FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
15

Category: 音楽

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

It praises it
例えば自分は、ものすごくシャイであり、
アクティブにうまくしゃべろうとしたいと思うほど、相手の方に
「私or俺 の事、キライ?」って訪ねられたりする。

 ええっ、そんな、キライな訳ないじゃん!むしろ頑張ってます!!
と思っていても、話題はトンチンカンになり、それは達者に言えないのである。
(仮に何らかの人間的好意があって頑張っている場合にはカナシイ誤解だ!)

逆に、どう思われても構わないやくらいだと、気楽になり力が入らず、
溢れるほどにしゃべる事ができるんだと思う。


「すごく難しいこと考えてそうだね。」
「格言とか言ってよ。」などと言われます。
  実際は「おなかすいたなぁー」くらいしか考えていない。

転ぶとビックリされる。
  でも実際はかなり抜けてる気質だ。

「いつもクールですよね?」
  照れ屋なだけ。そんなキャラじゃないのですが。

"ど真っ直ぐな性格"らしいのを、
周りの友達に「そんな古風で世の中生きていけるか心配になるよ」と心配いただく。
  でもやっぱり「おなかすいた」くらいしか考えてなかったりする。


演奏するときに、経験不足の場所で立ち位置が見えないとき、
つい周りの顔色を見て変に合わせようとし過ぎて、
優柔不断な音になってしまったり、猿真似になったりして、 
失敗する。

自分を出していって「やらかした(*_*)」「弾きすぎた」くらいの時の方が、
後に繋がっていったりする不思議がある。

自分だけではなく、色んな人がどこかで経験していることな気がしています。


 うまくしゃべろうとして頑張って「コレハだいぶ上手くしゃべれているじゃない!」って錯覚してるんだけど
そんな時ほどちっともうまくなんかしゃべれてなくって

「僕のことキライ?」って。
それとなんだか似ているや。


 追いたい背中に頂いた小さなヒント達が今回ひとつ実を結んだことの嬉しさと、楽しかった気持ちでいっぱいなので、今回のダブルヘッダーライブを経てのレビューってよりは思った事になってしまいましたが、いつも心から周りの人に感謝です。

そして出会えて感謝が、またひとつありました。

いつか写真を手焼きしてもらう事が出来たなら、それはとても素敵です。

DSC_028820110615032531.jpg

* IS03
 ベルベットサン初のオールスタンディングで、ドラム二台は舞台に乗り切らず客席の中央に。
舞台上に、なほさん、アンナちゃん、啓介さん、足弾きをして飛び上がっていたハジメさん。
お客様とはゼロ距離で、最後にはバスドラがぶつかりそうになるなど、アツい格闘技戦みたいでした。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment