FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
20

Category: 流れるイオタ

Tags: 流れるイオタ  バックパッカー  ロンドン  映画祭  映画音楽  ライブハウス  

Comment: 0  Trackback: 0

Route iota
流れるイオタ四回目のライブ、

並びに写真展示「AROUND THE SOUND Route iota」が終了しました!


テアトルバチカと銘打ったイベントは、

1920年制作の無声映画に遠藤隆太朗さんがギターで伴奏を付けていて、まさにライブハウスが映画館に変わっていた!イスに座ってポップコーンを食べながら鑑賞と言うスタイル。

「シネマティックジャズ」を自称する流れるイオタは、曲についての背景を説明したコメントを、いつもより多く話しながらのライブをさせてもらいました。


シネマティック音楽の界隈を盛り上げて行けたらいいなと思います。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

去年の写真個展「AROUND THE SOUND」が終わった次の日、私たちは河原へピクニックへ行った。

ひたすらに一人で歩きはじめたはずの河原。そしてその時から撮りはじめた写真。書き溜めた曲。

それが、今は仲間が居て、ツレが居る。
絵みたいにうつくしいストーリーだと思った。


私はそれから、いくつかのものを手に入れ、入れ替わるようにいくつかのものを無くした。


イオタのライブを初めて見に来てくれた みーちゃん(仮名)について参照 と、帰り道に色々な話しをしていたら

「無くしたものよりも、もっとずっといいものを手に入れたんじゃない?」

と言ってくれた。


そう言えば、流れるイオタのレーベル、studio iotaを設立した日、
彼女が「スタジオアルタの"アルタ"」に行ってくるよ。
と言っていたのを思い出して、スタジオイオタと言う会社名がいいかなと思った事を思い出した。

(アルタはノルウェーの北部の街で、驚異的にオーロラが見えるところだ。すごいなあ。)


 イオタで表現している【ストーリー性のある音楽】を会場で聴いて体験してみたのち、
「聴いてると、その曲の情景が浮かんでくる」と言ってくれ、
とても喜んでくれた事を私はとても嬉しく感じたし、

「イオタで世界に行く目標が叶うといいね。」
と声掛けてくれたので、少し照れてしまった。


午前0時10分の代官山駅で。

ちょうど三年前にロンドンのトラファルガー広場へ連れて行ってくれた時に感じた感覚と同じような揺さぶられ方をした。

それは、心の底がフルエルたぐいの揺さぶられ方だった。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ちなみに、私が書いた そのトラファルガー広場のエピソードも含まれている旅日記が、
今夏に発売されるマイナー音楽評論誌の創刊号から連載される(らしい)ことになった。

そしてみーちゃんはと言えば、今度ドイツに暮らすそうだ。




スポンサーサイト



テーマ : なんとか生きてます    ジャンル : 日記

Comments

Leave a Comment