1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

Category: バックパッカー 2013.(デンマーク、スウェーデン、スコットランド、スペイン)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

写真展のお知らせ
写真展のお知らせです。

前田紗希 写真個展 『AROUND THE SOUND』

   さぁ、一緒に旅に行きましょう。
  
歩いて歩いて、そこに写っていたものは、明日への溢れんばかりの希望。
  喪失感の中で掴んだカメラはいつしか、自分にとって希望を写すモノになっていたんだと気付いた。

2013.10/1(火)~10/14(祝)
Launch Pad cafe & gallery. 横浜元町

平日 : 11:00~20:00
土日 : 11:00~22:00
月曜定休

※入場無料 Cafeのお飲み物のオーダーはお願いいたします。
http://www.launchpad-cafe.com/

10/5(土) にスペシャルライブイベントあり
■ria 前田紗希+Coda+白山詠美子
1st stage 18:00 2nd stage 20:00 / 1500円 (お好きなカフェメニュー1D付き)

特設ページも作りました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 もう少し先を歩いているお友達の誰かが、世界に行って撮った写真を見ると、とっても ちっぽけな気持ちになる!
私なんぞが写真を展示してもいいのだろうか?と。

だけど私は「世界の車窓から」をやりたいわけではない。

音楽人•前田紗希が、喪失から再生を経て撮りためた、20代の集大成となる旅の写真展なのだ。

ちっぽけ、なのだ。


たくさんの人達にご協力頂いて、開催まで来る事が出来ました(^-^)/

会期中はオリジナルのフォトフレームや、フォトジン(目録)もご用意しております。

宜しくお願いします。

お問い合わせ neo.yumeradio@gmail.com





Design つばめ企画室

スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

06

Category: バックパッカー 2013.(デンマーク、スウェーデン、スコットランド、スペイン)

Tags: フライングスコッツマン  ユーレイルパス  海外  鉄道旅  乗り鉄  ヨーロッパ  女子  

Comment: 0  Trackback: 0

アラウンド・ザ・サウンドできるのか?その8 ~ROUTE OF THE FLYING SCOTSMAN編~
【ROUTE OF THE FLYING SCOTSMAN】

 フライング・スコッツマンと呼ばれるルートを辿って、スコットランドの古都 エジンバラへ。

09920130708042752.jpg

イングランドをそっくり横断する格好になるのだ。

10220130708042220.jpg

東海岸の景色は素晴らしくて、延々続く牧草地帯から古城、震えてしまうような海沿いと走る。

天気の様子はコロコロと変わり、まるで本当に四季を見ているようだった。

10420130708042241.jpg

隣のイギリス人のお姉さんは日本の寿司(Fish SUSHIと書かれていた)を食べ、
日本人の私はイギリスのパサパサしたサンドイッチを食べていた。


最速の225kmで運行されている高速列車、…のはずが。
あ、止まった。


 鉄道パスを持ってそのまま飛び乗ってしまったので、席の予約をしていなかった。

基本的に予約済の席にはカードが挟まっていて、それ以外の空いている席が自由席になるのだけれど、
この長距離列車は満席で全てにカードが挟まっているような勢いだったため、時には連結車両に座り込みになった。

トホホ。

09720130708042146.jpg


 連結車両には、バックパックを背負ったようなお兄さん達が数人居て、チビの私がウロウロしていると
「トイレ使うのかい?」などと聞いてくれた。

「ノー」と苦笑いをして、トイレの前の床に腰掛けた。隙間から風が入ってきて気持ちよかった。


 列車のドアは手動のハンドルで開けるタイプになっており、駅に着くとグルッと回してドアを開ける。
ここに座っていれば、駅に着いた時には"ドア開け係り"になるのだ。しかし、とても固い。

(⁎•̤᷄ ॒ ູ॒•̤᷅)あ•か•な•い☆

 どうにでも、なりやがれ


10720130708042315.jpg

キング・クロス駅から4時間30分でエジンバラまで行くことができる。

本気を出せば日帰りも夢じゃないだろう。

10820130708042338.jpg

10920130708042358.jpg

11520130708042418.jpg

11620130708042438.jpg

11820130708042500.jpg

* Nikon D40x + Cyber-Shot TX10

テーマ : 鉄道の旅    ジャンル : 旅行

28

Category: バックパッカー 2013.(デンマーク、スウェーデン、スコットランド、スペイン)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アラウンド・ザ・サウンドできるのか?その7 ~ファミリア編~

サグラダ・ファミリアは思ったよりもずっと建設中だった。

2820130628020404.jpg

虹色の光を放つステンドグラスが美しすぎ!!(だが…強過ぎて耐えられないような気が渦巻いていた。)

あと30年くらいで完成を目指しているらしいが、
完成するころには初めに作った部分の改修が始まって、永久に工事している状態らしい!

2920130628020428.jpg

3020130628020447.jpg

3120130628020503.jpg


プチアクシデントは続いたが、バルセロナは気温が暖かくてありがたい。

半袖やノースリーブで歩く人達が居て一気に汗をかく。とは言ってもきっと東京と同じくらいだ。


一方で北欧の素敵な風景は昼間はとても温暖ながら、夜になるとビックリするくらい冷え込んだ。


夜10時近くまで明るいので、やっぱりおかしな感じだ!

シエスタがあるので、時間設定が絶対おかしい。

レストランが開くの夜8時からだったりするし、ランチだって3時ごろ…。

DSC_072720130628022952.jpg

DSC_074520130628022903.jpg

サンツ駅に滞在した。

朝夕は気をつけた方がよいと言われる場所だったのでドキドキした。

スペインの失業率は高いらしいので、彼らは生きる為に犯罪に走ると聞いたのが1年前。
あれから、経済はどっちを向いたのだろう?


3220130628020521.jpg

* Nikon D40x + CPL

テーマ : スペイン旅行    ジャンル : 旅行

19

Category: バックパッカー 2013.(デンマーク、スウェーデン、スコットランド、スペイン)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アラウンド・ザ・サウンドできるのか?その6 ~パエリア編~
バルセロナ上陸!!

スペインの中でバルセロナは初めて。街全体がアートみたいで、人々はしゃべり好きで明るかった。
だけど、道が分からな過ぎる。こんなに道が分からない都市があるとは。。。

DSC_073220130622025245.jpg
カタルーニャ広場
27-120130622025207.jpg

2420130622024932.jpg

2620130622025024.jpg
カテドラル
2520130622025053.jpg
ガウディがドラゴンの伝説になぞらえて作った驚異の邸宅「カサ・バトリョ」


 バルでパエリアを堪能したあとに猛烈に背中とお腹が痛くなってきて、もはやくじけそうになったところで、なほさんにもらった強力わかもと飲んだ。効いた!
3320130622025120.jpg

ところが、迷いまくった挙句に電車の遅延で飛行機に乗り遅れてしまった。

それで結局、空港で野宿と治安の悪さとを天秤に掛けて、ホテルに駆け込んで、うまいこと空いていて(しかもフロントが日本人で)、そこに居る。とても良いところなので、こうなったら思う存分堪能する!

ホテルまでアートで宇宙基地みたい!この悲しみを、笑いに変えて。
3420130622025142.jpg


* Nikon D40x + CPL

テーマ : 世界一周    ジャンル : 旅行

17

Category: バックパッカー 2013.(デンマーク、スウェーデン、スコットランド、スペイン)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アラウンド・ザ・サウンドできるのか?その5 ~北欧編~
スウェーーーーデン!!!

スウェーデンの第三都市、マルメは実に若い都市で、

人口のほぼ半分が35歳以下であるらしい。

で、深刻化する移民問題があると日本で読んだので、

気になったので足を運んだ。


結論からいうと、短い観光でそれを垣間みる事は出来なかった。



イメージ的にスウェーデンは、ベストオブ美しいだった気がする。
「また来たい」と思わされる事しか出来ない風景。

そんなところだ。


北欧美少女姉妹は自分達のアホ面と見比べると泣きたくなったし、家もみんなおもちゃみたいで可愛い!

今の時期はお花や緑も美しいし、ストックホルムはアートな地下鉄の駅も楽しそうで巡ってみたいし、素敵なカフェも多そう。


しかしそんな美しい風景ながら、やはり前述の移民問題。

5/19から一週間ほども、ストックホルムで暴動が起きていたのだった。


1320130622022139.jpg

1420130622022159.jpg

1520130622022215.jpg

1620130622022232.jpg

1720130622022248.jpg

1820130622022303.jpg

1920130622022323.jpg

2320130622022432.jpg

2220130622022416.jpg

2120130622022402.jpg

* Nikon D40x + Cyber-Shot TX10

テーマ : 北欧    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。