FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
15

Category: 音楽

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ukigumoその2
その2
リリース特集ページ!!(本日付け。その1のリンクとは異なります)
http://ototoy.jp/feature/index.php/2013021501
『泣けます』
の予定が、メンバーがダウトを発見してしまった。タイトルが江戸浮世絵ばりの渋いものになっていて、全員で腹を抱えて笑ってヨロコンでしまった。
 レコ発の予定はしばらくありません☆と言うのも、もうすぐメンバーが出産予定なのです(^o^)/

~~
 今から6年ほど前、国立音大出身の女性3人によって結成された3ピース・バンド、シェリーズ。現役女子大生が轟音で変拍子を多用したサウンドを鳴らしているという要素も相まって、耳の早いリスナーの注目を浴びることとなった。
 もちろん、そのサウンドがエッジーで勢いがあったことは間違いなく、3曲入りのCD-R『浮く足』は、新進気鋭のレーベルとして動き始めていた残響recordよりリリースされた。しかし、まさにこれから本格始動すべきと思われた最中、シェリーズは活動を休止してしまう。

 その理由が何だったのかはわからない。大学卒業とともに進路の相違があったのかもしれない。メンバー間に亀裂が走ったのかもしれない。しかし、そんなことはどうでもいい。6年近くシェリーズの活動が途切れてしまった事実には変わりがないのだから。それをもったいないと思うかどうかは人それぞれだけれど、6年ぶりにリリースされることになったシングル『浮雲ままならぬ』を聴いて、期間があいたことなんて関係ないと思ってしまった。シェリーズはシェリーズだった。6年経とうが、シェリーズはエッジーで挑戦的でキレキレなサウンドを鳴らしていた。

 今回の音源は、2012年12月からわずか2ヶ月という短さで制作された。6年ぶりのシングルが1曲のみというところに潔さを感じる。わずか4分半ほどの時間に、彼女たちの6年が凝縮されている。そこに執着のようなものは見えない。シェリーズはどこかに属することもなければ、自分たちに縛られることもない。この距離感の取り方と、一瞬にかけるエネルギーこそ、シェリーズをシェリーズたらしめている要因なのだろう。そうした彼女たちの本質が失われない限り、シェリーズは時代にとらわれることなく、我々を刺激し続けるだろう。それは6年前も、今も、そしてこれからも変わらないだろう。(text by 西澤裕郎)

saiun_omote2のコピー20130114015808
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment