1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: 流れるイオタ

Tags: 日本の音楽レーベル  音楽家  インディーズ  ポストロック  プログレ  インスト  バックパッカー  女一人旅  海外  ドラマー  

Comment: 0  Trackback: 0

studio iota label 事業拡大!

th_sougou.jpg




主宰しておりますstudio iota labelで、新しい仲間が増えました!

ご紹介させて頂きます。


・「Musica Iota Therapy」

音を楽しむ音楽療法。

音楽(ムジカ)=神の創った世界の調和を知るための学問というけれど・・・大切なのは無意識の記憶。
原始・太古から培われてきた〔音・リズム〕を使って、まずは気軽に音を感じて、体の底から楽しんでみて下さい!
2017年5月より、重度心身障害者さんの施設でコマを持たせていただくことになりました。

th_Therapy.jpg



・「TOKYO BNZAITEN 」

流木フラワーインテリアブランド
http://instagram.com/tokyo_benzaiten

日本の安心な素材のボタニカルや流木をリーズナブルに提供😊お部屋のインテリアに取り入れ、生活に寄り添って自然を感じて頂けたら幸いです。2017年6月下旬オープン予定!

th_icon_benzaiten.jpg



・「イオメシ | 湘南男子食堂」
http://instagram.com/iogohan

こちらは実店舗です!

2017年4月より鎌倉でカフェバーを営んでおります(現在、鎌倉モグラ食堂さんに借りぐらしOPEN)。
2号店の目標は軽井沢!

th_iogohan.jpg



などなど、各お店のオープンとともに、私達はダッシュをしております!


「BGM部門」「デザイン・印刷部門」の写真には、
所属バンドのメンバーにモデルになっていだだきました。


"流れるイオタ(前田 紗希.Dr、 矢野 聖始.Gt、 永松 徳文.Ba、and pianist),

th_19145987_1373947532659759_5968235617395128205_n.jpg




"イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartette(イシタニタイジュ.melodion、矢野聖始.Gt、REICO.melodica/cho、長沼航.perc/cho)"

th_19221554_1373947525993093_2051595166333180126_o.jpg



いつもありがとう。皆で頑張らなくては!


あれこれはウェブサイトで✈️
http://studio-iota.com/



自分で与えられた場所や選んだ場所を、とことん愛して、掘って、探すってスゴイこと。

大変も含めて楽しいこと。



密やかながら我々はたくさんの方々に支えられています。日々感謝の気持ちを忘れずに!!



・「旅のキュレーションマガジン | イオタビ studio iota label | 日本・世界の不思議をあるこう 」
http://www.iotabi.com/
th_iotabi.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

26

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 紀行文  女一人旅  海外  アメリカ  ニューヨーク  音楽  ドラマー  流れるイオタ  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

Hello ニューヨーク! ②
th_DSC_0487e.jpg





ドラムの録音をしてきたぞ!テンションあがります!(≧∇≦)

th_写真 2016-07-22 13 06 50



ニューヨークの地下鉄と言えば、ミュージシャンのパフォーマンスが定番。

何しろ電車が時間通りに来ないから目的地に着けない。
帰ろうと思うと駅が封鎖されてて乗れない。

そんな時に構内で途方に暮れる…前に、、まずは演奏をしている人を見る事にする。汗だくで生ピアノを弾いている人がいる。

「どうやって持ち込んだんだろう?」って思ったら、もう笑いが止まらない

th_写真 2016-07-22 1 27 32



1.2.日のうちに異国の地で偶然出会った人同士を交えてカラオケに飲みに行った。
大熱唱。

みんなエネルギーに溢れていて人間らしく泣いたり笑ったり悩んだり、生き方自体がお手本そのもの。

やっぱりワクワクが止まらない。


th_写真 2016-07-23 0 09 05



わたしは、日本で決まり事(決めごと)の中でがんじがらめになって、
整理しきれないタスクと共に、

「このまま結果も出せず、人類としての役割も果たせないままなら死に場所を探すしかない」

と思いながらJFK空港に降り立った。





「Less is more(減らした方がいいものが出来る)」これはこっちに来て、教わった言葉。

もっと軽快に歩けば、どんな事があっても胸を張れる。


仲間と共に生きていきたい。仲間の幸せが、自分の幸せ。自分の為だけに頑張れるのは限界ある。私は(笑)」


そんな事を再確認した。やっぱりそれがど真ん中だった。


お後がよろしいようで。

* Nikon D5300

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

22

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 紀行文  女一人旅  海外  アメリカ  ニューヨーク  音楽  ドラマー  流れるイオタ  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

Hello ニューヨーク! ①
さぁて、冒険の始まりだぞ!!!


東京を飛び立った飛行機がまた東京に戻ったりして、北京空港に到着したのは4時間遅れ。

あまりに長い歩く歩道にフワフワした。



控え目に安いチケットを掴んで(往復4万円代)、経由地の北京空港に野宿をする。


24時間空港なのでリクライニングシートや充電スポットが充実していて超快適。

広くて静かで、ベルトコンベアで寝る人は実際に存在しなかった。




今回の目的も、「人に会いに行く」です!
アメリカに居て、会ってもいいよーって方は、会ってもらえたら嬉しいです(*^^*)

th_DSC_0324e.jpg



シンガーの絵美ちゃん、写真家のしょーたくん、しほこちゃん、早速ありがとう!
th_写真 2016-07-20 0 48 24


ドラマーの領さん、たくさんのライブに御一緒したい!
th_DSC_0365e.jpg



親には反対をうけた。
いい加減、色々と世間体が悪いからって。
その事について考え込んでいるうちに、飛行機で涙を流していた。

th_DSC_0258e.jpg


けど、毎日地下鉄で迷子になったって、泣きたくなることなんか一度も無い。

th_DSC_0255e.jpg



結局、自分の好きなことに全身全霊傾けてて、行動することが一番!

th_写真 2016-07-20 14 11 55



■□ガイドブックには載っていない、旅のニュースコンテンツサイトもやっています!■□

http://www.iotabi.com/


〈旅に似合う音楽〉流れるイオタ 1st Album「The world is beautioful」発売中!
ご購入は[こちら!



th_DSC_0270e.jpg

th_DSC_0364e.jpg

th_DSC_0287e2.jpg


「絶対に通用する!」って言い切る自信を持っている人ばかり。
自分で自分に価値を付けられる事は、どれだけ大事な事なんだろう。
th_DSC_0293e.jpg

th_DSC_0348e.jpg

* Nikon D5300

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

17

Category: バックパッカー2016.(香港、ベトナム、ラオス、タイ)

Tags: バックパッカー  紀行文  女一人旅  海外  東南アジア  タイ  写真  ただのコラム  流れるイオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

This is the way I am. タイ⑥
【タイへとやってきて、ミャンマーのビザを申請している最中】

「夜が明けたら、飛行機に乗って何処かに行こう」

と思って夜中に地図を広げ、猛烈に航空券を調べることが、時々あります。

時刻表を調べたら手帳に書きつけ「さぁ出発だ!」と思ったところで朝がきて、とどまります。


「小さな幸せが欲しい」。目標を聞かれたとき、25歳くらいからの前田が突然、回答するようになった答えでした。

しかし自分自身との壮大な鬼ごっこをしていて、どうにもそれとは裏腹に、もっと遠くへ情熱を馳せます。


有り余る情熱の使いどころ、時々むずかしいから、

「自分らしさ」とか「何にワクワクするか」に立ち戻って行動する方が、結果的にいいのかなと思ってます。

すっごく自分を信頼してないとできないことだから、揺らぐし、寂しくなったり、恐くなったりでジタバタしたりしますけど、ガッツ!!


今回は確かめたいことがあって友人に会いに来て、

第1日目でその目的を果たしてしまったら、

ほかの事が見事に何も進まないのです。



あらやだ。人生って不思議。


th_DSC_0030e.jpg

th_DSC_4448e.jpg

th_DSC04467e.jpg

* Nikon D5300

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

19

Category: 生活

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  東南アジア  NikonD5300  キュレーション  マガジン  

Comment: 0  Trackback: 0

紙の月とカオサンロードと
「タイのバンコクには、一人で訪れるつもりがなかった。」

と、前回書いたのだが、

しかし密かに、わたしにはひとつだけ訪れたい理由があった。


「紙の月」という映画のラストシーンで、主演の宮沢りえがカオサンロードに消えていくシーン。
どこかズブズブとした後味で、意味深なラストシーンなのだけれど、その映像が強烈に印象的だったため、タイに行くのもいいか!と、なびいてしまっていた。


本当のラストでは、主人公が国境で逃げる事を止めて、自分自身と向き合う事を決めた後の吹っ切れたシーンであり、
それとはまた違うのだと思うのだけれど。

どちらのお話しも胸がキューッとなる。




わたしはこの旅の間、

二ヶ月遅れてのリリースとなった【旅のキュレーション・メディア】をリリースし、記事を書いていた。

二ヶ月遅れ。これは地味に痛手で、
整うのを待っている期間に、現場の士気も行き場を無くしてしまい、

散り散りになった団結感を再び集めるには、しばらくの間きちんと自分一人で回収して、

結果を出していかなければならないものだと思い知らされた。



書き始めてみると、

果たしてこれが、ものすごく時間が掛かる作業だと分かった。

一本書くのに、8~9時間。


これを毎日とか、プロブロガーの方は本当にすごい!


とはいえ、とても楽しみなことでもあったりして。

自分なりの【旅に似合う音楽】というものを盛り上げていけたらいいなと思い、

なんとか、思い描く形まで、やり遂げたい。

th_DSC_0274e.jpg

* Nikon D5300

□■□■□■□■□■

studio iota labelの、新コンテンツ!

「ガイドブックには載ってない観光ガイド!」名前は【イオタビ】╭( ・ㅂ・)و

ラオスのガイド、ちょっと真面目なレーベル創立話しなども書きました!

どうぞよろしくお願いします!

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi

【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/

【note】https://note.mu/nagareruiota

テーマ : 日々出来事    ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。