1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category:

Tags: バックパッカー  紀行文  女一人旅  ドラマー  写真  ただのコラム  瀬戸内国際芸術祭  直島  アクセス    

Comment: 0  Trackback: 0

【直島】ピンチの時ほど生きたいと願った
瀬戸内海の、現代アートパイオニアである直島!

現代アートを受け入れる余裕があった背景には、元々産業が盛んで経済的に豊かだった事があります。

しかしそこには島ならではの問題点もあります。

直島のアテンドの女性、そして初めて会ったカフェのマスターと思わぬ冒険を繰り広げ、直島という島に迫っていきます。

瀬戸内国際芸術祭に興味がある方は、【フル尺の記事】も是非。



ドラムの現場で知り合った直島の福武財団の方が、島のアート施設を案内して下さるというので、

仕事も兼ねて昨年末に直島に遊びに行ってきました。



ある夜、カフェサロンでの夕食後。

「今夜は条件が揃ってるから、今から船に乗りに行こうか」

とカフェのマスターがカウンター越しに、言いました。


直島をアテンドしてくれていた女性が酔い潰れてしまい、

快復を待っている間に畳にゴロンとしていた私は、

「星がキレイですね」などど平和に抜かしていた時でした。



「えと…今から船に乗るですって!!?」

会ったばかりのカフェのマスターと、いきなり船に乗りに行くって展開が衝撃過ぎて返答できないまま、

とにかく私たちは船に乗りに行く事になりました。




直島のもう一つの顔は、島の1/3が工場地帯。

産業で発展しているので、経済に余裕があったからアートの誘致に成功したのだそうです。

それと、直島の人は新しい物好きで、現代アートが島に入ってくることに、わりかし抵抗が無かったとか。


初めて出会った島の人とふたりで、真っ暗闇の工業地帯という場所を通り、船に乗って海へ出るというのは、

少なからず私の体を硬直させていました。


th_16586960_1249345941786586_2382659212370773239_o.jpg


船酔いするし!

しかし、委ねるしかない…!


係留ロープを離すと、ボートはぐんぐんと出港します。

波が速くてカタくて、体がジャンプするように飛び上がるのは、初めての体験です。



「痛い!…なんかすごい!」



海の上に出ると、カフェのマスターは船を止めて、照明を全て消しました。

真っ暗な中で、息切れしながら見上げると、


一面に、星、星、星!

空には、輝く星が広がっていました。

こんなの、プラネタリウムでしか見たことない…!



わたしは涙が出ていました。

恐怖と、笑いとで。





「怖さを知らなきゃ、見られない世界があるんだよ。」


と、カフェのマスターが教えてくれます。


ありがとうございます!は、、はやく、、陸に帰りましょう!


そのとき願ったことは、ただひとつ。
心から生きたい、でした。
(だって怖かったんだもん。)


直島銭湯「I 湯(I LOVE YU)」
(秘宝館の像に会いたい!)

入って、次の街へ行こう。

また来るわね。



th_写真 2016-12-21 20 58 14 (1)

こちらの日記はダイジェスト版になります。
フル尺の本記事は【こちら!】♪





* Nikon D5300

スポンサーサイト

テーマ : 日本の路地裏    ジャンル : 旅行

21

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

【旅のお話です、雑誌に掲載されました!!】
お世話になっている出版社さんから久しぶりに発行されました、

音楽批評誌「ゴールデン」の巻頭グラビアに、旅の写真エッセイを書かせて頂きました


Webで公開されたので、ご紹介させていただきます!ありがとうございます。


まず巻頭に掲載されたラオス紀行のエッセイと写真の原案がこちらです✨
タイトルは「真冬に熟れる。東南アジア最後の秘境」。

http://www.iotabi.com/2016/06/blog-post_7.html

thLuangPhabang1.jpg
thLuangPhabang2.jpg


本誌にはこれとあともう1本のストーリー「前田紗希のAROUND THE SOUND〜イギリス編〜」が掲載中。

初めてバックパックを背負って出たのに、スペインでバスに置き去りになって、右も左もわからず震えながら辿り着いたロンドンで縁が繋がりドラムを演奏するまでの ジタバタ・ハートフルエッセイ


マヌケ面をして歩いているわたしは、旅に出ると毎日のように道を訊かれたり写真を頼まれたりします。道を訊かれた日って、なんだか嬉しくなるんです。きっとその街にスッと溶け込めてるのだと、思っちゃうから。

香港で拉致られかけ、ラオスの世界遺産は理想郷がちっとも自分の理想郷じゃなくて心を閉ざして眠った。

あれ、おかしいな、でもね。"道を訊く人々"とのやりとりをヒントに感じた人生の機微がありました。
そんなお話です。

これからも頑張ります!


お買い求めはコチラから
amazon▼

(玉川企画)

■□■□■□■□■□■□

【g.o.a.t】というサービスが素敵で、BLOGを移行してみました。

https://maedasaki.goat.me/
まず、写真がめちゃくちゃ使いやすいです!よろしくお願い致します!

近況は、流れるイオタ名義の【Twitter】で。




21

Category:

Tags: 紀行文  写真  エッセイ  瀬戸内国際芸術祭  2016  音楽家    小豆島  豊島  フェリー  

Comment: 0  Trackback: 0

豊島美術館の中で、私は生まれ変わるのだ。
豊島美術館の中で、私は生まれ変わるのだ。

th_1_ファイル 2016-11-11 19 48 25



旅の神様と一緒だから大丈夫。

th_2_ファイル 2016-11-11 19 51 42


瀬戸内海の小豆島を一周中に、

th_7_DSC_0413e.jpg



潮が引いた時だけ現れる道があって、地元の方が車で連れて行ってくれた。

th_10_DSC_1035e1.jpg



旅に出る目的っていうのは、ひとつ。『人に会いに行く』。

th_11_PB029564e3.jpg



その過程で味わえるのが『生き延びる事』だと思っています。

th_9_ファイル 2016-11-11 20 10 34



文字も言葉もルールも分からない中で、道に迷う。食べ物も買えない。夜の治安も悪い。そのときの”ギリギリ生きる"という感覚が、モノ作りの原料になる。

th_5_ファイル 2016-11-11 19 55 43



生物の本質は、生き延びる事。そこから先は、オマケ。

th_3_ファイル 2016-11-11 19 52 32




オマケなのだから、大抵は何も知らないで頼りなく震えながらその場所に降り立つ。

th_6_DSC_0230e2.jpg



見かねたお友達が調べてオススメしてくれる場所には素直に足を運んでみる。絶景ポイント、飲食できる店、歴史のある場所…そんなネット情報を頼りにスタートする。

th_4_ファイル 2016-11-11 19 53 47



あとは地元の人とひたすらしゃべって次の場所へ運ばれていく。いつだってそうだ。

th_13_写真 2016-11-02 23 03 48



そういった旅のスタイルを、湧き上がる音を、仲間を、出会う人たちを、

th_8_DSC_0700e.jpg



子供みたいに信じている。

th_12_ファイル 2016-11-11 20 05 13


* Nikon D5300

テーマ : 四国遍路    ジャンル : 旅行

14

Category:

Tags: 紀行文  写真  エッセイ  瀬戸内国際芸術祭  2016  音楽家    小豆島  

Comment: 0  Trackback: 0

小豆島一周中だぞ!
th_14947542_1156709071050274_5138939947548897445_n.jpg


前夜まで、上大岡のスタジオに居たワケなのだが、朝イチで四国に行き、ベルリンで遊んでくれた友人達とクルマで小豆島一周をしているのだ。

小豆島で出会う人は、皆様とにかくよく喋るし優しいです٩(●ᴗ●)۶


バスで偶然隣だった子とお友達になったり、

風呂や居酒屋で島々のルート教わったり、

謎展開も楽しい!



芸術祭の期間は海外からの人も多く、通訳ガイドが来るのは時々。小豆島のような広くて港が多い島ではとても追いつかないそうです^^;


道はアップダウンが激しくて、天然のやまびこで左右Ping Pong Delayしているのを初めて体験したので、

犬の鳴き声と手拍子でセッションしたぞ。


#瀬戸内国際芸術祭2016

th_14937383_1156709087716939_5862561110154375745_n.jpg

th_14639793_1156709094383605_4601987095610547734_n.jpg

th_14915531_1156709121050269_1843606084814883345_n.jpg

th_14900356_1156709131050268_6404178166605930665_n.jpg

th_14947898_1156709254383589_6692353774287839314_n.jpg

th_14915201_1156709171050264_7771862150804027353_n.jpg

th_14908285_1156709294383585_2925615840583096813_n.jpg

th_14708126_1156709181050263_8176841203707662793_n.jpg

* Nikon D5300

テーマ : 写真日記    ジャンル : 趣味・実用

25

Category:

Tags: 自作楽器  諏訪大社  パワースポット  子宝  恋愛  神様  旅行  

Comment: 0  Trackback: 0

そこから先は、オマケ
th_14717245_1147501718637676_3240853468888634689_n.jpg


歩き続ければ、景色は見え続ける。

一週間ほど前、諏訪から戻った。
ずっといい気に包まれて、Aromariageなおみちゃんと自由に過ごす。

もはや詰んだな💀と思ってたのに…何だかんだ今幸せだね✨って。

最後の諏訪大社前宮では2人同時に1ミリのズレもない柏手を打ってた。

不思議な人生ね。


すごく漫画みたいなシチュエーションでプロドラマー生命を失った事があるけれど、努力した時間だけが、やっと逃げない自信になるのかなって思っている。

今、何かが怖いとしたら、努力が足りてないんだなと思うことにしている^^

泣いてる時間に勉強のひとつでもしなさい!と。


もういいから、埋めるのではなく進むのだ。背筋を伸ばして。




そう言えば音楽の現場で、TV番組ではおなじみとの医学博士で脳科学者の中野信子さんの、イケメン夫と書かれている圭さんに時々お会いする。マイクを通せないくらいの声で、とてもゆっくりしゃべられる不思議な人だ。自作の楽器やスピーカーを発明してくる。

↓鏡の国のギターという、発明品。
th_写真 2016-10-25 19 23 56 (1)


そこで信子さんの事を初めて存じ上げたのだけど、


自分に何が出来るのかを分かった上で、
手の届くものを知ることが努力。
出来ないことは、出来る奴に任せればいい。
努力の方向性を間違えてはいけない。

生物の本質は、生き延びる事。
自分の生活を、いかに楽しむか!


と言うインタビューを聞いて、本当にまさにそれですよ!

と思った。

すごくドライなようだけれど、それに尽きると思う。

自分の根源欲求を突き詰められない人は生きるの大変になるよなあ。


出来ないことは、出来る奴に任せればいい。
これは徹底して常々思って、口に出すようにいしている。
(餅は餅屋でありたいのに、自分も究極の器用貧乏、苦労マニアなので。)


旅に出る目的っていうのは、ひとつ。『人に会いに行く』。

その過程で味わえるのは
生き延びる事。
だ。

文字も言葉もルールも分からない中で、道に迷う。食べ物も買えない。夜の治安も悪い
そのソリッドな ”ギリギリ生きる"という感覚が、モノ作りの原料になる。

そこから先は、オマケ。


th_写真 2016-10-18 12 35 15

th_写真 2016-10-18 17 00 11

th_写真 2016-10-18 12 55 58

th_写真 2016-10-18 17 00 15

th_写真 2016-10-18 12 00 48

th_写真 2016-10-17 17 55 55


* Hipstamatic

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。