FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
08

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

美しい曲を書いて、のたれ死ぬ
多摩川(小田急鉄橋付近)日の出、6時35分。
野球場までの道は、貸し切り。

進むか、終わるか。考えるとしますか。

DSC_0078e20140208083018.jpg

作曲家のゴーストライター問題ついて騒がれいていますが、

子どもが自作曲を演奏するコンクールなどでも、

大人の先生が、ほぼ子供の作った原形がどんなものだったか思い出せないくらい、
先生の曲にしてしまうことがあるみたいです。


作曲って、他の芸術と同じく自分で創造するところに意味や喜びがあると思うのですが、

教育においても勝負に勝つこと(≒名声を得ること)を優先させてしまうと、

自分の表現を置き去りにして、今回の騒動のような結果をもたらす危険を孕んでいるなぁ、

と言う事らしいです。


 とても大好きに思う作曲家・吉松隆さんの記事、「作曲家という仕事」と言う記事で、

まぁ作曲家と言うのは定収入で、働いて報酬をもらうという正しい意味での「職業」ではない、

と言い切られるところから始まっていて(笑)なんかもう全体的に面白く(笑えないけれど)、更に好きになってしまった。


〜作曲家というのはしょうもないことに、誰にも頼まれないのに突然「交響曲が書きたい!」とか、「ヴァイオリン協奏曲が書きたい!」とか思い付いてしまうんですよ。

例えば交響曲を書いても、初演は5年ごとか10年後とか、ヘタすると死んでからという例がごろごろしているわけです。悲しいことに、これが「普通」ですね。〜


オーケストラ曲がNHKホールと東京文化会館で計3回演奏されて7,800円!

〜1円も委嘱料をもらわず9年もかかって書いて、オーケストラ全員のパート譜は数ヶ月かかって自分で全部書いて、現代音楽協会での初演の時は「作曲者の負担分」として百数十枚のチケット、トータル数十万円分を払って。。一回2,600円じゃないですか!。チケット1枚すら買えない!
ピアノ曲などは南米かどこかで演奏されて「4円」というのがありましたね。〜


現代音楽界って、一般の人にはまったく理解出来ない音楽ばかりなのに、その中では賞とか権威が行き交っていて、なんか怪しい宗教団体的なところがありますよね。

〜「現代音楽なんて音楽じゃない!」と言っても、そんなこと彼らも百も承知なんですよね。
つまり「王様はハダカだ!」と叫んでも、そんなことは家来全員分かってる。

でも、ハダカに「今日のお召し物は素晴らしいですね」とか「新しいセンスでユニークな意匠が光ります」とか褒めていれば、クローズドな王国ではみんな安泰なんです。〜


そもそも、一線で活動している現役の作家というのはエゴの塊ですから、弟子を育てようと思うより「才能がある奴なら、商売敵になる前に潰してしまおう」と考える(笑)

で、逆に才能がない弟子ほど「こいつはオレを超えることはないから大丈夫」と可愛がったりする。だから、教えてもらおうなどと考えてもムダ。

 音大の作曲家教授なんかが審査員に並んでいるアカデミックな作曲コンクールだと、楽譜の書き方やエクリチュール(書式)が自分の楽派に属するかどうかなんです。
と言うことは、審査員の顔ぶれのバランスで最初から当確の作品は限定されると言うことですよね。


お金にならないと分かっていて音楽しかやっていない。これはもう狂気の沙汰です。

交響曲を書いて妻子なんか養えるわけないから結婚して所帯を持つことも考えなかったし、将来のビジョンなんて「美しい曲を書いて、のたれ死ぬ」というだけ(笑)

五十歳を過ぎてもまだ生きてます。これはもう現代の奇跡ですね(笑)


世界に失望することはあっても、音楽に絶望することは決してない。
私たちは別に、生きるために音楽をやっているのではない。音楽をやるために生きているんですから。



嗚呼、覚悟。

さて、進むか、終わるか。考えるとしますか。

スポンサーサイト



テーマ : 作曲・編曲・アレンジ    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment