FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
09

Category: 音楽

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

後記
◆6/4後記 Cosma Spaco -星野泰晴(key)、永井晋一(ba)、前田紗希(ds)、秀雪(B.sax)、エリヲ(perc)、浜川由季(vo)、三ツ橋大輔(gt)-

 ロックドラマーと、ジャズドラマー。
何と言うかずいぶんリズムの取り方が違うのではないかしら。と思ったりする。

それについて、「ロックドラマー ジャズドラマー」などと検索すると、中々面白いです。

 有名な超一流ドラマーでさえ、ロックドラマーからジャズドラマーの癖になるには「丸1年間ジャズ浸けの生活をしないとダメだ」、と言うコメントがあるそうで。
いかんせん、ロックプレイヤーはロックが好き、ジャズプレイヤーはジャズを聴くのが好きと言う、スタート地点が有るのかも知れない。(やってくうちに広がるのだろうけど)

と言うのは転載。


「ジャンルで括りたくはない」
今や周りに、そう言う人声が大きい人が多かったりする。
これは自分自身も制作する時に、小さな声を中くらいにして言い続けていたことだったりした。

先日ブラジルに行ってきた先輩のドラマーさんは、「日本人は演奏をアタマで考え過ぎなのかな?」
と言っていた。
(昨年はNYへ行き、来年はアフリカに行くそう!)


自分はジャズの舞台にはほとんど乗っかったことがなくて、その畑での経験値が無いに等しかったりする。

 染み付いた手癖足癖、まず一拍目に「ドン!」も無ければ、バックビートも無い。
猛烈な轟音の中で、歌うようなドラマーなんて言われて、その気になっていたけれど、
右手と左足を軸にしてイザ! ジャズで掛け合いを歌おうとすると、ちっとも歌えない。

ノリ、テクニック、ダイナミクスの付け方、会話…途端に力不足の重圧。
「できない、できない」ばかりがたくさんあるんだけど、きっとそんなんで掛けられた声じゃない。
って考えると、途端にポジションが分からなくなって。。。
アタマは固くなってしまった。


 今回のライブの首謀者、ジャズ鍵盤弾きのパワフルでえびす顔のヤスハル君が仕事で中国へ行っていた半年間、意表を付かれた様に、好きなアーティストのファイルが送られてきたり。
時々、音楽についてメールであっつく真剣に語っていた。

『普段、他ジャンルをやっている人達が集まって、それぞれの良さを活かしながらライブをしたい。』
そう言ったコンセプトで、帰国第1日目からライブの打ち合わせをした。

 今回はリアル同世代の色んなフィールドのプレイヤーさんと共演させてもらえたと思います。
陽気なレゲエベーシストのしんちゃん。大好きな天才アフリカンパーカッショニストのエリヲちゃん。バリトンサックスの魅力を教えてくれたひでちゃん。妖艶ソウルボーカリストのゆきさん。太陽みたいなギタリストのだいちゃん。

個人のプレイヤーとして、みんながみんな日々色んな場所で演奏している中で、
こうして共に演奏できるって奇跡を思ったとき、

宝物をひとつ見つけたかな

と思いました。

自分なんてまだまだ、本当にまだまだ。

DSC_027420110609230850.jpg
*Zildjian ZHT EFX 18。"電気的ホワイトノイズ"を再現するらしい、穴空き。先週末のライブでデビュー!
パーカッションの子とモグラたたき遊びをした。ドジな気質なので、穴にハマらないか心配です



◆6/5後記 annayamada(Vo&Pf)×前田紗希(sound effect)×Ayako(Vl)

 渋谷宇田川にあるリエゾンカフェにて、少し内気な女子三人で電気を使わないコンセプトでのライブ。
密かにチャリテイしました。

個人的にパーカスは、約1年ぶり(笑) ドキドキ、と言うよりヒヤヒヤでした。

一昨年~昨年に、踊り子の人達と河原でフィールドミュージックをヤラセテもらっていたので時々使ってたんだけれど、それから、しばらく遠ざかっていて。。。

今回のチャリティーに誘ってもらってから、久々にカホンを叩いたら、手がグローブみたいに。
それからの日々、小物楽器を買いにアジアンショップに行ったり、夜中にお母さんと手作り楽器をを作ってみたり。
準備期間も楽しかったです。


 でっかい缶を叩きたくって「レストランにあるみたいな 珈琲やトマトが入ってる大きい缶はないかな?」
と友達に相談したところ、前日のライブにでっかい缶を抱えて登場してくれたのでした!

 それとは別に、アンナちゃん宅で2kgのトマト缶を入手。タブラみたいな、意外なほど美しい音がします。

でも、「思ったより使わなかったじゃんー!」との突っ込みを頂きました、ハイ。


それを使ったライブの様子は
リエゾンカフェのブログで、『音楽とは音を楽しむことだ!』と言うタイトルで、写真入りで紹介して頂きました★

リエゾンさんのゴハンは「体に良いものでありたい」とオーガニックの素材を使っていて、群を抜いて美味しいと思います。本や音楽、アートが好きな方も是非に。


ピアノも弾いちゃいました。また一歩進んだ経験が出来て、今後にも活かしていけそうですヽ(゜▽゜*)


3人の売り上げは全部、パンダマークのWWFに寄付をしてくれました。アンナちゃんありがとう。

*以下転載
正直被災者の方々に直接お金が支給されるような募金はあんまりしたくなかったので
WWFにしました
被害にあった土地が元の美しい自然を携えた土地にならなければ
植物も動物が生きることができない 
動物が生きられなければ人間も生きられないということです。
人間に付随する問題だけではなく、環境問題という広い視野から被害の調査をして 
その土地を助ける方法はないのか
今後どうしていけばいいのか
そうした事を前向きに考えている団体の活動を支援したかったのです。
ご理解いただければ幸いです。

DSC_027520110609232707.jpg


5~6月は震災の影響で延期になった仕事がなだれ込んできました。

ライブやレコーディングにもたくさん参加させて頂き、

毎日の様に機材を持って仕事先に行き、だいぶサディスティックなスケジュールと化していましたが、

6月末からヒマ疑惑があるので、

久々にバカ企画で、一晩中歩け歩けナイトウォークをしたり、

沖縄に飛んだり(飛行機!)しようかと思っています。

DSC_027820110609232505.jpg
*3歳児と作った父の日の制作。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment