1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: 生活

Tags: エッセイ  コラム  家具  アクセサリー    音楽  写真  ドラマー  ただのコラム  スタートアップ  

Comment: 0  Trackback: 0

ここには何もかもがあるし、何もかもがない
th_DSC_02091e.jpg



10月の東京の空は青く澄み渡っていて良く晴れ、なまぬるい強い風の日が続いていた。



まるで、夏を収穫してしまうかのように。



…



「本物のお花を使ったアクセサリーを作っている子がいるんだけど。


と、バンドのギタリストをつとめる彼が不意に口にした。



彼のいう事はいつだって突然だ。

突然動いて、突然思いついて、突然決める。



そんな突然なんてお構いなしにギタリストの口は滑らかに滑る。



「でさ、演今日俺らが奏するコンサート会場でアクセサリーのお店を出店してもらおうと思って、来てもらった人がいるんだよ!いいかな?」



(おいおい!滑るのはギターの指板だけにしてくれよ。)

th_DSC_0341e2.jpg


そうして私たち【花のある生活。】の作者である、「フラワーアクセサリー作家」と「旅の音楽家」は出会った。



…



旅の音楽家「ええっと・・・。!?ごめんなさい、どなたでしょうか?」



アクセサリー作家「話し通ってたんじゃない・・・ってことですよね?」



窓の無い地下室で演奏する音楽家は、スクリーンに青空を映し出していた。



あぁ、8月の四国で撮影してきた海だわ。



その日のコンサートバンドのオーナーであった旅の音楽家は、アクセサリー作家のことを、なにも知らされていなかったのだった。

th_IMG_4387.jpg





終演後、アクセサリー作家のブースには、人だかりが出来ているようだった。
(お互い)ホッ。



「かすみ草のリング」という青色のリングが、ひときわ可憐に光っている。2000円。



リングの中でちいさく揺れるブルーのかすみ草と、黒のレース。・・ふち取っているのはなんだろう?



とても丁寧な作りで、どこかキラリと惹かれるものがあった。



そのとき連絡先を交換したっけな?
忘れてしまったけれど。

th_IMG_4671e.jpg

…



これっきり、

だったかも知れない出会いを変えたのは、

優しくて行動力があり、でも事故に遭うように突然なギタリストの存在と、



あとはSNSであった。




旅の音楽家がバンド用にと運営しているSNSに投稿すると、いつも反応をしてくれる人がいる。



それがアクセサリー作家



最初はそれほど気にしていなかったオトコマエな旅の音楽家。
しかし、本当にいつも反応をしてくれているものだから、ちょっとばかし相手さんのページをを覗いてみるようになる。



「そっか、このひと本当に毎日のように、新作を作り出しているんだ・・・すごいな。」



そんな日々が続く。



青く澄み渡っていて良く晴れた秋空は見事に収穫され、北風が吹く曇り色の空に変わっていた。



…

th_IMG_4814.jpg


【無言で口説き落とされた】



思うのだけど、人はとにかく気にし続けてくれる相手がいると、しまいには自ら陥落に飛び込んでいくものだ。



としか言いようがない。



そんなSNSの日々が続いたある日、



旅の音楽家は、フラワーアクセサリー作家に言った。



「ねえ、一緒に仕事をしてくれない?



とてもシンプル。




お互い初めてのお仕事は、

旅の音楽家の会社からリリースされるCDの、

"タワーレコード盤 初回特典" の制作を、

アクセサリー作家に一任させて頂く事だった。


旅の音楽家は、レコード店の営業とアクセサリー作家の仕事先とを交互に通い、もうほかに何も見えないくらいアグレッシブに夢中で駆け抜けていった。

th_IMG_5207.jpg

*アクセサリー作家によるタワーレコード初回特典は完売した。




…



わたしたちは、育ってきた環境も、今まで就いてきた職業も、年齢も違う。



だけれど気付けばいつも側に居る。

新しい事業を始めた日も、ひどく落ち込んだ時も、クリスマスもお正月も、旅の音楽家の会社の海水浴の日も(笑)



あまりにあっさり過ぎて、気付かないんだけどね。



旅の音楽家は思う。

ここには何もかもがあるし、何もかもがない。

実現したいと頭に思い描く事があれば、それにむかってアクセルを踏めばいい。



モラルはあっても、制限は無い。


自分のやりたいことに向かって、とことん正直に生きるのだ。



世間体の物差しでもなく、他人軸でもなく、



自分が幸せだと感じるものは何か?に向き合うこと。



アーティストが、肉や骨を削って本気で創り出す表現って、

他人の人生を変えちゃうマジカルだから。



さあ、たのしもうよ。






studio iota labelでは、アクセサリーデザイナーと旅の音楽家という女性2人による、新インテリアブランドの立ち上げを致します。


「TOKYO BENZAITEN」


と申します。

「花のある生活。」というアカウントでも、note記事を書いて行きたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い致します!



https://note.mu/tokyobenzaiten




■関連記事 アクセサリー作家側からの視点

 [3度驚いたら、運命かもしれない


※こちらの記事は、studio iota labelのnoteからの移植版となります。


旅の音楽家 前田紗希



近況は変わらず、Twitterにて!





スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

23

Category: 生活

Tags: ドラマー  女一人旅  バックパッカー  流れるイオタ  ただのコラム  ニューヨークに暮らす  エッセイ  

Comment: 0  Trackback: 0

30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの
【30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの】

ミュージシャンで子連れの彼女と毎日のように遊ぶようになってから、
ストイックだった世界は急激に慌ただしくなった。

脆くも生きる世界の選択をする。そんなエッセイを書かせて頂きました。

http://www.iotabi.com/2016/11/blog-post_19.html

th_写真 2016-07-14 18 41 44e


こちらの記事が、イオタビのサイトで、初登場で5位だか4位にランクイン✨

"こじらせている" 記事って、

いつもより読んで下さる方が沢山居たりします❗

まるで女子が、交換日記に書いているような感じですよね😏



通常の旅行ガイドでも、"こじらせている" 部分があると、急にランクインしてきたりするようで、

エモい気分でお恥ずかしいですけど。書いてて楽しいので、いいものですね。


後で読み返した時に、ニンマリと笑顔になるものもあれば、、供養で書く場合もあります。

嗚呼。"こじらせてる" を、表現する生き恥め。




後日談。


ちょっとやるせなかった時期に、親友たちがミサンガを編んで、それぞれ手と足に巻き付けてくれました。

これで、「またどこまででも歩けますように」って。フェスタみたいな賑やかな色の子。

th_写真 2016-08-19 3 15 33


流行語「こじらせ女子」を生んだ、ライターの雨宮まみさんが、少し前に亡くなったそうです。
本当に40歳の若さで亡くなられてしまったのか…。

不安だわ。

【WEB連載 : 40歳がくる!】

parts-bag.png

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

29

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今いる場所を愛したい
パイロットの話しを聞くと、着陸する時に羽田空港という場所は綺麗なのだそうです。

光の中に入っていくのは他の都市にはないので。


th_写真 2016-10-26 21 58 00



「言うだけ言って、伝えるだけ伝えてスッキリしたらそれでいいのかな?

 伝えられても、どうにもこうにも出来ずにいる方の気持ち、考えたりしないのかな?」


東と西で朝7時まで電話をしていて、今期のワタクシに起こり続ける魔界の9割を形成するのが、この言葉に尽きると気が付きました。


それに救われたことったら。


th_写真 2016-08-19 23 45 36



私は腕力的には弱いし、

女だからその言い方がカンに触るとか、女だから引っ込んでろとか、

と言う言葉をいただいたり、

かと思えばその人に愛を伝えられたり。





自分も、一生懸命になりすぎるあまり、逆の事をしてしまったり。

あるのですわよ。


「自由」って何でしょうね?

今いる場所を愛したいのです。


* Nikon D5300

06

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

本当に惹かれたものに対しては判断の余地も許されなくなってくる
「本当に惹かれたものに対しては判断の余地も許されなくなってくる。」

と、わたしは自分の中で思っている。

好きになる時は、死にたいくらい好きになし、
知りたい事なら、地球の裏側だって行く。

そういうことってありませんか?


th_写真 2016-08-31 18 42 22


代官山スプリングバレーブルワリーで、去年ベルリンで遊んでくれたアーティストの友人とクラフトビール飲み比べをしました。

醸造所が併設してるんです。


この先、「日本の地方都市で、海外からの移住者に対してのサービスを起業したい。」「都市部でも、仲の良い仲間とは近くに住むなど、コミュニティーに近い感じで生活したい。」

という動きに向けて、彼女は行動していました。


海外組と話していると味わう価値観の感覚は、日本でガチガチに固めらて、流されてるそれとは確かに違いがあります。

重要なのは、
「場所じゃなくて、人なのかも知れないし、やっぱり場所なのかも知れない。」

などと考えました。

th_写真 2016-09-01 14 50 20



2日目は、六本木の奈良原一高展へ。

ベルリン、ロンドンに長く滞在していた子たちが、近日中にビックリするほど次々と帰国するそうだ。
そんな時期なのでしょうか!

こちらは、今まで味わった恋愛の価値観についてのお話しを聞かせてもらって、
それはとても一直線で、素直で、ひどくて、笑ってしまったりしました。


ものをつくるということを選んだ人たちが最近魔界過ぎて、何かイケナイ魔法が発動しそうです!


このへんは後日、[イオタビ]にて、対談記事にしたいと思っています!

th_写真 2016-09-01 16 17 00


□■□■□■□■□■

さてさて、

studio iota レーベル presentsの写真展サーキットは、鎌倉のmoguRaさんに移動して行われています!!!昼間は料理にこだわる台所、夜は日本酒処なのです!


各会場では、ライブイベントや、会場限定のBGM集の販売など行われます~。楽曲のフルオーケーストラアレンジや、全員参加のゴスペルは鳥肌もの!!

キテネ!!!

■日程■

◇2016.9.25(日)→2016.10.2(日) 鎌倉 Daisy's Cafe


◇2016.10.3(月)→2016.10.29(土) 鎌倉 二階堂moguRa食堂
11:30~16:30 18:00~22:00
(10.29 イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカTRIO Live)


◆2016.11.19(土)→2016.12.3(土) 鎌倉 Wander Kitchen &/Alley Cat Burger & Dogs(2店舗同時開催)
Wander Kitchen  12:00~20:00
Alley Cat Burger & Dogs 10:00~16:00
(11.23 矢野聖始、イシタニタイジュ、永松徳文、前田紗希 studio iota BGM Set Live)


◆2016.12.18(日)→2017.1.22(日) 四軒茶屋
平日 20:00~25:00 土日 18:00~25:30
(12.18 流れるイオタ 展示オープニングLive w.木下美紗都と象さんズ/ 1.22 流れるイオタ 展示クロージングLive)


◆2017.1.29(日)→2017.2.5(日) 池袋 HAKU
平日 19:00~26:00 土日 17:00~25:30

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

21

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ガイドブックには載っていない観光ガイド【イオタビ】ライター紹介
編集長をつとめております、studio iota labelガイドブックには載っていない観光ガイド【イオタビ】💖 

只今、6人のライターでやっております!


ライター紹介🎵

♪「旅と健康」のおしゃべり好き、"かるがも院長"こと小沢エイスケ

♪「食レポ」担当の姉御!いつもMTGありがとう。カオマンガイハンターF澤

♪「行ってみたいな世界のスポット」カフェや絶景にまつわる歴史背景の人気ライター ユメイロメイロ ゆら

♪「旅と美をクールに」日々直感で生きる努力家 ONIKIE

♪「トーキョー街歩き」の企画Guy!オキツ カズヒロ

♪「ビビリな冒険家。旅と音楽と総合エッセイ」のstudio iota 編集長、前田紗希



こうして並んでみると、なんだかんだ10年以上の付き合いがある信頼出来る方たちで、同級生だった人も多いんですよね〜^^

自分も含めて一癖も二癖もあるメンバーで、何かと刺激をもらえつつも、サシでは超仲良しです♡


さて、国内外の空港で夜明けを待ち続けたお話しブーム…の次にやってきたのは「食レポ」!!😋


□東京で本当に美味しい「カオマンガイ」のお店10選!
http://www.iotabi.com/2016/04/10.html

□初秋の高原の霧の中で乾杯!モルトラヴァーズの楽園【ウイスキー&ビアキャンプ】。
http://www.iotabi.com/2016/09/blog-post.html

□東京で本当に美味しい「フォー」のお店4(フォー)選!
http://www.iotabi.com/2016/09/blog-post_18.html


などなど3本だて🎵

明るく、ニッチなサイトに!
着実にいい記事ためていきます!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


誰かに委ねて飛び込むのか、
自分の殻に帰って閉ざしていくのか。

複数人で現実と戦っていくとき、そこが重要になってきます。


承認欲求が強いと、相手と一体化する事を望んで、

「あなたを中心に地球は回ってないよ」とか言っちゃったりするんですよね。


でも残念ながら、変えようと思ったタイミングで変える事が出来るのは、"あなた(相手)" でも "地球" でもなく、

"わたし"だけなんですもの。あとは受け取る側のタイミング次第。

相手が変わるんじゃない。捉え方が変わるだけ。


他人に対しては、最大に一途だけれど、結構ドライです。

それは結局のところ、「他者は他者であることが当たり前」と認めているからです。


自分を犠牲にするのではなく(まだ子供であったり人間として生活していけない場合は別。)、

信念を持って そこを大事に信じていけるのであれば、

結局のところ、他人の価値観や違いや評価について(=他人軸)は特に気にならないからです。



そうあることで、無闇に腹をたてる事も無いですし、

ありのまま、ナチュラルに優しく存在することが出来る気がします。
9/8の過去blogから引用)





というのは、個人的に私が家族と接する中で見聞きしてきて、長年かけて興味深いと感じた話です。
教えられることたくさんです。


「キレイなもの(自分の気に入ったもの)以外を排除する」のではなく、

「楽しいと思う感情」を見つけて埋め尽くす。


追い求める事を "続ける" 為に。

th_写真 2016-06-19 18 47 12

テーマ : 歴史・文化にふれる旅    ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。