FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
03

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

なんくるないさ
「生きてく時間は、挑戦し続ける事かも知れない。」
フトンに入った時、思った。

自分の内面次第で何とかできそうな日常の事柄の範囲で、
目標を持ち、覚悟を持ち、
「ぃよ~~ぃ、スタートっカチン!」ってなった そこで、
よく ドキドキしたり、尻込みして逃げ出したくなったりするけど

そんな時には
必ず、そこに費やした時間達を思い出す。
費やしたのか、費やしてないのか。

---------------------------------------------------------------------------

 乗り物系の最後の難関は、飛行機にもう一度乗れるようになる事!だった。

 電車→バス→長距離列車→送迎車→夜行バス→船
と着実にステップを踏んで来まして。次なる目的として、去年からキッカケを探しては燃えていたのが、この飛行機ちゃん。

 そして、そのごく個人的な目的のキッカケとしてやってきたのが、最近の自分のスタイルではおなじみの「移動しながらの旅」じゃなくて、少しリゾートな「女子旅行」だった。

なんて甘く退屈でドキドキな響き。

高尾山日記にも登場している おなじみのカメラマンの妹分ちゃんと、大人としてものすごく憧れる部分を持っている大好きなPAの先輩達と。


 行きの飛行機内では、こぶしを握って、みんなが心配してくださった。
何故なら「能面みたいに真っ青だったから」だからだそうである。

そんなこんなも すぐに昔の感覚を思い出して、無事に到着。みんながいてくれたからに他ならない!

旅行は、蓋を開けてみると素晴らし過ぎました!
最高でした。


 A型女4人でレンタカーを借りてある島を回ってきたのですが、アバウトな空気なのに、楽しみ切ろうと気合い入れて、きっちり時間通りにスケジュールを立てて回るとこ。
常にテンポ良く漫才みたいな会話の中に、目を凝らさなければ通り過ぎてしまうような思いやりがたくさんあったとこ。
朝夕の自由時間になるたび 妹分と海に探検に行って、ジムがあったので毎夜2人で鍛えて(彼女達がどんなに泡盛を飲んでいようと。。。)、ちゃっかり冒険心も忘れないように居られた(´ω`)

 太鼓の演奏も見ました。スティックのにぎり方がすごくキレイで、
「食事も食べずに、口を開けて見ていた」みたいです。ゴメンナサイ!!

行った土地もピッタリきたものがあってじわじわと心を奪われていった。確実にハマりそうです。

DSC_046720110703163658.jpg

 そこでふと、ライブをした時と同じことを感じました。

周りのみんなが、美味しそうに食べていたり、笑っていたりする時に、それを見ているととても幸せを感じる。

 だけどそれは他ならぬ自分だっても、その想いの中に居させてもらってるからなんだろうって。
【幸せを見ながら 幸せを感じている時】に、それを受け止めてもらって居る事を知っている。

見えないキャチボール。

そうでなければ、正直なところ、悔しかったり、羨ましかったりして。
「ここには無くって、他人にはある何か」を、外側から見る気持ちになりながら、枕を濡らす思いだろう。


「一緒に居ると、色んな事を実際にやってみるキッカケをもらえるよ、ありがとう。」
最後の晩に妹分に、そんな事を言ってもらえたけど、

こちらこそ、「ここまで連れ出してくれてありがとう。」て。感謝です。

DSC_048820110703163803.jpg


  『みんなが居るから大丈夫(本当に周りの皆様です)。』

小さな覚悟を感じる場面に出くわすたびに、そう思えるのは、
過剰な干渉のし合いではなくむしろ、
身近な誰もが持っている背中、先を歩いて行くたくさんの背中に 追い付きたいからなのだ。


そう思うと実際、ありがたさが次から次へ わいてきて眠れなかった。


帰ってきてしばらくするけれど。それぞれの日常の中に戻りながらも 余韻が抜けなくて、
失恋して心に穴がぽっかり空いたみたいだねって。

思い出を共有できるとき、人と旅するのはいいものだと思う。

そろそろ旅に行かないと、溶けてバターになりそうだったから。

* Nikon D40x + 52mm CPL
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment