FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
04

Category: B級・不思議スポット

Tags: 秘境駅  関東  紀行文    B級スポット  不思議スポット  海底トンネル  土木遺産  地下道  川崎港  

Comment: 0  Trackback: 0

第三日目【川崎港の地下道】
【川崎の秘境駅と、海底トンネルに突撃しました。】


正月はなるべく毎日写真を撮ろう・第三日目。毎日が不思議スポットばかりなのだ!

DSC_0103e20150104232301.jpg


鶴見線の終着駅、海芝浦駅。
この駅はかなり変わっていて、まず外界からのアクセスが不能(と思われる)。
正確には、駅地は東芝京浜事業所の敷地内の一部にあるので、一般人は駅から外に出られないのです。

無人駅であり、電車の本数も2時間に1本とかなのですね。

そして、ホーム直下が海なのです。

DSC_0109e20150104232007.jpg

DSC_0107e20150104232055.jpg

DSC_0115e20150104232114.jpg

DSC_0122e20150104232329.jpg

DSC_0116e20150104232133.jpg


浅野駅。猫と鳩とスズメ。
DSC_0187e20150104232152.jpg



/////////////////////////////

お次は、全長1200メートル、徒歩15分!日本最長の「歩いて渡れる海底トンネル」へ突撃します。

川崎駅から市バスに乗って、ちどり公園というところまで行きます。
場所はかなり辺鄙で、風景が工業地帯のそれに変わって来ると、人の気配は少なくなります。

P1040741e20150104233616.jpg


海底トンネルは車道と人道で入口が別になっていて、公園の中を、看板だけを頼りに進んで行きます。ちょっとしたアドベンチャーです。

P1040740e20150104233557.jpg


入り口発見!
P1040746e20150104233633.jpg


地下道はジメジメしており、階段が濡れてすべったりします。
「まさか海水?」と考えると、一気に背筋が凍る思いですが、洞窟探検のつもりでスタート。

海底空間での1200メートルの直線をひたすら歩くのは、長いし辛い(恐い)です。

《椎名誠の地下生活者》→地下鉄の通路に閉じ込められた人間たちがだんだん異形化して思念体になるSF。

《村上春樹の世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド》→東京の地下鉄の世界は、人間ではない「やみくろ」という謎の生物が支配する帝国になっていて、地下に潜り異界でやみくろたちと闘うことになるファンタジー。

などが歩きながら頭をよぎり、、、どうもよろしくない。

いや、それ以前に「今、地震が起きたらどうしよう」「急に浸水して来たらどうしよう」「大きな岩が転がって来たら(以下同文)」
「幽霊が出そうだ」「誰か人間が居る方がこわい」などと考えてしまうのが、人の常かもしれません。

写真 2015-01-04 19 15 3320150104235027

圧迫感が結構あるので、
自分のように気圧の変化に弱かったり、閉所恐怖症があったりすると、気分が悪くなり足が前に進まなくなります。

P1040753e20150104234245.jpg

出口ののぼり階段に足を掛けると、一気に圧迫感が減ります。

トンネルを抜けると、そこは扇島でした!

DSC_0221e20150104235419.jpg

* Nikon D40x / OLYMPUS OM-D
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道の旅    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment