FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
11

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  歩き  カミーノ  スペイン  海外  紀行文  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.5 ~スペイン編~
初めての男女混合30人的ドミトリー。J氏と二段ベッドの上下を決め、意外なほど素直に眠る事ができた。
 そんな中で、戦わずして負けた人の夢を見る。スペインに居る間はそのように、毎日日替わりの夢にうなされる事になるのだった。
もともと夢の質も量も多過ぎると自覚しているほうだが、やれやれ。。。

フランス南部からスペイン北西部にまで続くキリスト教の巡礼路、カミーノ・デ・サンティアゴ。
 最終地点である聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指し、毎年3万人を超す巡礼者たちが、全長750kmもの道のりを歩く。
今居るのは、その道の途中なのである。

1日15~30kmほど、アップダウンのあるコースを、生活用具である荷物を背負って歩く。

「旅の間にどれだけ要らないものを捨てられるかが、"自分がなんだったか" を決める」
のだそうだ。


朝、5:30起床。
「まだ寝てる人が大勢居るから、荷造りは違う場所でやるんだよ」と言う言葉通り、キッチンに荷物を持って行き、スバヤク寝袋を丸めて靴下を履く。
例えばまだ真っ暗な部屋になにか忘れ物をしてしまったとしても、必ず親切な誰かが届けてくれた。

 ビルバオは、6月は1度、7月は2度しか晴れた事が無いらしい。
前日までも1週間ほど雨が降り続き、気温は14度ほどをキープみたいだった。7月も末になろうとするこの日は、ようやくの曇り空。雨が降らない事を祈りつつ、地図を片手に出発した。


DSC_0056e20110910235724.jpg

 川沿いを歩くと、銀座みたいな新市街とは変わって、産業地帯。
川の右岸側に工場労働者の住宅街、左岸側に工場が立ち並んでいた。

午前中を歩き通し、お昼は、雨宿りをしながら道ばたでサンドイッチを作って食べた。
1本買ってリュックにさしておいたパンをナイフで小さく切り、そこにパックのサラミとモッツァレラチーズを数枚はさむ。オーガニックの果物やナッツなんかも、持ち歩いている。

DSC_0059e20110910235743.jpg

 ビルバオ郊外のビスカヤ橋付近に到着。中世の香り漂う街だった。
そしてそこからすぐのところにある「ビスカヤ橋」は、世界遺産に登録されている鉄橋だ。全長160mでポルトゥガレテとゲチョの街を結ぶ。
これが、橋の上を歩くのではなく、ゴンドラに乗って、吊られながら渡るのだ。
0.3ユーロ。
8816_151175247216_665517216_3125020_2619494_n.jpg


DSC_0063e20110910235801.jpg

バルで休憩を取りつつ。
生絞りオレンジジュース。

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D
スポンサーサイト



テーマ : スペイン    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment