FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
23

Category: バックパッカー 2012.(上海、日本最西端、日本最北端、日本一に登ろう)

Tags: バックパッカー  紀行文  海外  ドラマー  中国  上海  

Comment: 0  Trackback: 0

女はつらいよ~閑歩編21〜(とりっぷto上海編 no.1)
12時、上海虹橋空港に到着。
飛行機の中で、西安~ウルムチまでシルクロードの列車旅を見ていた。

空港からホテルまで送迎の車があったのだが、実に家族連れ46人を待っているとの事で、自分たちで地下鉄に行く事にした。
「地鉄三日票」45元(580円)を窓口で買う。3 day passと言えばいい。
相方のあやちゃんはニューヨーク帰りで英語が堪能だが、中国は英語が殆ど通じないのであった。
DSC0182920121024013434.jpg

宿泊先であるインターコンチネンタル浦東へは地下鉄で45分ほど。駅からズイブン迷子になってしまって困った。
とても近代的な街並で、コンビニ(セブンイレブンやファミリーマート!)や外食産業、ショッピングモールが立ち並ぶ反面、路上での物売りが多い。
DSC_000320121024013258.jpg

DSC_001120121024013238.jpg

荷物を置いたあと、この日はまず、フランス租界へ行った。
映画のセットみたいなオシャレなアパートや、街並に溶け込むカフェなど、ヨーロッパの路地裏に迷い込んだような気分になれるとの事だった。
DSC_002320121024013320.jpg

DSC_002420121024013340.jpg
デパートやホテル・オークラが並ぶのに、ブティックの店員は居眠りをしていたし、若者向けの安売りの店が立ち並んでワゴンセールをする横には、とても立ち入れないような集合住宅が建ち並んでいた。
何とも徹底していない!
DSC0185320121024013613.jpg


 そして外灘へと移動。いきなり現れた夜景!そこから吐き出される人の数に、ビックリした。
DSC_0068e20121024015042.jpg

DSC_007220121024015139.jpg

アヤシイ魅力のレトロ上海「豫園商城」~1番の目的だったJazz Clubを大満喫。
1020121024014229.jpg
食事は地元の食堂で、100円だか200円だかだった。
何やらもう、私のせいなのか何なのか、めちゃくちゃ歩きまくり&貧乏旅の様相になってしまった。
1120121024014243.jpg

DSC0192820121024014020.jpg

1620121024014315.jpg

1920121024014400.jpg

DSC0193920121024014426.jpg

DSC01956e20121024015057.jpg


華やかな表通りの1本横に現れるのは、真っ暗な路地。
建物は近代的なのに、ハダカの男達が道端での賭け事をする。
物売り、詐欺師、露店に、ゴミあさり。
クラクションは鳴らす為のもの。バイクは歩道も通る。人民の渦。食うか喰われるか。
とてもアジアっぽさを色濃く残す。
もしかしたら、昔の日本もこうだったのかも知れない。まだ高度成長する前の、パワーや可能性を大いに秘めている。。。
DSC0184820121024013521.jpg

DSC0187720121024013913.jpg

DSC0191920121024013935.jpg

しかしながら中国。
上海はダウンタウンを隠すように大きなビルを通りに面したところに建てているようにも思う。
なので表は華やか、ほんのちょっと裏に入ると雰囲気がガラリと変わる。
このあたり、計画的に建造物やその計画をコントロールできる社会主義国家ならでは、なのかも知れない。

DSC0196220121024014445.jpg

* Nikon D40x & OLYMPUS EPL-1
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment