1
2
3
4
6
8
9
10
11
13
14
18
20
21
22
23
25
26
28
29
30
  08 ,2016

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category:

Tags: ウイスキービアキャンプ  嗜好品  長和町  アウトドア  車中泊  ただのコラム  紀行文  

Comment: 0  Trackback: 0

真夏に降る雪のような
@長野県 ウイスキー&ビアキャンプ

諏訪湖の近く。車中泊から目がさめると深い霧の中で紅茶が差し出された。

th_DSC_1231e.jpg


2016年8月は、今までの漫画みたいなドタバタ人生の中でも激動だった。

わたしは色んな土地に人に会いに行き、反動でアタマが混濁して部屋に転がって、色んな人と向き逢った。



今月、何度目かの公開処刑された事で、寝起きから心とアタマが痛む。


キャンプ地の霧の中では、朝からライブイベントが行われていた。
「シンガーソングライターです!」ってMCで喋ってた子が、思いっきりカヴァーを演奏している。


「営業してきてよ」のメールが来て、
プライベートな時間だから、更にアタマが痛む。


(師匠に聞いたら、ニューヨークがあまりにパワフルな街なので、結構落ち込む人が多いのだそうだ。)
th_写真 2016-08-30 19 52 03



焚き火を囲んで、ウイスキーを嗜む時間。

夜にはちゃんと夜の暗がり来て(都会にいると夜は無い)、すべてが自然だった。


th_DSC_1239e2.jpg



他人の普段は隠してる ありのままの姿(素直にやりたいこと)を見抜く事があって、

受け止めて、受け入れて、抱きしめて、元の場所に返してあげる事が出来る。

その人は例外なく伸びていく。と自負している。


ただし自分の行動力や、自分の音楽がそう言う大それた役割を果すチカラがあるわけではなく、

それを受け止める側とのタイミング次第の結果なのだと考えている。



一度きりしかない人生として、
わたしは、自分の人生を信じている。


自由を愛せる環境は心から最高だ。


みんなそれぞれ、自分の事は自分で幸せにしなくちゃならない。



「幸せって、心の中にあるから。」「幸せって、すぐ足下にあるから。」みたいなやつでもあり、

結局は、"いま優先したいもの"に向けて行動するから

みんな、"目標"を、手におさめられているのだと思う。



だけど、わたしの重たい荷物も、誰かひょいっと傍らでずっと持ってよとは思う。

th_写真 2016-08-30 19 52 01


* Nikon D5300

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア    ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。