FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
10

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Master of life
酸素ボトルを飛行機に積んで、沖縄に旅行に行ってきた私の弟、22歳。

見た目小学生だけど大人になった、重複障がい持ちのアウトドア野郎。日焼けした肌に、6つに割れている腹筋。好物・生野菜。

ちなみに緊急時に酸素ボトルを借りるには、事前申し込みが必要で有料。


とある新聞社主催のイベントで、この時の様子が新聞記事にも載った。


「また行きたい!家族だけじゃ遠出は出来なかった。」と言うのが親の正直なとこ!らしい。

「親の出来ないことをしてあげられるのが福祉制度。」と言う支援者さんの言葉を聞いて、なるほどと思った。日々、支えられてんだ。


そして私達も、そんな仕事に携わってんだよね。

子供達と遊びながらピアノを弾いたりとか、何か役に立っているのか?自信は無いが。

言葉を発することできずとも、一生懸命コミュニケーションを取る私達に一生懸命応えてくれる存在たち。

音楽が聴こえなくたって、振動や動きで楽しんでくれるの。ピアノ弾かせると、弾けるもんだから驚くの。


何年も関わらせてもらっていても、どの子が言葉がしゃべれて、どの子がしゃべれなかったかなんて、いい意味で正直全然忘れてしまう。

その事実にハッとする。

伝えようとする手段のひとつとして、言葉への依存ってそんなに重要じゃないのかも?って。


この腕ひとつを頼ってくれて、人間らしい無垢な個性を沢山みせてくれて、

救われてんのは、私の方だと思う。


そして弟も、「もっと音楽したいー!!」と、叫んで駆け回る駄目バカ姉(私の事です)でも、今のことろは好きでいてくれるらしい。

(これは8月にFacebodook内に限定で書いた記事に、加筆修正を加えたものです)

/////////////////////////////////////////////////////

出来れば音楽の事や旅日記を書いていきたいわけだが、しょっちゅう旅に出るわけにもいかず、日常という時間がある。

家族のことを大っぴらに載せるのってどうかな?と思い、その時はblogには書かなかったのだけれど、Facebookに書いてみて、とても良かったと私は思えた。

そして分かったことがあった。


一つ目は、思いもよらぬところの重身のお子さんの親御さんから、こうした情報を少しでも多く求めてる声を頂いた事。

二つ目は、当事者家族であり且つ福祉に従事することが時々ありながらも、私が無知すぎるだけで、色々なサービスがあるという事。そしてそれに携わった事のある友人が意外といた事!

私たちは音楽家なので、音楽を通して、施設や被災地に慰問に行かれている友人がやはり多いが、他の事も初めて知った。

例えば車椅子でなかなか屋外で遊べないお子さんと海で遊ぶお手伝いをしとして、九十九里浜のおじさま方主催のボランティアで、地引き網などの体験があったり。

その他、障害を持った方が海に親しむ為のサーフィンを教えてくれるNPO法人もあるそうだ。

海外まで旅行へ行った作業所もあるそうだ。重度のてんかんのある子も、ね。

沖縄行けるなら台湾も時間はそんなに変わらないですよね。


みっつめ最後に番外編として、弟とは年齢が離れていることもあり、高校生当時の私は弟の写真を持ち歩いていたらしいということが友人の証言で発覚した。

なので私の友達の中では「永遠の小学生」のまま記憶されているらしいということだった。

カオスみたいな日常をそれなりに経験して、膨大な音楽の課題もこなせなくて、せめて外で休もうと学校の近くの公園でボーッとしがちになってしまったんだけど、

それでも結局、写真を持ち歩くほど溺愛してたのだろう。

ごめん、今はさすがに持ち歩いてないけど。



* Nikon D40x
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと    ジャンル : 日記

Comments

Leave a Comment