FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
09

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  スペイン  カミーノ  歩き  海外  紀行文  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 4  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.4 ~スペイン編~
 朝7:30、マドリッドを出発。
スペイン北部への長距離バスの発着所、「Avenida de America」を目指す。

ホテルの人が教えてくれたバス停から、おそるおそる朝のローカルバスに乗る。混雑しているけれどサッパリとしている雰囲気の車内は、何故か女性ばかりであった。

 Avenida de Americaは、地下鉄と、ローカルバス、長距離バスのターミナルがあって、その全部のフロアが階段で繋がっており、この時点で周りから英語はほとんど姿を消していた。

券売機でチケットを買い、一時間待機。
長距離バス停って、ある種 多民族が入り乱れている感じで、不思議。
9:00出発。

DSC_0015e20110911003632.jpg

***
14:00 ビルバオにて、日本からの約束通りの手順でJ氏にピックアップされる。
そう、J氏こそ導入編で記した「スペインのある場所の写真を撮ったひと」なのだ。

 街中を散策し、どこかでごはんを食べよう!と言う事になった。
ところがシエスタ中なのかどこも空いていないのだ。広い街中はまるで銀座のようだった。
(スペインでは14:00~17:00ごろがシエスタらしい、ビルバオでは16:00くらいまでのところも結構見かけました)

30分以上歩き回って、ようやく一件のバルで交渉成立。
***
DSC_0029e20110909213244.jpg
スペインの家庭料理♪ハモンのトルティーリャ♪手作りプリン♪ 一皿食べるごとに次が出てきて、た、食べきれない…。おいしかった!!

 現在バルセロナに暮らしているJ氏とそこで話していた事、それは「失業率が40%になった今、スペインでは暴動が起こりそう」って。まさかそのあと本当にヨーロッパで暴動に遭遇するなんて、その時は思いもしていなかった。
***
DSC_0042e20110909213305.jpg

 この日の目的地は、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館の分館、グッゲンハイム(ビルバオ)美術館。
この美術館はアートの街として再生したいビルバオ市が、ニューヨークのグッゲンハイム美術館を招聘して1997年に開館したもの。作品群もさることながら、建物自体が注目を集めることが多いみたいです。
ここがとにかく素晴らしくて、今まで行ったことのある日本の美術館の価値観を覆されてしまった様で、見入ってしまった。
たっぷり閉館時間まで見た後も、辺りは22時半頃まで明るくって、とてもおかしな感じがした。
***
DSC_0039e20111104171226.jpg


アルベルゲ(宿)やユースホステルがあるのは、町外れの坂の だいぶ上のほうだった。
 スペイン北部屈指の湾岸都市ビルバオは、かつての工業の都市から芸術都市へと再生しつつある新市街と、昔から変わらないバスクの香りを残す旧市街が対照的な街なのである。そんなわけで、新市街の物価は高く、安宿は必然的に町外れになっていく様だ。

 宿には門限があるので急いで町外れのアルベルゲに戻るが、坂の途中で迷ってしまう。
すると1台のジープパトカーが通りかって、なんとこのパトカーに、宿まで送ってもらうことができたのだ!

世界を旅する人って、ある種 超人かなにかのように思ってた。
だけど実際は、地味に地図を広げ、困っては助けられ、迷子になりながら進んで行く。
なんだか、おんなじだ。

DSC_0053e20110909213321.jpg

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL

スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

Comments

美術館の写真は貼ってないのね~!
そ、そう言えば!好きな美術館ランキングで(そんなに詳しくない中で笑)1位に躍り出るくらいのアツさだったのにー!1枚貼っておくー!!
一枚キターーー!!
中央のウネウネは、、、作品?!
ウネウネしてるやつ、作品だったよ!ものすごく巨大で、その間を通って歩いたよ。
ベルリンにもグッゲンハイムの美術館があるらしいよー!ホントおススメです。

Leave a Comment