1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: ドラマー  女一人旅  流れるイオタ  ただのコラム  ニューヨークに暮らす  エッセイ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月の熱風
NYCのジャズクラブで "ナイスミドル" に初めて出会った夜、

「君は日本で何か事業をやってるでしょ?とても苦労してる顔をしているから、すぐ分かった」

と言われて、わたしは少し凹んだ。

そして何度か叱られた。
へりくだった言い回しをすると「上も下も無いじゃん。友達じゃん。」って。


帰国の前夜。ナイスミドルが、ブルックリンからマンハッタンのドライブへと連れて行ってくれる。

ニューヨーカーになった同級生と、ボロっちい格好をした私を拾って。


忘れられないようなビルの中に切り取られた空、まぶしい夜景と海と自由の女神、8月の熱風を浴びて、

別れ際に家の前でほんの少しだけ抱きしめられた。

なぐさめるように撫でられておしまい。

そうだ、あの時の私は、何だか寂しい顔をしていたのだった。

■過去記事【30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの】


明日、日本の鎌倉で再会をする。

ニューヨークを感じて作った曲の演奏を、聴いてもらうことは出来るだろうか^^

あのとき少しだけ寄せられた胸が、温かかったのを思い出す。






■□■□■□■□■□■□

鎌倉の路地裏の無国籍なラウンジ&レストラン

「ワンダーキッチン」で本日より、世界を旅する作曲家/ドラマー前田紗希の写真展がスタートです。

🐤こんなお店。【朝日新聞 | 門外不出の南インドカレーと、古民家のかくれやど】🍴

「ワンダーキッチン・プロジェクト」は、無尽蔵にパワフルな音楽家のオーナーがタイ、 マレーシア、フランス・バスク地方の料理を提供するカフェ、アジア雑貨ショップ、ヨーロッパの古着ブティック、ハンバーガースタンド、ゲストハウスなど興味深いポイント満載の総合プロジェクトチーム!

23日(祝)19時〜は、この写真展のためにstudio iota labelメンバー全員で作り上げたBGMアルバムの楽曲を 演奏しちゃう特別なライブも開催されますよ。もちろんアルバム販売も致します。


studio iota BGM set!!《流れるイオタ × イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartette》

@ 鎌倉 ノラネコバーガー

19時スタート 入場無料

前田紗希(pf)

イシタニタイジュ(melodion)

REICO(melodica&chor)

矢野聖始(g)

永松徳文 (wb)

長沼航(per&chor)

&

Yurry(vo)

からなる、特別編成。

秋の鎌倉を観光しながら、入場無料ですのでフラっと飲みにいらして下さい。

th_写真 2016-07-20 14 11 55

スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

24

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 音楽家  コラム  女一人旅  紀行文  ドラマー  流れるイオタ  作曲家  命をかける芸術  

Comment: 0  Trackback: 0

【人に会いに行く 豊島(瀬戸内国際芸術祭)〜四国中央編】光をみつめる
th_2_DSC_1035e1.jpg



友人が編んでくれたミサンガが増えると、手足は、まるでフェスタみたいに賑やかになっていく(^_^)



肩につかないくらいの髪の毛にハットをかぶって、半ズボンを履いて、リュックとスティックバッグを背負う。
時刻表を読んで、一両しかない電車に飛び乗って…

みんなとのバイバイの時間が寂しくて、
いつもどこかイジケた顔をしてる。


それは10年前の私だ。

今と、全く同じフォルムをしている。

まだそこに居る事を見せつけられる。

560058_364222493632273_1056868840_n.jpg ←10年前


埋めても埋めても、
埋めようのない空白の中で、
どうにか起き上がるのだ。

なんて言うと、ありがちな詩的だけど、

そのほぼ全てを失って、
カメラを持った頃の、穴があきそうな孤独の時代を思い出して、
もう二度と戻りたくはないと焦る。

あの時も何本のミサンガ巻いてたっけ?



光を求めて真っ直ぐ進んできたら、同じような場所に居た。

th_DSC_0962e.jpg


アメリカから戻ってきて、現実。
起きた瞬間からの、寒気と絶望感。
たった一週間で、こんなに変わってしまうものかと思う。

本当に、どうしてしまったんだろう?

th_DSC_1060e.jpg



『モノづくりは、人生だ。』

同じように学んできた、音高、音大の同級生とは、

「モノづくりはめちゃくちゃシンドイ」

と言うことを、当たり前のように話せるので助かる。

th_5_DSC_1175e.jpg ←シンドイ図


音楽が大好きで、決して離さないということを大前提として、

理論の勉強は難しいし、惨い競争社会だし、機材も重いし、想像を絶するくらいシンドイ


その覚悟で飛び込んで、続けられる環境に置かせてもらっている。


結局、信念を持っている人たちは、止まったところで辞められないし、

辞めれないなら、

命を懸けて、最高の音楽をして、それ最高に幸せ(*^^*)

という、

その先にあるかも知れない光(結局いい音楽を作るというプロフェッショナルな目的)に向かって、走り続けるしか道はない!



シンドイを越えると「たのしくて仕方ない」になる。「それを伝えていきたい」になるかも知れない。
でもまたシンドイに飛び込む!(笑)

それが挑戦し続けるということ。


途中で手を離してしまったり、シンドイ前に辞めてしまった人には決して分からない。悪いけど。
続けるのは、それくらいシンドイ。

ワガママで情熱的な前田ですらこれでも気が優しすぎるくらいで、同級生達の意見は、もっとバーッサリ現実を切る。


音楽をする事は現実逃避ではなく、音楽をする事が現実生活。


そしてそれを話していると、自分を取り戻せる。

th_DSC_1125e.jpg



総決算なのか、走馬灯なのか?と思うほど、身辺は賑やかで、

真面目に、幸せな人間関係を作ってきたものだと頷く。


th_3_DSC_1138e.jpg

今いる場所がすべてじゃないよ、
もっと世界はいろんな方向に広がっているから。

よく分からないけど大丈夫よ!


th_1_DSC_1157e.jpg

th_6_DSC_0951e.jpg

th_4_DSC_0987e.jpg

th_DSC_0965e.jpg

th_DSC_0992e.jpg

th_DSC_1167e.jpg

th_DSC_1139e.jpg

* Nikon D5300

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

19

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 流れるイオタ  青春18きっぷ  studioiota  女一人旅  写真  ただのコラム  

Comment: 0  Trackback: 0

【人に会いに行く京都編】記憶はいつのものだっけ?
th_DSC_0925e.jpg


虫の声が彩る、あったかい夏が好き。旅はたのしい。

「人に会いに行く」という想いと、「この先にあるまだ知らない世界のことを知りたい。」という思い!!

わたしに会いたいって方は、お声掛け下さいね。どこでも行きます。


th_DSC_0801e.jpg



ハタチそこそこの当時、世界一愛おしいと思っていた音楽や、

全身全霊で感じたいと追いかけた愛だの恋だのも、

自分の世界の全てであっただけで、もっと広い世界の価値観もある事を知った!



でも、いつも「これ以上は先に行けない」現実に、突き当たる。


そして残るのはいつだって変わらない「自分の優先順位」が決めることに気が付いた。
世界のどこまで逃げたって、ね!!

すぐ足下で築いていくことなんて、ちょっとだけ知ってる。

th_DSC_0889e.jpg

th_DSC_0892e.jpg

th_DSC_0910e.jpg

th_DSC_0888e.jpg




京都・四国には一日遅れで出発した。

このルートを通るのは、何度目でしょう?そこにはいつだって、友人や、バンド仲間の顔がくっついてくる。

どこかの街に立っているシーンがフラッシュバックされてきて、「どこだっけ?記憶はいつのものだっけ?」と思うことが、最近増えてきた。

しかし時代はどんどん進んでいく。


th_DSC_0860e.jpg



本来の出発の朝に、あまりの目眩で、真夏にパーカーをかぶって震えていると、

親友たちが食介までして助けてくれ、

「きっと身体が、これ以上動くなってシグナルを出してくれたんだね!正常に動いてる証拠じゃん!」
とケラケラ笑われる。
→前述のblog記事「すごく充実して、すごく寂しい


自分で勝手に突散らかしたこの状況も、
わたしのほうが、差し伸べてくれた周りの手を、
数えるのもウンザリするほど酷く振り払ってきたはずなのに。

こんな時ばかりは「どうしてみんな帰っちゃうの?」と、腑抜けた質問を投げかけてみるのである。



孤独は人さえも殺す。

だから大真面目に全身全霊で、周りを大事にし続けていたいし、どんなにバカをみても、わたしは大事にし続けていけると思う。
自分が大事にされ方を、知っているから。


今度は、自分の子供を連れて、世界一周にでも行きたいものだ。

が、しかし。
→「Hello ニューヨーク! ②

th_DSC_0808e.jpg

th_DSC_0848e.jpg

* Nikon D5300


ひとつの時代が進む前に、ちょっと観光地っぽく。
th_DSC_0934e.jpg

テーマ : 夏の旅    ジャンル : 旅行

12

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: ミュージックセラピー  音楽療法  アメリカ  ニューヨーク  ピアノ  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

Hello ニューヨーク! ⑥
「楽しいに嘘はない」

目まぐるしくて幸せな時間。
けどもう、東京に帰る時間。

心を打つ音ってのは上質の音だけではない。人生見せられてる。そんな感覚になることがあります。

th_DSC_0711e.jpg

最終日は、ルイアームストロングと言う偉大なジャズミュージシャンの名前が付いた病院へ。ここのミュージックセラピーでピアノを弾いているSatokoに同行させてもらい、彼女の演奏を聴かせてもらったり、2~3曲弾かせていただいたりしてきました。
4階まで吹き抜けになっていて、天井がガラスになっててすごく明るかったです!
末期の患者さんにも演奏することがあるそうで、だから次の週に行ったら居らっしゃらないなどもあるそうです。

音楽の神様っているのかな。


ここで出会う人は、どんな事があってもそれを味方にしています。
自分の人生が強運で、上手くいくとしか思っていません。そしてそれを口に出すのです。
自分を信じ抜く勇気って、狂気?かも知れませんね。




まだまだ去りがたいですが、
8月は日本で、フルバンドのレコーディングエンジニアと、PVの制作のお仕事をします!
studio iota labelのウェブサイトも更新しました♡

音楽が好きで、純粋にワクワクしています。
お仕事お待ち申し上げております!!!



th_DSC_0479e.jpg

th_写真 2016-07-19 15 46 36

th_写真 2016-07-19 15 59 52

th_写真 2016-07-22 13 19 35

th_DSC_0561e.jpg



th_写真 2016-07-27 21 46 13

th_写真 2016-07-29 2 25 21 (2)

th_写真 2016-07-26 18 52 51

th_写真 2016-07-28 19 04 45

th_写真 2016-08-05 0 47 13

テーマ : アメリカ生活    ジャンル : 海外情報

07

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 紀行文  アメリカ  女一人旅  ドラマー  写真  音楽  ライブ  ニューヨーク  マンハッタン  W4  

Comment: 0  Trackback: 0

Hello ニューヨーク! ⑤
th_DSC_0750e.jpg


上原ひろみ with Michel Camilo
@ BLUE NOTE NEW YORK
想像していたよりもずっとずっと繊細な演奏で、細くて美しい白い指。一曲目から立ち上がり、声を発して繰り広げられるピアノのインタープレイの応酬に目が離せなかったぞ!!

スタントン・ムーア(Dr)
@ ブルックリン・ボウル
世界初のボウリングレーンを脇にした、音楽ホール。
最前列をゲットしたら、やたや踊りまくってるゾーンだったぞ。酔っ払った女の子のカバンをあけてあげたら首にキスされたり、疲れ過ぎて蕁麻疹が出来たり、なんかもう音楽を楽しむって自由なんだなって思った。たのしすぎる!!

th_DSC_0444e.jpg

th_DSC_0460e.jpg


クリフ・アーモンド(Dr)
@ The 55 Bar
日本のジャズクラブでは8000円とか10000円とか出さないと観る事が出来ないアーティストが15ドルで、2ステージ堪能出来てしまう、とても良心的なお店です。
超有名ドラマーも大暴れしていて、もちろん舞台とか段差とか無いし。連れて行ってくれたプロドラマーの友人と、「このハコの大きさでこんなに音量出していいんだ!」「思いっきり暴れたもん勝ちだね!」「帰って基礎練やり直そう…」ってなりました。

th_DSC_0617e.jpg

th_DSC_0373e.jpg



W4(ウエストフォー)という駅周辺が、好きな音楽のあるメッカで、その地域が大好きでいつも揺さぶられていました。
夜中の3時に地下鉄に生ピを持ち込んで演奏している人がいて爆笑したのもここです。

th_DSC_0673.jpg



そこら中にJazzが溢れていて、小さなバーのカウンターに、調律狂ったピアノが付いていて、ピアニストが移調しながら伴奏し、周りのお客さんがみんなでミュージカルを大合唱していたりとか…ヽ(*^^*)ノ

レインボーフラッグが掲げられていたりとか。

th_DSC_0616e.jpg


なぜかもう涙出ました、
上手く言えないけど。

とても狭い常識の中で生きてきたんだなって。外に出たらそんなの、なんの意味も無いのに。


この街のパワーはポジティブで、心に決めた事は、すごいスピードで廻ってくるそうです。
その感じは、この旅で一番の衝撃でした。


th_DSC_0524e.jpg


* Nikon D5300

テーマ : アメリカ生活    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。