FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
27

Category: B級・不思議スポット

Tags: 再開発  行政  不思議スポット  

Comment: 0  Trackback: 0

川まで行かない河原
太鼓の練習だってしていた地元の多摩川が、毎年花火の乱射でニュースになっていて、遂に有料BBQ場になった。
赤いコーンで囲いがされていて、川まで近づくことは出来なくなった。狭いその範囲を出たら警備員が笛を吹くから、混雑はまるで満員電車だ。

だるまさんが転んだして はみ出たらピッ。シャボン玉やってる子供にピッピッ。馬鹿騒ぎしてるチャラ軍団にピピピッ。
苦情が来るのだそうだ。

笛の音を聞きながらのBBQは、非常にオツでありますな。あー落ち着かない。

だけど、終わりの時間が近付くと、みんなきちーんと片付けて、綺麗に去ってしまう。
日本って妙だぞ。

---------------------------------------------------------------------------------------
以前、そこに置いていかれるゴミの処理代金だけで市政を揺るがすほどの酷さで、それとあそこでDJ的に機材持ち込んで爆音で音楽かけて飲み会を盛り上げるとか、そういう騒音などの公害に対してできる事として、人を制限するっていう事になったのだそうだ。

制限されなければモラルを守れない人間が増えすぎた、って言うのが痛いほど分かる例で、それがものすごく哀しく映った。
それでも守れない人は守れないから笛が鳴り盛るんだもの。

全面禁止になる場所が増えて居る中で、こう言うひとつの方法を取った(取ってくれたとも言うべきか)と言うのは、すごい事だと思っていて、その変化を見て行きたいと思った。












* iPhone
スポンサーサイト



テーマ : 東京23区    ジャンル : 地域情報

Comments

Leave a Comment