FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
02

Category: B級・不思議スポット

Tags: B級スポット  廃墟  写真  葛飾区  昭和レトロ  不思議スポット    横丁  都内  23区  

Comment: 0  Trackback: 0

第一日目【これが本当の東京の姿!?】
 小学生の時は、お年玉でスーファミソフトを買うのが楽しみだった。

 中学生の時は、新年発売の新譜CDを買いに行くのが楽しみだった。

 高校生の時は、原宿に洋服の福袋を買いに行くのが楽しみだった。

 大学生の時は、お正月からスタジオで練習するのが楽しみだった。

 20代の時は何が楽しみだったのか、忘れてしまったけれど、

 30代になった私は、三が日のうちに東京の写真を撮る事が楽しみだ。

 故郷・東京の年末年始の姿は、ちょっと至福なのだ、きっと。



という事を急に思った1月1日の朝は、スプーン曲げが出来るようになった夢を見ていました。

 お正月は、なるべく毎日写真を撮りに行こうと思うのです。

と言う訳で、ちょっと変(な人)ですが、本年も宜しくお願い申し上げます!

////////////////////////////////////////////////////

家族、親戚でのお墓参りを終え歩き出すと早速、雪がちらついています。


第一日目【葛飾区立石に残る昭和なレトロスポット「呑んべ横丁」。】

こち亀では「ここは九龍城ですか!?」と言われ、
廃墟・廃校を紹介するサイトにも迷宮として載っている、横丁。

マリオ3の土管の国を彷彿とさせます。

P1010474e20150102124538.jpg

 この呑んべ横丁は、昭和28年頃に作られて、当時は立石デパートと呼ばれ、洋品店やカバン屋、食堂などが並ぶ、一般の商店街だったそうです。

その名残か、当時の洋品店の看板らしきものが残っていますが、薄暗く湿った感じからは想像ができないですね。


 お正月で店が閉まっているのをいい事に、普段お酒を呑まない自分もゆっくりと写真を撮っていると、住民の方とお話しすることができて、

「ここは50年前くらいからあるんだよ」と話してくれましたが、

昭和28年から計算してみたら、60年をちょっと越えているんですねー。

お家のガラスが割れてても、取り替えないんだそうです。
何故なら、路地でのケンカが絶えないので。


この日は、街の人とたくさん話しをしました。

タクシーの運転手さん、隣に座ったおばちゃん、呑んべ横丁の住人の方。

なんだか、そう言うふれ合いみたいなのって普段あんまり無いことなので、

ちょっとした会話が、とっても贅沢な気持ちになるのですよね。

恐らくたった一度きりの出会いでしょうから、二度と巡っては来ないであろう時間です。

東京人は冷たい…などとよく言われてしまいますが、
江戸っ子は、むしろお喋りです(笑)


もしかしてこちらが本当の、東京の姿なのでしょうか。

P1010402e20150102124347.jpg

P1010380e20150102124249.jpg

P1010384e20150102124308.jpg

P1010395e20150102124330.jpg

P1010430e220150102124411.jpg

P1010437e20150102124428.jpg

P1010440e20150102124447.jpg

P1010447e20150102124521.jpg
はじめて♥
P1010442e20150102124504.jpg

* OLYMPUS OM-D
スポンサーサイト



テーマ : 東京23区    ジャンル : 地域情報

Comments

Leave a Comment