3
4
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2016

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: バックパッカー2016.(香港、ベトナム、ラオス、タイ)

Tags: バックパッカー  紀行文  女一人旅  流れるイオタ  東南アジア  タイ  ただのコラム  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

冷静なフリをした情熱 タイ⑦
タイ飯を食べるほど、元気になる気がします。

初めての雨季。バックパック10kg。


ビザを取ろうとしても取れません。ミャンマァ..,゜゜(´O`)°゜

次の土地に移動しようとしても雨ばっかりで出れません。



おかげで今までの旅とは全然違くて、根を下ろし、
現地で会った友達と美味しいものを食べマッサージをして、
束の間の暮らしに委ねるという暴挙に出ていると、

「旅とはこうしなきゃいけない!」みたいな他人軸で決められたシガラミがふるい落とされていって、
自分にとって正しいと思えるものだけが残る気がします。


その間にも情熱とアイディアは溢れ続け、足は動かしているのですから。



ひとつずつの縁を丁寧に紡いでいくようにいると、

表現で伝えると決めたからには、創る場所や時間を作ることを仕事にして生きていかなければならないと、

改めて思います。


日本で別の仕事をしながら、たまの休みに人に伝えるところには、もう戻れない。


th_DSC_0184e.jpg

th_G0801676e のコピー

th_DSC_0089e.jpg

th_DSC_0101e.jpg

th_DSC_0169e.jpg

th_DSC_0171e.jpg

th_DSC_0178e.jpg

th_写真 2016-06-19 22 19 04

* Nikon D5300

スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。