FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
24

Category: バックパッカー 2012.(上海、日本最西端、日本最北端、日本一に登ろう)

Tags: バックパッカー  紀行文  女一人旅  北海道  稚内  最北端  宗谷本線  宗谷岬  ノシャップ岬  

Comment: 0  Trackback: 0

女はつらいよ~閑歩編27〜(最北端編 no.2)
 内房線は1時間に一本だった。

木更津まで行くには、川崎からアクアラインバスでも良かった。

横須賀からフェリーを使えば、もっと早かった。

けれど、私は電車を選んだ。
閉所恐怖症なので、なるべくドアがこまめに開く乗り物を好むからだった。

列車は田んぼの中を走って行く。右手は海岸線が広がり、左手は田んぼ。

そう言えば私が最初に蛍を見たのも千葉だったことを思い出す。

田んぼを抜けると、すっと海岸線を走って行く。
そうするとどうしたって稚内で体験した、 「果て感」 を思い出すのである。

///////////////////////////////////////////////////////////////

 稚内駅から少し歩いたところにあるバス停から、ノシャップ岬行きのバスに乗る。

DSC_017520121225030404.jpg

 稚内の小中学校は二階建てで、あまり広いとは言えず(想像するにとても広大なものだったから)、肌の色は透けてしまいそうな程白い。

DSC0239020121225030616.jpg

 ノシャップのバス停から、赤白の灯台を目指して5分程歩くとノシャップ岬に着く。

DSC_015820121225030018.jpg

途中ところどころライダースハウスや食堂があり、野太くて賑やかな談笑が聞こえてくる事がある。
港町らしくハエが多い。

他には何も無い。

DSC_015620121225030103.jpg

半袖の時期でも、『今にも流氷が流れて来そうに思うくらい』荒涼としていた。

19時を前にして「ここにこのまま居たらマズイ!」と焦った。
それほど、ほんとうに誰もいなかった。


時折、カメラとバックパックを持った若者がウロウロとやってくる。私も同じだ。

DSC_014320121225030038.jpg


 稚内の街はところどころにロシア語表記がある。
「なにもない!」と聞いていたけれど、生活するには充分な賑わいで、市場あり、スーパーあり、コンビ二あり、映画館あり。遅くまで営業してそうな店も多そうだった。

ただし「この先はもう無い、果て」と言う雰囲気は醸し出している。

ある種の特殊性が出過ぎていて、その感じは、深く刻まれ過ぎるものだった。

DSC_020720121225030129.jpg


 港の食堂を眺めて、その足で稚内天然温泉"港の湯"に浸かる。
夜の湾内では魚がキラキラ光っていて、網を出せば、いっぱい掬い上げられそうだった。

DSC0242220121225030443.jpg

DSC0242420121225030507.jpg


旅が好きで、腕だけはいつの間にか日焼けを重ねてしまったものの
私の肌の色は、色だけなら驚くほど、この地に似合っていた。

DSC0243020121225030424.jpg

* Nikon D40x
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道の旅    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment