1
2
3
5
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
27
28
29
31
  12 ,2011

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

一塁側ベンチ
 年末は、近しい間柄の繋がりへと連日会いに行くことができるので楽しく思います。
気心の知れた周りの人達とのんびりワイワイ、たくさん笑って、おいしいものを食べて、
音楽を聴いている時間は、幸せを思い出させてくれるのである。

去年から確かにみんなひとつ年齢を重ねているのだけれど
一周歩いて、また確かにここに戻って来た、みたいな事が感じられるようで。
有難いものです(/・ω・)
子供心を忘れない みたいなバカばっかやってるけど。

DSC_0106e.jpg

 今年は「今までやってきた事が、一旦実を結ぶ年」になったんじゃないかと、
ちいさなちいさな私の世界レベルで、最初から最後まで感じ続けています。

よく、頑張れたねって。

 ここ数年は、先を見た目標のために、ちいさく割った目標を一年ごとに分けて立ててきました。
漠然としていて、自分の力だけでどうにか出来ること以外もありますので、お頼み的な目標まであわせて、だいたい大きく3つくらい立てておきます。

未来に現実的な希望を見て 目標目指して一歩ずつ歩いていくと言うそれは楽しく、何よりのチカラが湧いてきます。


 一方で、ちゃんとした食事をとったり、健康法や有酸素運動したりの 生活気遣い的パフォーマンスは、あまりになげやりになったままでした。
これは良くない。


日々しっかりと、周りへの感謝、生きている感謝を忘れずに。
精進していく足は止めずに。
感謝の正拳突き、100万本です。(某マンガ風)


星の光る峠にて。
被災地を歩いて、戻って来た靴達と。
DSC_0202e20111230143840.jpg
F5.6 25秒開放 ISO100

DSC_0212e20111230143900.jpg
F5.6 1/13秒 ISO800

* Nikon D40x

スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。