FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
10

Category: 写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

漂流する教室にであう
 11月3日に閉幕をした横浜トリエンナーレに行って来ました。

みなとみらい地区周辺の会場で、3年に1度開催される現代アートの国際展です。
とても面白かったので、2度足を運んで楽しんじゃいました。

 特に釜ヶ崎芸術大学の展示が大変面白く、時間を掛けてじっくり鑑賞していたかったくらいでした。

あまりに面白かったので、
「釜ヶ崎現地で取材をしている方が知り合いにいるので連絡を取り、釜ヶ崎芸術大学のイベントカリキュラムに参加してみようか?」
と言う意見が仲間内ででましたが、

ネットで調べる限りでは、日本一のマッドタウンとも呼ばれる地域。
どうなのでしょうか。

P101000320141110211047.jpg

P101000620141110211106.jpg

P101000720141110211124.jpg


////////////////////////////////////////////////////////////

 『黄金町バザール』というイベントをやっている地域で、周辺の多文化な下町とも連携をしながらオープンするギャラリー&喫茶 ART LAB OVAさんでご飯を食べながらいろいろとお話しを聞く機会があり、それが大変面白かったので少し載せたいと思います。

ちなみにここは『黄金町バザール』を開催するにあたって、ローカルな移民を紹介してほしいと言われて、半分くらい紹介したのだそうです。

( ※黄金町を撮ったblog記事はこちら )


【トリエンナーレ】
 2001年に第1回展を開催、今回で第5回を迎えるトリエンナーレ。
今回は「まちにひろがるトリエンナーレ」を掲げ、主会場となる横浜美術館、新港ピアのほかに、
[創造界隈拠点連携会場]として、BankART Studio NYK、黄金町エリアマネジメントセンター、象の鼻テラス、ヨコハマ創造都市センター、急な坂スタジオ、などで多様なアートプログラムが開催されました。

 創造界隈拠点とは、横浜市の創造都市政策の中で、アーティストやクリエーターが創作・発表・滞在(居住)することで街の活性化を図る「創造界隈の形成」だそうです。

平たく言うと、臨海部の倉庫や、関内地域の古いオフィスなど空きが多いので、人を誘致するために市が家賃を少し補助したりして、シェアオフィスにしたりしているのだそうです。
(それでも3.11以降は変わってしまって、新しくは全然入らなくなってしまったそうだ。)

トリエンナーレの作品は、今までは寄せ集めみたいな感じだったけれど、今回はテーマに合った展示が集められたという印象を感じたそうです。

P101003420141110211148.jpg


【ラオスのモン族】
 その黄金町に、神奈川県で唯一のラオスのモン族の男性がいらっしゃいます。
元々山岳民族というのは「文明人じゃない」といった理由から迫害を受けており、中国やチベットから移住し、タイやラオス、ミャンマーの国境地帯へ逃れました。

 ベトナム戦争後に難民となった母親が、乳飲み子の彼(黄金町のモン族の男性)を抱えてメコン川を渡り虐殺を逃れ、
縁あって日本の横浜の多文化地域に家族を持ち暮らしています。

だから、日本人には考えられないような「普通の人生を歩むこと」が夢なんだそう。

ART LAB OVAさんのイベントで、お会いする事が出来るみたいです!

P101004120141110212644.jpg


P101004320141110211210.jpg

* OLYMPUS OM-D
スポンサーサイト



テーマ : 差別問題    ジャンル : 政治・経済

Comments

Leave a Comment