1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
  12 ,2012

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: バックパッカー 2012.(上海、日本最西端、日本最北端、日本一に登ろう)

Tags: 紀行文  再開発  町おこし  シェアアトリエ  リノベーション  スピリチュアル  女子  umikagu  

Comment: 0  Trackback: 0

女はつらいよ~閑歩編30〜(完結ストリートドラム編)
 内房線で辿り着いた先は、千葉県・富津市金谷。


ここに、「KANAYA BASE」という、
20代の若者達を中心としたNPO法人が運営するシェアアトリエがあった。


横須賀からのフェリーが発着する港のある街であり、都心からアクアラインを経由すれば車で50分ほどで着く。

私は電車で2時間40分かけて、ゆったりと行った。


 そこで10年間放置されていたホテル&フラワーハウスを、アトリエ&シェアオフィスとして再生している。

表現の場を“世界”に求める方たちのためのベースキャンプとなっていて、20代の方々が中心となっていて、イベントなども行い、町の活性化につなげようとしている。


とても面白い同世代のアーティストさんがたくさん。
みんなが潰れたスーパーの二階で生活を共にしながら、制作をしている。

 飛び入りで出会い、幻想的なキャンドルnightで、私も拾い集めた缶や、ガラスのコップで、演奏をさせていただいた。
音を奏でると、ろうそくって、応えてくれる。そして語ってくれる!

地元の人は足を止めて、話しかけてくれる。


みんなあたたかくて、アツイ人達。

世界が終わらなかった日の夕食を、こたつに足を突っ込んで、食べる。

台所で、ガチ本気の"夢"や"作り手としてのヨロコビの瞬間"の話しをしながら。

KANAYA BASEの写真を見る!

DSC02656e20121231072236.jpg

DSC02720e20121231071954.jpg

DSC02707e20121231072131.jpg

DSC_0025e20121231072039.jpg

430586_311308232313373_402007940_n20121231072015.jpg


『昨年まで、もう何年も飛行機に乗れなかった』
と言う事を、忘れてないのは、もはや私だけだろう。

 人との繋がりって不思議で。
一気に引っ張りあげられる事もあれば、ドン底の涙も見る。

『自信って、自分との約束を守った量のこと。』
引っ張り上げられるタイミングで、日々の準備があるかが、ものを言う。

ほんとうにほんとうに良かった。


* Nikon D40x + Cyber-Shot TX10

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅    ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。