FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
12

Category: 音楽

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Re・置き去りに負け犬
置き去りに負け犬

というタイトルのポストをしたのは、多分23歳の時だったと思う。

その頃の自分は、身も心もズタズタ。 砕け散ってしまった未来への希望を再び拾い集める事なんてとても考えられずに居たどころか、諦めて人生を終わらせる気力すら持てずに居た。

そして、ちぎれて荒れ狂って、それから静かに閉じてしまったような心を、時間が解決してくれる事も、まだ知らなかった。

体力的回復はまた置いておいて。


今よりも更にエモかったころの自分たち。
だからネット上にも何でも吐き出した。

大学生の時にバンドでblogを持っていたのだけど、大学内で行った数々のイタズラや、年齢をひとつ誤魔化して音楽コンテストに出演したこと(優勝して賞状をもらった。賞金などは無い)を、むしろちょっと誇らし気にポストしていた。

毎日顔を付き合わせているのに、何に悲しんで泣いたか。何に大笑いしたか、それ(ネット)を通して共有する。
…ある意味不器用なものだったのかも知れない。



2013年の夏、バイトテロと言うものが流行ったとおもう。
「バカだねぇ。どうしてそんな事も分からないのだろう?」
と言われていたけれど、、、あの頃の自分達は「たぶん本当にそれが理解できていなかったのではないか。」ということを覚えている。

もちろんバイトテロは実行したことない。

だけど、それ (実行するかは置いておいて、それを全世界にポストすること) がマズイこと、
バカにバカを塗る事だと気付いていなかったのだとすると、

一歩間違えれば危なかったのかも知れないと、やっぱり思わずにはいられない。

(もしかしたらこのポストすらアウトな事に、今も気付いていないのかも知れない)


私は過去のズタズタを 少しでも思い出すような事に繋がる出来事があると、凹んでしまう。
毎日毎日まいにちまいにち…夢に見て、決して逃がしはしてくれない。

エモくなって、ついポストを通して何かを投げかけようとしてしまうところは変わらない。

しかし自分が悲しいと感じる体験をしたことがあると、周りの人ともいつしか深い話が出来る様になる。

そうして話しを聞くようになってから、周りに転がっているものだけでも、人生は何と辛いことが多いものか。


体験を拾い集めて話しているうちに、あの当時に感じていたのと同じような気持ち、つまり 毎日お腹がちぎれるほど大笑いしたことも、悲しみで破裂したような心もリアルにはここにはない事に気付く。

時間が押し流してくれてしまったに違いないと思う。

しかしながら生きている以上は、押し流してくれるそばからまた次々とやってくることも、心の何処かで思っている。

そしてあの時から日本人の胸には、震災の事が深く刻まれている。

だからせめて生きる世界が平和であって欲しい。
ただでさえ日常には色んなものが転がっているのだから。

DSC_012020140616004736.jpg

*Nikon D7100
スポンサーサイト



テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment