FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2020

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
24

Category: 流れるイオタ

Tags: 写真  写真展  鎌倉  カフェ  二階堂  湘南  国道134  音楽  流れるイオタ  studioiota  

Comment: 0  Trackback: 0

【写真展のお知らせ】The world is beautiful It's always there
「このまま結果も出せず、人類としての役割も果たせないままなら、死に場所を探すしかない。」
と思ってニューヨークの空港に降り立ちました。



小さなバーのカウンターにはピアノがついてて、お客さんがみんなでミュージカルを歌ってたりとか、レインボーカラー掲げられていたりとか、

「音楽」と「自由」を結びつけてる。
音楽を奏でながら、愛し合っていたって、何もおかしくない。

なぜかもう涙出ました。
上手く言えないけど。




幸せは自己満足。不幸は被害妄想。自分が作り出す「幻想を」。

ニューヨークのエネルギーに触れてみて、あの自由さと厳しさが混ざった、クタクタに煮えていく感じが堪らなく好きになった。それはまだ、他の場所では決して味わったことの無い事でした。

どんな事があっても、それを味方にする。
って、現地の人が言っていたっけ。


「今いる場所の価値観がすべてじゃないよ、もっと世界はいろんな方向に広がっているから大丈夫だよ。」って思ったよって、

部屋の小さなテーブルから友達にメールしました。

お互い時差を越えて。



th_1474484211180.jpg


さてさて、

今週から我らがstudio iota レーベル presentsの写真展サーキットが[鎌倉3ヶ所、東京2ヶ所]で行われます!!!


各会場では、ライブイベントや、会場限定のBGM集の販売など行われます~。

録音は世田谷RECスタジオ、studio iota 前田スタジオ、 鎌倉支部 REICOスタジオ、で行われました。

特に全員参加のゴスペルは鳥肌もの!!JOOYY!!!!



上記のスタートボタンから試聴していただくことができます^^



■写真展タイトル

studio iota label presents,
前田紗希 写真展[The world is beautiful, It's always there]

世界は続いてく、私たちのこの先へ

まっさらな荒野の中で、光みたいなものが見えた。それは光なのかどうか分からない。
「ここではない何処かで」を探しながら、「何処でだって見つける」なのだ。
世界って、美しいよね?

20代の喪失から再生を描いた個展から3年。その後の物語。
studio iota設立時の仲間への想いが詰まった、流れるイオタ「The world is beautiful」 のブックレット写真の原画、
イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartetteのアーティスト写真、そして世界中を旅して歩いて感じた"光と影"にまつわる作品の展示を(鎌倉3ヶ所、東京都内2ヶ所にて)開催です!

■各会場にてstudio iota label全メンバー参加によるコンピレーションBGMを販売致します! 11曲入り1000円。


■日程
2016.9.25(日)→2016.10.2(日) 鎌倉 Daisy's Cafe
11:00~24:00
(9.25 イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartette Live)

2016.10.3(月)→2016.10.29(土) 鎌倉 二階堂moguRa食堂
11:30~16:30 18:00~22:00
(10.29 イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカTRIO Live)

2016.11.19(土)→2016.12.3(土) 鎌倉 Wander Kitchen &/Alley Cat Burger & Dogs(2店舗同時開催)
Wander Kitchen  12:00~20:00
Alley Cat Burger & Dogs 10:00~16:00
(11.23 矢野聖始、イシタニタイジュ、永松徳文、前田紗希 studio iota BGM Set Live)

2016.12.18(日)→2017.1.22(日) 四軒茶屋
平日 20:00~25:00 土日 18:00~25:30
(12.18 流れるイオタ 展示オープニングLive / 1.22 流れるイオタ 展示クロージングLive)

2017.1.29(日)→2017.2.5(日) 池袋 HAKU
平日 19:00~26:00 土日 17:00~25:30

■studio iota label
まるで映画を観ているかのように物語が進んで行く、壮大かつ叙情的なバンド「流れるイオタ」。誰もが知ってるあの楽器をつかった、大人も子供も楽しめるジャズ「イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartette」。歌のない音楽を中心とした[レコードの制作・販売]、[レコーディング・ミックス]、[楽曲の作曲・編曲]を行う音楽レーベルです。粋な義理人情を大事にし、旅に似合う音楽を提供し続けます。


■前田紗希
1984年 東京都生まれ
国立音楽大学 作曲科出身

3歳より「心から出て心に還る音楽を」という教えのもと、裸足で畑を耕すところから培う教室でクラシックピアノを習う。また、キャンプ生活などを通して美術をする教室にも通うなど、自然とのふれあいの中で学び、育つ。
大学入学後、中学から始めたバンド活動でドラムに没頭。数々のオリジナルバンドを経てデビューの後、ドラマー生命を失い、そのまま音楽生活が一時期分断となる。
その期間にカメラを手にとり、数年の間に撮影フィールドを広げる。2011年のスペイン横断を皮切りに、海外や離島を撮影しつつ、現地の人と演奏するスタイルにモデルチェンジ。
東京、ロンドン、ニューヨークでセッションドラマーを経て、2014年に「旅と音楽」をテーマにしたレーベル、studio iota label を設立。旅の写真エッセイの雑誌掲載や、自社キュレーションサイト「イオタビ」の運営も行う。
周りの人が楽しんでいたり、笑っていたりする時間が好きです。ひとつひとつ還しながら、小さな幸せを探して、いつでも、どこでも、いつまでも。


お問い合わせ http://studio-iota.com mail: info@nagareruiota.com

th_14358672_947149842062106_7652011921124951897_n.jpg

th_14446057_947149792062111_1880667526785422582_n.jpg

th_写真 2016-04-30 14 18 43

th_写真 2016-06-05 19 05 58

th_写真 2016-09-20 16 39 45

th_写真 2016-09-21 14 30 00

th_写真 2016-09-23 14 42 57

th_20091226_598757.jpg

スポンサーサイト



テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

07

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 紀行文  アメリカ  女一人旅  ドラマー  写真  音楽  ライブ  ニューヨーク  マンハッタン  W4  

Comment: 0  Trackback: 0

Hello ニューヨーク! ⑤
th_DSC_0750e.jpg


上原ひろみ with Michel Camilo
@ BLUE NOTE NEW YORK
想像していたよりもずっとずっと繊細な演奏で、細くて美しい白い指。一曲目から立ち上がり、声を発して繰り広げられるピアノのインタープレイの応酬に目が離せなかったぞ!!

スタントン・ムーア(Dr)
@ ブルックリン・ボウル
世界初のボウリングレーンを脇にした、音楽ホール。
最前列をゲットしたら、やたや踊りまくってるゾーンだったぞ。酔っ払った女の子のカバンをあけてあげたら首にキスされたり、疲れ過ぎて蕁麻疹が出来たり、なんかもう音楽を楽しむって自由なんだなって思った。たのしすぎる!!

th_DSC_0444e.jpg

th_DSC_0460e.jpg


クリフ・アーモンド(Dr)
@ The 55 Bar
日本のジャズクラブでは8000円とか10000円とか出さないと観る事が出来ないアーティストが15ドルで、2ステージ堪能出来てしまう、とても良心的なお店です。
超有名ドラマーも大暴れしていて、もちろん舞台とか段差とか無いし。連れて行ってくれたプロドラマーの友人と、「このハコの大きさでこんなに音量出していいんだ!」「思いっきり暴れたもん勝ちだね!」「帰って基礎練やり直そう…」ってなりました。

th_DSC_0617e.jpg

th_DSC_0373e.jpg



W4(ウエストフォー)という駅周辺が、好きな音楽のあるメッカで、その地域が大好きでいつも揺さぶられていました。
夜中の3時に地下鉄に生ピを持ち込んで演奏している人がいて爆笑したのもここです。

th_DSC_0673.jpg



そこら中にJazzが溢れていて、小さなバーのカウンターに、調律狂ったピアノが付いていて、ピアニストが移調しながら伴奏し、周りのお客さんがみんなでミュージカルを大合唱していたりとか…ヽ(*^^*)ノ

レインボーフラッグが掲げられていたりとか。

th_DSC_0616e.jpg


なぜかもう涙出ました、
上手く言えないけど。

とても狭い常識の中で生きてきたんだなって。外に出たらそんなの、なんの意味も無いのに。


この街のパワーはポジティブで、心に決めた事は、すごいスピードで廻ってくるそうです。
その感じは、この旅で一番の衝撃でした。


th_DSC_0524e.jpg


* Nikon D5300

テーマ : アメリカ生活    ジャンル : 海外情報

05

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: アメリカ  ニューヨーク  生き方  摩天楼  写真  コラム  音楽  女一人旅  ドラマー  

Comment: 0  Trackback: 0

Hello ニューヨーク! ④
この街で出会った友達に、質問を投げかけてみる。

「じぶんのこと好き?」

返ってくる返答は、期待通りのものだ。

「好きだよ!」


期待通りの答えが返ってくるひとは皆、

自分にとっての夢を、幸せを、ちゃんと口に出している。


th_DSC_0661e.jpg


二週間目。Barのセッションに行って、ドラムの演奏をし始める。Funk、Swing jazz。

新しい出会いに恵まれ、次の約束をして、そして「サヨナラまた、どこかでね」といって歩き出す。



自分を信じ抜く勇気って、狂気?かも知れませんね。

きっともう、「ここではない何処かで」を探すのではなく、「どこでだって見つける」なのだ。



冒頭に戻りますが、

ここで出会う人は、どんな事があってもそれを見方にしています。
自分の人生が強運で、上手く行くとしか思っていません。

そしてそれを口に出すのです。


「私はプロになる為に来ました」

「コンテストで絶対に優勝します」

「絶対に通用すると思ってやっています」

自分にとっての幸せのカタチ。
悩みながらも、それを、分かっているのでしょう。

th_DSC_0651e.jpg

* Nikon D5300

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

26

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 紀行文  女一人旅  海外  アメリカ  ニューヨーク  音楽  ドラマー  流れるイオタ  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

Hello ニューヨーク! ②
th_DSC_0487e.jpg





ドラムの録音をしてきたぞ!テンションあがります!(≧∇≦)

th_写真 2016-07-22 13 06 50



ニューヨークの地下鉄と言えば、ミュージシャンのパフォーマンスが定番。

何しろ電車が時間通りに来ないから目的地に着けない。
帰ろうと思うと駅が封鎖されてて乗れない。

そんな時に構内で途方に暮れる…前に、、まずは演奏をしている人を見る事にする。汗だくで生ピアノを弾いている人がいる。

「どうやって持ち込んだんだろう?」って思ったら、もう笑いが止まらない

th_写真 2016-07-22 1 27 32



1.2.日のうちに異国の地で偶然出会った人同士を交えてカラオケに飲みに行った。
大熱唱。

みんなエネルギーに溢れていて人間らしく泣いたり笑ったり悩んだり、生き方自体がお手本そのもの。

やっぱりワクワクが止まらない。


th_写真 2016-07-23 0 09 05



わたしは、日本で決まり事(決めごと)の中でがんじがらめになって、
整理しきれないタスクと共に、

「このまま結果も出せず、人類としての役割も果たせないままなら死に場所を探すしかない」

と思いながらJFK空港に降り立った。





「Less is more(減らした方がいいものが出来る)」これはこっちに来て、教わった言葉。

もっと軽快に歩けば、どんな事があっても胸を張れる。


仲間と共に生きていきたい。仲間の幸せが、自分の幸せ。自分の為だけに頑張れるのは限界ある。私は(笑)」


そんな事を再確認した。やっぱりそれがど真ん中だった。


お後がよろしいようで。

* Nikon D5300

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

22

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 紀行文  女一人旅  海外  アメリカ  ニューヨーク  音楽  ドラマー  流れるイオタ  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

Hello ニューヨーク! ①
さぁて、冒険の始まりだぞ!!!


東京を飛び立った飛行機がまた東京に戻ったりして、北京空港に到着したのは4時間遅れ。

あまりに長い歩く歩道にフワフワした。



控え目に安いチケットを掴んで(往復4万円代)、経由地の北京空港に野宿をする。


24時間空港なのでリクライニングシートや充電スポットが充実していて超快適。

広くて静かで、ベルトコンベアで寝る人は実際に存在しなかった。




今回の目的も、「人に会いに行く」です!
アメリカに居て、会ってもいいよーって方は、会ってもらえたら嬉しいです(*^^*)

th_DSC_0324e.jpg



シンガーの絵美ちゃん、写真家のしょーたくん、しほこちゃん、早速ありがとう!
th_写真 2016-07-20 0 48 24


ドラマーの領さん、たくさんのライブに御一緒したい!
th_DSC_0365e.jpg



親には反対をうけた。
いい加減、色々と世間体が悪いからって。
その事について考え込んでいるうちに、飛行機で涙を流していた。

th_DSC_0258e.jpg


けど、毎日地下鉄で迷子になったって、泣きたくなることなんか一度も無い。

th_DSC_0255e.jpg



結局、自分の好きなことに全身全霊傾けてて、行動することが一番!

th_写真 2016-07-20 14 11 55



■□ガイドブックには載っていない、旅のニュースコンテンツサイトもやっています!■□

http://www.iotabi.com/


〈旅に似合う音楽〉流れるイオタ 1st Album「The world is beautioful」発売中!
ご購入は[こちら!



th_DSC_0270e.jpg

th_DSC_0364e.jpg

th_DSC_0287e2.jpg


「絶対に通用する!」って言い切る自信を持っている人ばかり。
自分で自分に価値を付けられる事は、どれだけ大事な事なんだろう。
th_DSC_0293e.jpg

th_DSC_0348e.jpg

* Nikon D5300

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行