1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

【旅のお話です、雑誌に掲載されました!!】
お世話になっている出版社さんから久しぶりに発行されました、

音楽批評誌「ゴールデン」の巻頭グラビアに、旅の写真エッセイを書かせて頂きました


Webで公開されたので、ご紹介させていただきます!ありがとうございます。


まず巻頭に掲載されたラオス紀行のエッセイと写真の原案がこちらです✨
タイトルは「真冬に熟れる。東南アジア最後の秘境」。

http://www.iotabi.com/2016/06/blog-post_7.html

thLuangPhabang1.jpg
thLuangPhabang2.jpg


本誌にはこれとあともう1本のストーリー「前田紗希のAROUND THE SOUND〜イギリス編〜」が掲載中。

初めてバックパックを背負って出たのに、スペインでバスに置き去りになって、右も左もわからず震えながら辿り着いたロンドンで縁が繋がりドラムを演奏するまでの ジタバタ・ハートフルエッセイ


マヌケ面をして歩いているわたしは、旅に出ると毎日のように道を訊かれたり写真を頼まれたりします。道を訊かれた日って、なんだか嬉しくなるんです。きっとその街にスッと溶け込めてるのだと、思っちゃうから。

香港で拉致られかけ、ラオスの世界遺産は理想郷がちっとも自分の理想郷じゃなくて心を閉ざして眠った。

あれ、おかしいな、でもね。"道を訊く人々"とのやりとりをヒントに感じた人生の機微がありました。
そんなお話です。

これからも頑張ります!


お買い求めはコチラから
amazon▼

(玉川企画)

■□■□■□■□■□■□

【g.o.a.t】というサービスが素敵で、BLOGを移行してみました。

https://maedasaki.goat.me/
まず、写真がめちゃくちゃ使いやすいです!よろしくお願い致します!

近況は、流れるイオタ名義の【Twitter】で。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。