FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
03

Category: バックパッカー2016.(香港、ベトナム、ラオス、タイ)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  アジア  香港  歩き  ニュースコンテンツ  ポータルサイト  

Comment: 0  Trackback: 0

真冬に熟れるアジア旅 中国②
重慶マンション ~ 深セン(中国)!!


「言葉をひとつ覚えただけで、乗り物にひとつ乗れるようになっただけで、これほど自由になれるとは思わなかった。

 街頭で新聞を買い、小脇に抱えて歩いてると、おじさんおばさんに道を訊かれる事もあります。

 異国にありながら、異国の人からの特別な関心を示されない。

 こちらは好奇の目で見ているが、向こうからは少しも見られない。

 それは、自分が透明人間になっていくような快感があります。」



言わずと知れたバックパッカーのバイブル本『深夜特急』の映像版で、主人公が重慶大厦(チョンキンマンション)から街へ出発し、思いがけずアジアのディープ世界にどっぷりハマっていってしまうシーンに記された言葉です。


===


私(前田)は、よく道を尋ねられるほうだと思います。


東京では、三日連続とかザラで、

ロンドンに着いた日も初日から、台湾に着いた日も、香港に着いた日も。

これを書いてる今だって女の子に道を訊かれています。



問掛 あなたって英語しゃべれる?シャムロック ホテルはどこかしら?

サキ いや、
   分からな・・・


問掛 このショッピングモールのコインロッカーってどこだい?

サキ いや、
   知・・らな・・・


問掛 "ハイド"・パークのピーターパンの像って何処かしら?

サキ この道を真っ直ぐ行って左です!╭( ・ㅂ・)و


現地語が分からないので身振り推測ですが、知らない人にしょっちゅう道を尋ねられるのはなぜでしょうか?


マヌケ面だから?(´・ω・`)


きっと溶け込めてるのだと推し計ってみると、嬉しくなります。


それは今から30年前に書かれた『深夜特急』のセリフに、答えがあるのではないかと思いました。

自分が透明人間になっていくような快感って、さすが上手い表現ですよね。

騙されてるんじゃないか?スリとかじゃないか?と、ちょっとこわくなりますが、実際のところ、どっちだかは分かりません!笑

用心しながら一歩一歩を大切に過ごしていきたいと思います。


□■□■□■□■□■

studio iota labelの、新コンテンツ!

「ガイドブックには載ってない観光ガイド!」名前は【イオタビ】╭( ・ㅂ・)و

どうぞよろしくお願いします!

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi

【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/

【note】https://note.mu/nagareruiota

th_1_DSC_0348e.jpg

th_2_DSC_0315e.jpg

th_3_DSC_0286e.jpg

th_4_DSC_0342e.jpg

th_5_DSC04457e.jpg

th_6_DSC04455e.jpg

th_7_DSC04460e.jpg

th_10_DSC_0292e.jpg

th_9_DSC_0181e.jpg

th_11_DSC_0317e.jpg

th_13_DSC_0336e.jpg

* NIkon D5300

スポンサーサイト



テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

01

Category: バックパッカー2016.(香港、ベトナム、ラオス、タイ)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  アジア  香港  歩き  ニュースコンテンツ  ポータルサイト  

Comment: 0  Trackback: 0

真冬に熟れるアジア旅 香港①

成田から8000円!!初めての香港にやってまいりました。


2月の香港は、寒いです。

暖房というものがあまり無くて、室内での体感温度は日本よりも寒いかもしれません。ダウンジャケットを着て寝ます。

寒いのに湿気が多くて、

明朝には窓側に置いておいたものは、どこか しおしおしてきます。


香港やシンガポールは建物を立てる時、風水に基づいて建設をしているらしく、そのためか街全体に活気やパワーがあり、夜も眠りません。


th_DSC_0227e.jpg

th_DSC_0242e.jpg





まだ小学生だった頃、わたしは『冒険家』になりたかったと記憶しています。

ずっとピアノを弾いてきていたので、「音楽とともに冒険する人」になりたいと言っていました。



齢を重ねて「さぁこれからだ!」と思ったときに、


飛行機に乗ることができませんでした。

狭い所も、暗い所もダメ。お化けも虫もダメ。高い所も、地下もダメ。

乗り物には弱いし、お腹も壊すし、冷え性で、チビで、声も小さくて、なんだかひょろひょろ、です。



あれ? おかしいな。


そして、ふと、気づいたんです。


わたしが何と思おうと「強靭で」「デカくて」「乗り物にも酒にも強い」、冒険家みたいな自分は、居ないのだと。


どうするか、
とりあえず調べてみるか(゜∇゜)


ということで、

強くなるぞー!と、近所の多摩川を有酸素運動で自転車をキコキコ漕いで、

雪の日も休まずキコキコして。


上を見ればキリがない。

誰かみたいになろうとしても、全然なれない。


後ろ向きなのと嘘がキライな"ヘタレ"が感じる、精一杯のヨロコビと言えば、


「運び出してくれる」瞬間に出会えたことです。







それだけ?


「つまんねー奴」


わたしは、それを否定しません。


th_DSC_0110e.jpg


そんなヘタレがお送りするstudio iota labelから、新しいコンテンツがリリースされました!

「ガイドブックには載ってない観光ガイド!」

名前は【イオタビ】╭( ・ㅂ・)و


まだぜーんぜん知られておりません。どうぞご協力よろしくお願いします。


【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi

【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/

【note】https://note.mu/nagareruiota




th_DSC_0020e2.jpg

th_9_DSC_0181e.jpg

th_DSC_0176e.jpg

th_DSC_0185e.jpg

th_DSC_0156e.jpg

th_DSC_0064e.jpg

th_DSC_0048e.jpg

th_DSC_0267e.jpg


* Nikon D5300

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

03

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  ヨーロッパ  歩き  アイルランド  ダブリン  ブレイヘッド  クリフウォーク  

Comment: 0  Trackback: 0

すごいところに来てしまった。アイルランド。
18_DSC_033120150903175405.jpg


すごいところに来てしまった。


DSC_014820150903175335.jpg


アイルランドの「ダンレアリー」という港は、

イギリスからの船が到着する町です。

12_DSC_029620150903175445.jpg

そこから近郊列車Dartで更に南へ20km行くと、

01_DSC_036420150903175852.jpg

Greystones(グレイストーンズ)からBray(ブレイ)をつなぐ道、

Cliff Walkクリフ・ウォークがあります。

02_DSC_0265e20150903175158.jpg

草がふわふわ。

17_DSC_032720150903175913.jpg

日常にこれがある風景。

21_DSC_035920150903175958.jpg


アイルランドに来て西海岸の崖の名所まで足を延ばす時間がない方、

ダブリン近郊でもこんなに楽しめます!

5_DSC_025320150903175246.jpg

崖の上に立っているとき、

わたしは周りのお友達や、大好きな音楽仲間たちや、こうして健康な身体に産んでくれた家族を、

とても愛しているのだと気付きます。

18_DSC_033120150903175405.jpg

みんなのいるこの世界で、今日も生きなくてはならないと思ました。

1_DSC_0215e20150903175228.jpg

好きな人たちと、好きな事をやっていきたい。

ピンと来ないものは、直感に従う。


* Nikon D5300

テーマ : アイルランド不定期便    ジャンル : 海外情報

27

Category:

Tags: バックパッカー  女一人旅  海外  ヨーロッパ  ドラマー  スペイン  歩き  カミーノ  

Comment: 0  Trackback: 0

北欧に行くと決めたのに
 それまで何年か飛行機に乗れなくなっていた私は、

「ある場所」の写真を見た時から「この場所へ行くんだろうな」と強く惹かれた場所があって、

その直後に縁あって飛行機を克服し、飛び乗るようにその場所へ行ってしまいました。


それが、スペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」でした。

2011年の震災のちょっと後の、夏の事でした。

という事を、ある雑誌の文章に書いたことがあります。


 2011年が明けてすぐ、京都の立誠小学校でレイハラカミさんとタイバンする機会がありました。
ハラカミさんは、楽屋となっていた極寒の教室でずっと、コンビニで売っているワインを飲んでいました。

訃報を知ったのは、スペインでした。

昨夜、ふとそんな事を思い出していたら、
メンバーの一人が、同じ時刻におんなじ事を思い出していたのです。偶然。


そして今朝また、

「この場所へ行きたいな」と

胸をえぐられるような気持ちになる写真に出会いました。


場所を見てみると、それはやっぱり

スペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」なのでした。



メセタ大地と呼ばれる、景勝地です。


今日は仕事をしながら一日、その事を考えていました。

今日もお疲れさまでしたおやすみなさい。

IMG_351520150327015120.jpg
2011, 京都立誠小学校

テーマ : 聖地巡礼の旅    ジャンル : 旅行

03

Category: 音楽

Tags: バックパッカー  紀行文  女一人旅  海外  ドラマー  ヨーロッパ  ロンドン  スペイン  歩き  カミーノ  

Comment: 0  Trackback: 0

音楽批評「ゴールデン」誌


【プチお知らせ】

音楽批評「ゴールデン」という雑誌が、先日創刊されました。

フォトエッセイの寄稿をさせて頂く機会を得ることが出来ました。

「前田紗希のAROUND THE SOUND」と言います。


色々あり飛行機に乗れなくなった自分が、何年もかけて日本を出た所から始まります。

旅先で勝手に困って青ざめては、また次の場所へ行こうかなぁ…と思うドタバタ記ですが、他の方の記事は、素晴らしいです。

また、カヴァーグラビアの写真撮影も担当させて頂いております。興味のある方はお手に取ってみて下さい。


▶【巻頭グラビア&インタビュー】「即興」Qui, The Japanese Jazz Rock Band
▶寄稿*松本健一「時評的現在」
▶イベント・ルポ「渋谷→横浜を走破!モッズ☆スクーター・ラリー」
▶寄稿*中村剛彦「音楽で詩を綴る吟遊詩人ジム・ジャームッシュ」
▶旅のゴールデン「鎌倉の岐れ路で見つけたお伽ショップ」
▶寄稿*前田紗希のAROUND THE SOUND



オールドな雰囲気で、B6サイズのちっちゃい本でした。
以下からお買い求め頂けます。

amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/4990770420

玉川企画(版元)
http://tamagawakikaku.web.fc2.com/



横浜トリエンナーレにて


* iPhone

テーマ : 本の紹介    ジャンル : 小説・文学