FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
03

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bread Winner
 近ごろ眠るたびに、地獄で血の池に浸かったり、バラバラ殺人に出くわす夢に侵されていて、起きていてもまるで現実と一枚の膜を隔てて離されてしまったみたいだ。

心身の緊張状態と不運が続くのかな。

時々「もうダメだぁぁぁぁー!!!!」と叫んでる前田に、水枕を下さい。

三月。雪が静かに溶けて行きます様に。



少し古くなってしまいますが、浅田真央選手のラストスマイル。

「暫定一位」と表示されているのを見た時に、鳥肌が立ちました。

日本中が涙した瞬間には夢中になって、それから書き込みなどを追い出したのですが(numberの"ラストダンス特集"は、当時そんなに興味を持っていなかったので残念ながら買いそびれてしまって。)、

書きこまれていた言葉たちは結局「みんな、彼女の笑顔が見たかったのかも知れない」でした。


特に海外の名スケーターから寄せられていた称賛や感動を読んでいて、「自分自身で納得出来るかどうかのスタイルを貫き続けたんだな」と思ってたら、なるほど求道者タイプのB型だったのですね。


2010年の世界バレーで、全日本女子バレーチームか32年ぶりの快挙となるメダルを獲得した時にたまたまTVを見ており、
気付いたらその大会から2012年のロンドンオリンピックでもメダルを獲得するまでの二年間も、同世代の選手たちに熱狂しどれだけ元気をもらっただろうと。

明るい話しの裏側にはいつも黒い噂がささやかれますが、それでも純粋にスポーツ観戦が好きなのは、ふとしたところで元気をもらうからでしょう。

numberの"ラストスマイル特集"は、忘れずに購入しよう。

スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment