1
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31
  12 ,2015

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: 生活

Tags: #ただのコラム  #写真  #カメラ  #フィルム  #レンズ  #銀塩カメラ  #東京  #上野  

Comment: 0  Trackback: 0

歳末のアメ横で、あれこれ
「歳末のアメ横を、フィルムカメラで撮ってみたい。」


!!!!

お仕事ついでに家にあるフィルム一眼を引っ張り出しましたが、

フィルムがなかなか手に入りません。


通り掛かりで、見つけたのが"町のカメラ屋さん"でした。

「フィルム下さ~い」

「フィルムなんて珍しいね!タダであげるよ」


「・・・★(状況がのみこめない)」

「期限が切れそうなんだよね。だから、それタダであげるよ!持ってってちょうだい!」



\( 'ω')/ウオアアア

th_FH000002_e.jpg

th_FH000009_e.jpg

th_FH000019_e.jpg

th_FH000023_e2.jpg

th_FH000015_e.jpg

th_FH000020_e.jpg
* FUJI SUPERIA PREMIUM 400


おじさん、ありがとう。おかげで、いい1日!
周り人のおかげで、
今日も撮ることを続けられています。


と大真面目に感じながら帰路につきました。





そう言えば

「私は周りに恵まれていると言っている女子」ということを題材に、
まぁディスっている内容であろう記事を見かけたことがあります。


わたしって人望があるの♡
だから周りのみんなはわたしに親切にせずにはいられないのよ~♡
毎日とっても幸せ♡






( ゚д゚)、ペッ。

と言う風に見られているのでしょう。


(わたしも( ゚д゚)、ケッと感じるときありますよ。)


でも、「幸せ♡」って、
本当にそう感じているから、
そう言っているだけなんだと思うのです(笑)



モヤモヤした気分で、それ(男と女)ってどうしてこんなに噛み合わないんだろっ?

と思っているとき、


ふと本屋で見かけたのが 「男脳・女脳」を題材にした会話集の本でした。


2000年ごろ発売され、一大ベストセラーとなった
「話を聞かない男、地図が読めない女」

という本がありましたが、


男女ともに根本は原始時代から何も変わっていないのだそうです。



人間は原始時代から、男性と女性における仕事の役割分担がなされてきました。

当時、男性は狩りに行って食糧を調達する役目を。
女性は近くの人たちとの調和をはかりながら、木の実を採ったり、子供を育てるという役割を担っていたのです。


男性は、命懸けで狩りをし、獲物をとればヒーロー扱いですから、
競い合い、グループを組織して上下関係を作ります。

女性は、同じ洞穴内に暮らす同じ群れの女たちと、一緒に過ごしたりして一日を送るため、
互いに共同で考え、助け合い、横の人間関係の調和を取ります。




これか(・∀・)
すごいストンと落ちた!






例えば一人がトップに立っていて、その人がグイグイみんなを使っていく「ピラミッド式」。
わたしは(そういうやり方を求められているのだけれど)イマイチ興味を持つことが出来ません。



「 行動も、手柄も、責任も、縦方式って、


  なにそれ?ヘ(゚д゚)ノ  」



などと記事に書いたとしたら、先ほどの件とは反対に、ディスってしまうことになるのでしょう。



「私は周りに恵まれている」



それを口に出すときって、高飛車な自慢でもなんでもなく、

ひとつめは「調和」を取っている。


ふたつめは「一人じゃなーにも出来ない。」

アリガトォー゚('-'*)


と思う気持ちではないでしょうか。


日々のちっぽけな暮らしの輪の中で、同じ方向を向いて、一緒に考えられたときは、小さな幸せを感じる。

いい事って記憶からすぐに逃げてしまうから、口に出して(文字に書いて)周りの人に、ありがとうと言えることを逃さない。


素敵なことじゃないですか、恵まれていると言えちゃうほうが♡(調和)




/////////////////////////////////////////////////////////////////


※「男性脳」「女性脳」は存在しない、という研究結果もあるそうです。


なので続いて「一度男だとか女だとかの枠組みを取っ払った上で、
自分について考えてみよう」

というテーマのLGBT、セクシュアルマイノリティの本を、読んだのでした。


嗚呼、歳末。

* MINOLTA α303si

スポンサーサイト

テーマ : 生き方    ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。