1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: IARP JAPAN Tour

Tags: 北海道  バックパッカー  女一人旅  原野  荒野    トマム  リゾートらしい  

Comment: 0  Trackback: 0

ただ真っ直ぐに 荒野を探しに来たバカ Day.4
純粋の純度というものがあるとする。



動画を持ち帰ったら、受け止めてくれる人がいると思っている。
そうすると、また頑張ろうって思える。

DSC_0588e20151112223005.jpg

荒野は見つかった。


DSC_0609e20151112222948.jpg

帰ろう。


DSC_0540e20151112222926.jpg

* Nikon D5300 + CPL 凍結注意。

スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

11

Category: IARP JAPAN Tour

Tags: 北海道  バックパッカー  女一人旅  釧路湿原  原野  荒野  トリトウシ原野  電車  

Comment: 0  Trackback: 0

ただ真っ直ぐに 荒野を探しに来たバカ Day.2とDay.3。

釧路湿原まで、あとちょっとで到達。

だんだんど寒くなり、阿寒湖ではうっすら雪が積もったようです。

DSC_0386e220151111052143.jpg


どっかで見た事あるような。

DSC_0329e20151111052119.jpg


電車乗ってたら、ここだーっと思って、バッと降りてみました。

釧路のトリトウシ原野ってところです。


3〜4時間に1本しか電車が来ないので、非常に迷いました。寒いですし。

DSC_039920151111052206.jpg


金色に染まった草は自分よりも背が高いのです。


枯れ木が揺らいで、その風景の中に誰もいない。ついでに圏外。


「これこれ!これが求めていた風景です!」

と思って足を踏み入れようとすると、途端に湿地で入れない事に気付きます。

DSC_0437e20151111052314.jpg


わたしはそう感じながら、いくつもの場所を電車で通り過ぎます。

ちょっと歯ぎしりしながら。




遠くから見ていると理想なのに、


イザ近くに降り立ってみると足を取られる。


まるで、人生の格言みたいじゃない、って。


DSC_0423e20151111052425.jpg

* Nikon D5300 + CPL

テーマ : 北海道    ジャンル : 地域情報

08

Category: IARP JAPAN Tour

Tags: 北海道  札幌PROVO  札幌近郊  お出かけ  自然  絶景  ノグチイサム  夜はライブ  ツインドラム  

Comment: 0  Trackback: 0

ただ真っ直ぐに 荒野を探しに来たバカ Day.1。
ただ真っ直ぐに 荒野を探しに来たバカ Day.1。

th_DSC_0062e.jpg

札幌公演を終えて散歩してます。北海道広すぎー。
食べ歩いてばかりの毎日。みんなで素敵な食事を探しに行く時間が楽しくてクラクラしました。

10年分のトラウマも返す事が出来てホッとしています。本当に幸せなことです。ツアー中お越し頂いた皆様ありがとうございました。

今日から荒野を探し求めに行くんです。

th_DSC_0133e.jpg

「閉ざしていたのは私の方で、世界が開いているかどうかなんて自分次第だったんだ。」

といったことを、
連続した何日かを人と一緒にいながら、お話ししているとよく思います。

th_DSC_0138e.jpg

モノづくりする人のあいだで本当によく囁かれている言葉にひとつに、

「涙の数だけ、キリキリの作品を作れる。」

という主旨のものがあると思います。

安定を手に入れてしまったら、もう"作りたい気持ち" "作り出せる力"なんて出てこないんじゃないか?
ということです。

つい何ヶ月か前、前向き絶好調だった自分は、
「そんな事ないよ。人は時間と共にカタチを変えていて、安定している時はそれはそれで作れるようにアジャストされていくんだよ!」

なんて自分でも恥ずかしいくらいの演説をたれてしまったのですが、

やっぱりちがう。

涙の数だけ、キリキリの作品を作れる。

それはちょっとの隙間や、寂しさでもいい。

孤独に向き合い、とことん自分と向き合った分だけ、生まれてくるものって確実にあるのでしょう。

芸術の最果ては
誰もいない世界でそれをやり続けられるかどうかということな気がしてきています。

評価や賛美が欲しくなるのは人間社会に生きてると仕方ないことなのかもしれないけれど。

th_DSC_0106e.jpg

* Nikon D5300

テーマ : 国内旅行記    ジャンル : 旅行

31

Category: IARP JAPAN Tour

Tags: ただのコラム  エレクトロニカ  LightAndWaves  京都  紅葉  ライトアップ  ライブ記録  トラウマ克服  オーロラ行きたい  

Comment: 0  Trackback: 0

再び歩き出すとき
Wリリースツアー2公演。

Jimanica Band Setでの大阪conpassでのライブを終え、

東京に戻ってきました。


純度100%のミスターエレクトロニカ、i am robot and proudバンドセットの演奏を、

こんなにも場所を変えて毎日聴けるなんて、素晴らしいです。



そして、ともにバンドセットのイベント最終日はnestでした。

12065751_10207198395471224_1424721493702419346_n20151031203732.jpg

天候にも食にも恵まれ、帰り道にわたしは京都の高台寺へ。


プロジェクションマッピング&ライトアップやっていますよ。

PA270384e20151031204124.jpg

一度ドラマー生命を失った失意の場所がnest。その朝に聴いてた音楽がi am robot。


ずっとずっと複雑な心境だったし、そこの場所に足を運んでそのメンツで演奏するということは鬼門だったけど、

ものすごく頭の中がクリアで、すこしも怖くなくて、

美しい音に囲まれて、心から楽しく、アッサリとしてあっという間でした。



無事に終えられたので、自分へのご褒美を買ってあげよう◎



お次は北海道。



12049287_987142734684141_2590858776714035488_n20151031203753.jpg


こうやって、扉を開けても開けても、


次の扉が待ち構えていて、なかなか出口が見えない。


まるでマトリョーシカみたい。



夜中に眠れなくって、

「どうして」


とつぶやく事がある。

テーマ : 音楽日記    ジャンル : 音楽

25

Category: IARP JAPAN Tour

Tags: 紀行文  ツアー  7ep  神戸ビエンナーレ2015  バックパッカー  ただのコラム  エレクトロニカ  ハンドメイド  人に会いにいく  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

The end is also a beginning.
わたしはツアーに向かっている。

I Am Robot And Proud & Jimanica band set Wリリースツアー。


羽田空港に向かう道の空気が、
あまりに澄んでいた。


旅に行く時のこの感じ。
身が軽くなる感じ。



気付けば、
毎日ドクドクと胃が痛くて、
ごはんも食べれなくなって、

自分らしいペースを、見失っている。


心から湧き出てくるものだけを抽出して、外に出していきたいはずなのに。


だから、久しぶりのこの澄んだ空気に気が付きながら、

「自分らしく生きる生き方とはなんだろう?」

という事を考える。


th_写真 2015-10-25 12 58 31

神戸ビエンナーレ

* Nikon D5300

テーマ : 今日の出来事    ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。