FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
28

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  スペイン  カミーノ  歩き  海外  紀行文  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 2  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.1 ~スペイン編導入~
身近な友人がそれぞれ、ドイツ、アメリカ、中国などに旅立ってしまい、送別会の多い年であった。

昨年の夏頃、英語教師をしている友人にすすめられFacebookに登録してみたのだが、
リンクした友人達の全員が見事に、語学に堪能だと言う事が分かり、びっくりした!

その英語教師の友人は、一ヶ月の夏休みを利用してヨーロッパ横断に行ってしまった。


春。PAの先輩が、自身がドラマーとして活動するのバンドでヨーロッパ全土にツアーに行ったときの事を聞かせてくれて、
「世界には何歳からでも出られるよ。本当におすすめだから」
と話していた。

夏。世界を回っていて 4、5ヶ国語をしゃべることができる年上の友人と、時々映画祭などに行って遊んでいて、
「一刻も早く世界に行きなさい。そのためには英語が必須だよ。」
と言われた。 

その共通の友人で、韓国を自転車で横断した男にその話をすると、
「目的が無いなら行くべきじゃないよ。帰りたくなるから」
と言われる。


秋。イギリスに3年半住んでいた同級生が、ワーホリのしくみを丁寧に教えてくれた。

そして、冬。
何度か語学留学をしていて英語が堪能なバンド仲間と、英詞で作った曲の録音をした、まさにその日に、
暮らしていたアトリエを出た。
しばらく泣き続け、抜け殻だった。


 そのように、往々にして外国の話をたくさん聞いていたのだが、
不思議なもので、その時はどこか国外に行くなんて思い立ちもしなかった。

【何故なら、飛行機に乗れなかったからだ。】

 その代わり電車での国内旅行には頻繁に行っていて、
抜け殻の年始に 「コウナッタラ雪山にでも行こう!」と立ち上がった比叡山(本当にいい場所だった)で引いたおみくじの旅行運は「悪いでしょう」。

本当に思いもしなかったのだ。


それとは別に、そろそろ飛行機に乗れる様にならなければいけない!
と考えるようになっていた。

 国内の旅に行ってきたけれど、基本は全て各駅列車。どんなに時間がかかっても、電車。
特殊な場合だけ新幹線。シーズンオフならバス。もしくは使ってもフェリー。
そのようにして学生の頃以来、どうにも避けてきた飛行機。

その飛行機に乗って、どこか違う場所へ行く事に焦燥感を抱かずにはいられなかった。
昔出来ていた事だから、なおさら。

音楽で飛び立って行く事はもちろん、「夫婦となった友達が海外旅行に行く」そんな図にすら、相当なダメージを感じていた。

早く飛行機をクリアしてしまいたい!

 その思いは強くなり、ひしひしと準備を整え、ついに思い立ったが吉日。
仕事先で仲良くしているサッパリ型 女性4人(全員A型)で、沖縄に行く事にしたのだ!


そして、もしそれが達成できたら…。
 世界を回っている年上の友人による、スペインの「ある場所」の写真を見たときから、いつかここへ行くんだろうと導かれていた場所があって。
そこに行ってしまおうと密かに思ったのだ。

出発までのタイムリミットは一ヶ月。どうしても沖縄で成功させるしか無かった。

そして沖縄行きの飛行機に能面みたいな顔をして乗ったものの、どうにも楽しくて仕方ない旅行となったのだ!
 日記(なんくるないさ)

帰宅した夜、ついにスペイン行きのチケットの入金をしてしまう。
出発はわずか25日後。もう大丈夫、後には引けないのだ。

DSC_0002e20110828234312.jpg

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D

スポンサーサイト



テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

Comments

なつうはじまりかたや~!!!!!
英語の習得は?!英語は?!
ここがその旅のはじまりでいいんよね?

うひゃー!!
そだね、ここがその旅の始まりでゴザイマス。
英語の習得は…聞いてくれるな!!(笑)人類 皆オトモダチとばかり、無鉄砲に飛び出して行ったら、喋れな過ぎて、結構痛い視線見たよ!

Leave a Comment