FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
16

Category: 流れるイオタ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

AROUND 一年
忘年会のシーズンですね。みなさんはもう忘年会はしましたか?

私は先日、音響/カメラマンのお仕事の忘年会で、焼肉食べ放題をしてきました。素晴らしかったです。
来週末もJimanicaバンドの忘年会で、焼肉を食べに行きます。肉祭り!


 流れるイオタのほうも、11日のB.B.Streetを持って年内の演奏が終了致しました。
まだまだ無名の自分のバンドを褒めるのもナルシストっぽくて気が引けますが…今年一番の熱量のある、良い演奏が出来たのです。
ヨカッター!めちゃくちゃ楽しかったー。
と、心から言うことが出来そうです!

 Gtの矢野くんの三十路の誕生日と言う事で、たくさんの仲間が足を運んで下さって、あたたかな一日でした。
終電が事故で止まってたこともあって朝まで横浜で過ごす事になり、黄金町にある矢野くんの会社仲間の家で 数人で静かな夜のひとときを過ごし(しかし矢野は不在!)、私は始発までポロポロとギターを弾いていたら曲がたくさん出来たので、みんなを起こさないようにひっそりとiPhone6に録音していました。


家に居る時は、ひたっすらシベリウス(楽譜作成ソフト)で打ち込みをする日々です。

自給自足とはよく言ったもので…作曲以外にも、たとえばPhotoshopでチラシを作ったり、Final cutで動画編集をしたりもしなければなりませんので、PCばかりいじくっています。

『餅は餅屋』だとは思っていますが、そうも言ってられないのはアレのせいでしょうか。


////////////////////////////////////////////////////////////////

また私事になりますが、写真個展を開催してから1年が経ちました!

私は20代前半のある一定の時期に音楽を失っていた時間があり、その期間の希望にと、ドラムから持ち替えたのがカメラでした。
「音楽を失っていた期間」というと聞こえが良くないけれど、その期間は写真に全ての集中力をつぎ込んでいたぶん、キリキリの写真が撮れていた気がします。

AROUND THE SOUNDと名付けた展示は、そんな20代の喪失から再生をテーマにした写真展でした。

さて、自分のバンドに曲を書く作業と言うのも、結局のところ自己表現以外のナニモノでもないので、やはりキリキリまで自分を追い込んで行く作業になります。

なので、写真展をやるなら、自分のバンドを持つ前、
つまり昨年の秋と言うのがチャンスだったワケです、きっと。(両方は無理なので。)



そして今年は、写真の相方が京都の大学を卒業し、東京で凱旋個展を開催しました。(その時の記事)

ずっと東京で一緒に何かを創って来た写真の相方が京都の大学へ行ってしまうときに贈ったものが、「流れるイオタ(曲名)」という曲でした。もう5~6年前になります。

写真の相方はそのまま関西で結婚をし、今はそちらに暮らしています。


引っ越しBGMとして生まれた「流れるイオタ(曲名)」の生演奏を今年、彼女の耳にも届ける事が出来ました◎
先月、流れるイオタ(バンド名)で京都へ初ツアーに行った時に、観に来てくれたのです。

私は色んな事を忘れかけていたのですが、
その時にかけてくれた言葉が
『お互い、ようやく一周回って着地(卒業)したね!!』
でした。

P1010855e20141216014009.jpg

私事ついでに。

今年は、めちゃくちゃしんどかったですが、

仕事面では、
イオタ(レーベル)を始めたり、旅エッセイの執筆に繋がったり、雑誌のグラビア撮影をしたり、
サウンドロゴを作成したり、マイナー映画の音楽を書いたり、恵比寿のライブハウスにミニ展示もしたり、
Word や Excel を習得する為に事務の仕事をしたり、音楽教室のセンセイを始めたりして、

しんどいなりに、充実していました!

また、表現としての音楽面では、
初めてソロでツアーに行ったり、ドキュメンタリー映像と作品を創ったり、riaでライブをし始めたり、
シェリーズで新曲に取り組んだり、Jamバンドでレコーディングをしたりと、自己の音に沢山携わる機会がありました。ありがたし。

ネガティヴな自分を褒め、奮い立たせるために羅列しています。

来年はもっともっと集中して取り組み、音に溺れ深く沈みたいです。
そして仕事が欲しいです。

* OLYMPUS OM-D
スポンサーサイト



テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment