¥500)

※OneCoin Lunch Plateあります!!!!!

イベントページ → https://www.facebook.com/events/532234083626850/



◇2016/ 6/12 (Sun) Early Night Time《流れるイオタ 1st Album Release Party! ワンマンライブ》
@ 四軒茶屋 yoncha 2nd Anniversary Event 第10夜


 open17:30/start18:30

 adv¥2500/door¥3000
 *リリース記念ウェルカムドリンク付き。
※終了後(20:30〜)、ゆっくりとパーティーがあります。

イベントページ → https://www.facebook.com/events/614812342000285/


アットホームな空間で、会話を楽しむも良し、

映画のワンシーンを垣間見られるような私たちの演奏に耳を傾けるも良し。

皆さんとリラックスした時間をお過ごしできたら嬉しいです!

スポンサーサイト



テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

21

Category: 流れるイオタ

Tags: ただのコラム  流れるイオタ  イオタは流星群  演奏  ドラマー    VJ  シネマティック  映画音楽  戦略的無条件降伏  

Comment: 0  Trackback: 0

まがりかどごと配置したスナイパー
取り急ぎ、ご挨拶を。
『 The world is beautiful, sometimes』
にお越しのお客様、関係者の方々、
ありがとうございました&お疲れ様でした!!

流れるイオタ史上、ベストを尽くした1日になりました!
初のワンマンイベントを、トラブルも無く
終始温かい雰囲気で行うことができて、
本当に感謝しています!

本物の花を樹脂で加工したアクセサリー制作をしている
「Aromariage」さんの当日会場限定商品、
「流れるイオタ」からイメージした新作「空中花アクセ」も完売だそうです。

音楽でならみんなと繋がれる。
楽しいし傷だらけにもなるし、簡単なようで なんと難しいことでしょうか…!
やりたい事と、力量と、自分らしくできる事と考えたときに、
単純なのでそこに立ち続けていることくらいしかありませんでした。

はい。
9T0A169220151021034154.jpg

studio iota labelの同志、
鍵盤ハーモニカ奏者のイシタニタイジュがレビューを寄せてくださいました。

こちら→ http://nagareruiota-world-is-beautiful.tumblr.com/after

【流れるイオタの発起人の前田紗希と矢野聖始が語る初のワンマンライブへの想い。】
と対のストーリーになってますので、お読みください。

====================================================
====================================================

毎日の原動力になっていた人を思い出すのが、
一日に一度になり、一ヶ月に一度になり、
やがて顔も声も思い出せなくなってくる。

思い出は、まさに思い出になったときに美化されるのではないかしら。

持っているものを、最小限にふるい落としていっても、
本当に大事なもののウェイトって、
変わらないのかもしれない。
距離に関わらず。

決して楽な道ではないと思いますが、

気持ちさえあれば いずれ進むべきところへ進める。

テーマ : バンド活動♪    ジャンル : 音楽

20

Category: 流れるイオタ

Tags: 流れるイオタ  バックパッカー  ロンドン  映画祭  映画音楽  ライブハウス  

Comment: 0  Trackback: 0

Route iota
流れるイオタ四回目のライブ、

並びに写真展示「AROUND THE SOUND Route iota」が終了しました!


テアトルバチカと銘打ったイベントは、

1920年制作の無声映画に遠藤隆太朗さんがギターで伴奏を付けていて、まさにライブハウスが映画館に変わっていた!イスに座ってポップコーンを食べながら鑑賞と言うスタイル。

「シネマティックジャズ」を自称する流れるイオタは、曲についての背景を説明したコメントを、いつもより多く話しながらのライブをさせてもらいました。


シネマティック音楽の界隈を盛り上げて行けたらいいなと思います。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

去年の写真個展「AROUND THE SOUND」が終わった次の日、私たちは河原へピクニックへ行った。

ひたすらに一人で歩きはじめたはずの河原。そしてその時から撮りはじめた写真。書き溜めた曲。

それが、今は仲間が居て、ツレが居る。
絵みたいにうつくしいストーリーだと思った。


私はそれから、いくつかのものを手に入れ、入れ替わるようにいくつかのものを無くした。


イオタのライブを初めて見に来てくれた みーちゃん(仮名)について参照 と、帰り道に色々な話しをしていたら

「無くしたものよりも、もっとずっといいものを手に入れたんじゃない?」

と言ってくれた。


そう言えば、流れるイオタのレーベル、studio iotaを設立した日、
彼女が「スタジオアルタの"アルタ"」に行ってくるよ。
と言っていたのを思い出して、スタジオイオタと言う会社名がいいかなと思った事を思い出した。

(アルタはノルウェーの北部の街で、驚異的にオーロラが見えるところだ。すごいなあ。)


 イオタで表現している【ストーリー性のある音楽】を会場で聴いて体験してみたのち、
「聴いてると、その曲の情景が浮かんでくる」と言ってくれ、
とても喜んでくれた事を私はとても嬉しく感じたし、

「イオタで世界に行く目標が叶うといいね。」
と声掛けてくれたので、少し照れてしまった。


午前0時10分の代官山駅で。

ちょうど三年前にロンドンのトラファルガー広場へ連れて行ってくれた時に感じた感覚と同じような揺さぶられ方をした。

それは、心の底がフルエルたぐいの揺さぶられ方だった。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ちなみに、私が書いた そのトラファルガー広場のエピソードも含まれている旅日記が、
今夏に発売されるマイナー音楽評論誌の創刊号から連載される(らしい)ことになった。

そしてみーちゃんはと言えば、今度ドイツに暮らすそうだ。




テーマ : なんとか生きてます    ジャンル : 日記

06

Category: 流れるイオタ

Tags: 流れるイオタ  ドキュメンタリーフィルム  映画音楽  標題音楽  JAZZ  シネマティック  

Comment: 0  Trackback: 0

documentary film 2
【流れるイオタ documentary film 2 ~In the spring of 2014~】

新しい映像ができました!

結成~半年間のレコーディング、ライブを追った
1分間のショートドキュメンタリーフィルムです。



///////////////////////////////////////////////////////////////

月並みですが、世界の平和と、イオタ会社の繁栄をお願いしました。
先日、標題音楽 (≒シネマティック)の名手、リヒャルト・シュトラウスのコンサートをお手伝いした時、もっと良い曲を書いて行けるよう頑張ろうと誓うと共に、あらためて、音楽家として生きて行く事を選んだと言う事を痛感させられてスッキリしました。

流れるイオタショートドキュメンタリーフィルム、そしてライブも宜しくお願いします。
それでは良い七夕を☆
(個人的には、心の平穏と、健康体になりたいです。笑)

写真 2014-07-03 16 38 27


///////////////////////////////////////////////////////////////

-流れるイオタ Live-

【2014.07.15 Tue. @恵比寿 BATICA】
流れるイオタの7月のライブ一本目は恵比寿のBaticaです。ライブ毎に新曲を発表している流れるイオタ。今回もシネマティックな新曲を披露する予定です。
こじんまりとした空間で、いつもよりも生音に限りなく近い音での演奏を近い距離でお楽しみ頂く事が出来るでしょう。

 OPEN: 18:00 / START: 20:00
 一般.¥1.500(+2D) / 大学生.¥1,000(+2D)※要学生証
 20:20からの演奏です

■無声映画ライブ
「カリガリ博士」ローベルト・ヴィーネ(監督) , 遠藤隆太朗(伴奏)

■展示
「AROUND THE SOUND Route iota」
フォトアーティストとしての顔も持つ、流れるイオタのドラマー・前田紗希。
昨年10月に行った写真個展「AROUND THE SOUND」に出展した40枚の作品の中から、この日は数枚を展示致します。流木で作られた額は、千葉県の海岸で集めるところから始め、KANAYA BASEで制作をしてもらった完全手作りである。

<DJ>
SPapky
DJ MEMAI


【2014.07.19 Sat. @池袋 鈴ん小屋】
前田と矢野の出逢った場所。イオタはここから始まった!
裸足でまったり出来る空間。
本棚にある本を読んだり、有機野菜を使ったベジタリアンフードを食べる事が出来ます。
自然の恵みを体とココロに取り入れよう。

 OPEN: 18:00 / START: 18:30
 ADV: 2000 / DOOR: 2500 (ドリンク別)
 進藤トリオ / The Sambals / 重力2 / 流れるイオタ


【2014.08.03 Sun. @下北沢 Three】
詳細未定

流れるイオタ公式WEBサイト
http://nagareruiota.net/

~メンバー~
矢野セイジ(gt)小野原昌弘(pf)
永松徳文(el-b,wb)前田紗希(d)

///////////////////////////////////////////////////////////////

そう、07.15のライブの時に、昨年の写真個展の際に展示した写真の中から3~4枚を展示するのです。
引き続きまた、ゆとりGREENの流木の額を使う予定なのです。
題して、AROUND THE SOUND Route iota!

DSC03567e20131011035308.jpg


テーマ : 無料PV視聴ブログ    ジャンル : 音楽

24

Category: 流れるイオタ

Tags: 流れるイオタ  無料試聴  Soundcloud  ドキュメンタリーフィルム  映画音楽  標題音楽  JAZZ  シネマティック  robotgirl  

Comment: 0  Trackback: 0

探し物はなんですか

【robot girl】


もはや慣れっことはいえ、
キツイものはキツイんだぜ。

だけれど、この時の失望感に比べれば、
その後のいろんな事も、何のその。

私はこの曲と共に。

///////////////////////////////////////////////////////

「流れるイオタ」先日の下北沢THREEのライブ音源配信中!!



 不肖私が音大の卒試に書いた作品で、このバンドを結成するキッカケともなった曲。

演奏時間は約15分あり、「流れるイオタ」でアレンジしたバージョンがライブハウス初演になります。

シビアな旋律で、緊張感タップリの演奏となっています♫


この写真は、

ある少年が「写真の道に進む」というキッカケを作ることができたらしいのです。

* Cyber-Shot T9

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽