FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
07

Category: バックパッカー 2012.(上海、日本最西端、日本最北端、日本一に登ろう)

Tags: バックパッカー  紀行文  海外  ドラマー  中国  上海  

Comment: 0  Trackback: 0

女はつらいよ~閑歩編25〜(とりっぷto上海編 no.5)
 中国の田舎地方の村出身の方からすると、上海は「仕事の街」なのだそうだ。
仕事を求めて、活気のあるこの土地にやって来る。
街のドコに行っても忙しい感じで、空気が悪く、、、『住むなら選ばない』とか。

 通りには個人商店がズラッと並んでいる。相変わらず店員は居眠りしているし、放課後の子供は働いている。
空から滴が落ちてくるので、おや?と思って見上げると、洗濯物が突き出して干してある。
集合住宅が多く、とても足を踏み入れられなさそうな頑な雰囲気が漂う。
DSC0226020121107032139.jpg

DSC0226520121107032210.jpg

DSC0226720121107032259.jpg

DSC0226920121107032318.jpg


 ありとあらゆる中国茶が集まる天山茶城。
基本的には卸売り専門だけれど、個人にも売買はしてくれる。
まるで映画のセットみたいな独特の空気。賑わっているのか、閑散としているのか。時間になると店員が廊下に出て来て、揃ってラジオ体操みたいなのをしている。お客の姿はチラホラ。

DSC0227520121107032345.jpg

DSC0227620121107032410.jpg
ドコを見ても、お茶、お茶、お茶!
DSC0227920121107032430.jpg


 その中でも丁寧な対応をしてくれると言う、日本人にもおススメの「茶叶季節」を探して歩いた。
フクザツな茶城に中を歩く事30分、ようやく見つける事が出来た。
店長は、余さんと言う、日本語が上手な女性だ。
DSC0228220121107032448.jpg

 たくさんのお茶を目の前で淹れてくれ、選ぶ事ができる、ひとつのお茶にも葉っぱのランクがあった。
あまりに丁寧に教えてくれるので、思わずメモをとってしまった。
お店のスタッフは全員女性で、お土産用にと可愛い小売りのラッピングをしていたり、細やかな気遣いが特徴である。
DSC0228420121107032506.jpg

DSC0228520121107032526.jpg

 私達は始め、たくさんのテイスティングをしたぶん、どうにも高額な金額をむしり取られるんじゃないかと内心ヒヤヒヤしていた。
だけれど試飲代金は一切掛からず、卸売りらしい「とてもとてもリーズナブル」な値段で購入する事が出来たので、とても安心した。美人店長の笑顔付きだ。
「日本から、大量に買い付けに来て下さる方も居る」と話していたけれど、中国の中にあって、こう言う誠実な商売をしているのだから、とても頷ける気がした!

DSC0186420121107030835.jpg

* Cyber-Shot TX10
スポンサーサイト



テーマ : 中国旅行    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment