FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
07

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

おわらない、今日
 ワーホリで海外へ旅立つ友人の退職送別会が、とうとう今週に渡って行われていた。

連日届く沢山の贈り物からは、彼女の人望の厚さがうかがえた。

私は、妹分のカメラマンのユウと一緒に贈り物を選び、
そして百何枚もの写真を撮らせてもらった。(と言うよりみんなして撮りまくっていた。)
旅立つ相手も、カメラマンだって言うのに。


 友人とは、ある仕事で毎日のように顔を合わせている。

地元で同い年で、コアな音楽好きで、写真好きで、旅狂いで、(妹分曰く)なんだか選ぶファッションも似ていて。共通点は沢山あったはず。だけど2人で出掛けた事は殆ど記憶に無かった。


それでも、ロンドンで初めて演奏した時にずっと側に居てくれたり、

私の参加している、ジマニカやイオタにはよく足を運んでくれたり、

イオタのアートワークを絵描いてくれたり、ライブ帰りの午前0時の代官山駅で大事なものに気付かされたり、
日々かっこ悪いとこたくさん見せて、弱い心も夢も吐露したり、

今年、写真が嫌いになりかけていた矢先に、東北の沿岸に旅に行くのに便乗して洞窟へ行ったり。

大切な時には、近くに居た。いつだって、音を一緒に愛してくれる気がしていた。


毎日の中からそのピースが無くなってしまう事に、
とてもとても不安な気持ちになった。

それと同時に、自分に憤りを感じた。
ワーホリへのラストチャンス・イヤー。とうとう日本に留まっているような自分の意気地のなさに。


 今まで数多くの友人が大志を志して海外に消えるのを見送ってきた。

だけど、毎日のように顔を合わせていると言うのはズシッと心に来て、
帰り道に「寂しいよ」と何度も言った。静かに感情が押し寄せてきて。


でも、もし自分がどこかへ出発する立場だったとしたら、
私が追いかけたい背中たちからは、
「寂しいから、行かないで」なんて到底言われないだろう。

じゃあなんだと想像すると、
「こんなところで立ち止まってないで、早く行きなさいよ」なのだろうと思った。


「フラフラしてますなぁ」 「お互いね」

「そこの三十路、何やってんの!」 「うるせー、そこの三十路が!」

「自分の価値観で生きていると、結婚や出産を比較対象に、
いろいろ笑われたり、批判めいた事言われたりするよね」

「うん、でも他人は他人の人生だからね」

「懐大きいよね」 「頭のネジが抜けてるだけだよ」


 友人の背中越しに私は、まだ踏みしめた事の無い砂漠や、見た事の無いオーロラを思う。

「路上で演奏してでも暮らして行けそうじゃん」
と、いつか言ってくれた事を、また思い出す。

何年掛かるか分からないけど、

路上でバスキングしてでも宿代を稼いでみて、そしてまた、そこで演奏します。

きっと。

と思いながら、そっと日本製のピアノのスイッチを入れる。結局、やれるべき事をやるしかないのだ。

自由になりたければ、孤独を選ぶしかない。私は今、日本に大事なものがある。


夏の終わりの空気が絡まっている。この道は一体どこへ繋がっているんだろう。

DSC_0026e20140907182058.jpg

IMG_266020140907183143.jpg



追記

別れって突然に残酷にやって来る事が多いから、こうして仲間みんなできちんとお別れが出来ることって、実は本当に貴重で素晴らしい事柄だと考えながら、数日間を過ごしていた。

最後の1週間は、一緒にクラムボン弾き語りしたり、セッションしたり、たくさん音で遊ぶ事が出来て、とてつもなく素敵だった!


この感じ、どこかで味わった事がある。

 修学旅行だ。

毎日顔を合わせている人達との、束の間の非日常。

夜中には普段話さないような人とでも、いつもならこっ恥ずかしくてしゃべれないような事をしゃべり、その繋ぎ目を愛おしみ、こどもみたいにはしゃぎ回る。

寝たらその時間が終わってしまうのが勿体なくって、寂しさに捕まらないようにと、いつまでも起きていた、あの感じ。

スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと    ジャンル : 日記

Comments

Leave a Comment