FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
25

Category: 流れるイオタ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

【リリース情報】robotラッシュ
 私達の主催しておりますレーベル『studio iota label』より、【流れるイオタ】の音源がリリースされます(・ω・)ノ

iTunes StoreAmazonでの先行DL配信が既に開始!!!


今回の作品は、これまで掲げて来た「シネマティックジャズ」を象徴するようなものとなっております。

phonto20141025012127.jpg


////////////////////////////////////////////////////////////////////

正直これだけの制作規模でも、集中してたら血を吐きました。(豆腐メンタル。)


 これまで通りの制作フローだと、予算がかかることは削ったり断念したり、どうにか自分でやろうとしてしまう事ってたくさんあると思います。

大胆な一手を打つこともまだ今の段階ではなかなか難しいです。

とはいえ制作費用の捻出をしなくては始まりません。

デザイナーさんやエンジニアさん、カメラマンさんなど、自分達以外の関わって下さる人間と仕事を組むときの緊張感は尚更です。


 低予算の為に、生演奏等の予算のかかる録音を断念してしまったり、リハーサル等の費用≒ライブの在り方を見直さなくてはならなくなったり…と、音楽としては本末転倒な件を少しでも減らせればと思いました。


(※坂本龍一さんが「もともと音楽って何万年もの間、かたちのない『ライブ』だった。音楽が目に見えない、触れられないデータ化されたものになっている今、もう一度音楽のおおもとのかたち - ライブへの欲求が強くなっている。」と語っている記事を読んで、なるほどーと!)


 例えばクラウドファンディングと音源制作との親和性を探って行ったりしながら、ミュージシャンにとってより良い環境を作る事が出来たらいいと思っております。


でも実は、難しい事や蘊蓄、時代の流れはよく分かんないです。
音楽が好きです。それだけです。


まだまだ勉強勉強勉強。

焦らず丁寧に丁寧にコミニュケーションを取ることを目標としながら、
みんな巻き込んで楽しもうと思います( ´∀`)


////////////////////////////////////////////////////////////////////


【robot girl / 流れるイオタ】


Music: 前田 紗希 Saki Maeda


Guitar: 矢野 セイジ Seiji Yano

Pianoforte: 小野原 昌弘 Masahiro Onohara

Bass: 永松 徳文 Norifumi Nagamatsu

Drums: 前田 紗希 Saki Maeda


Recorded by 齋藤 哲朗 Tetsuro Saito (世田谷RECスタジオ)

Mixed by 中谷 晃久 Akihisa Nakatani (Studio musica)

Designed by 青山 小鳩 Kobato Aoyama



-ライナーノーツ- Koichi Nihei

robot girlという一機(一人)の主人公とともに、 何かを探しに旅立つようなそんな物語。

「希望のテーマ」と、「絶望のテーマ」、

その2つを繋ぐ「相対する和音」の3部から成り立ち進んで行きます。

では、探しているものは何かといったら、それは ゙感情 ゙と言うものかも知れないと思うのです。

人間に造られた、決して人間にはなれないロボットが 感情を求め彷徨う。

逆に人間の世界に疲れてしまった一人の女の子が ロボットのように何も感じないようになりたいと願う。

願うことが希望なのか、諦めが絶望なのか。

主人公が願うことと反比例して色んな障害が待っている。

希望と絶望の起伏で縫い合わされた日々の中で、何かを変えたいと思う。


夢から覚めたとき、実は悩んだ日々(過程)は感情の固まりだったと 気付くのです。


発売元 studio iota http://nagareruiota.net/
cantact mail@nagareruiota.net

スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment