FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
30

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  スペイン  カミーノ  歩き  海外  紀行文  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.2 ~モスクワ編~
ロシア。
着陸の時はジェットコースターみたいで、無事に降りると乗客全員から拍手が沸き上がっていた。

真後ろにいた日本人の若い女の子のグループが、
「年齢には年齢に合った旅のしかたがきっとあるよね。だって安いチケットを買って、こんな怖い経験するのもさ?きっと今しかできないんだから。」
みたいな事を話していた。

 そう、これは「安かろう悪かろう」の典型、「快適さを求めるなら避けた方がいい」「特にスペイン、イタリア、東欧、中東、比較的小さな都市に行く路線は危ない」と名高い、エアロフロートなのである。

 自分は今回、特に悪い印象は持たなかったように思う。
確かに各座席にテレビなどは付いて無かったけれど、こまめなジュースサービス、アテンダントさんたちはそれが仕事だとは言え、ロシア人にしてはずいぶんと笑顔が多かったし。英語や日本語の棒読み具合も面白かった。
不可解な機内食も、なかなか美味しかった様に思う!

 3食の機内食のうち一度、自分のテーブルの機内食にアテンダントさんがぶつかり、サラダがこぼれ落ちて(食べないからいいんだけど)、拾ってくれるどころか、まくしたてる様に「本当にごめんなさいね!」と、紙ナプキンを30枚「ドカッ!」と渡された事があった。アバウトを通り越して面白かった。
(※オレンジ色の大量の紙ナフは、スペインの山中で大事に使わせて頂きました。)


 壁とコンクリートに囲まれた無機質な街を想像していたのだが、カラフルな家がジオラマみたいに実にキレイな間隔で並び、家にはきっちりと庭があって、緑がかなり多い印象!ちょっと感動してしまうくらい。

DSC_0007e.jpg

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment