FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
11

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

かえっていく場所
私は、自分の誕生日が、だいっきらいになっていました。

「両親に感謝するべき日!」

なはずのに、心はジタバタしてしまって、

自分で自分の腹をかっ捌いてしまうような、そんな錯覚を抱きます。


だからとっても怯えて迎えるのです。


この日だけは無事に乗り越えられますように。

家族にとっても、自分にとっても。

と思って止まないのです。



今年の誕生日は普通に、音響の仕事に出ました。

普通に仕事に行って、帰りに本屋に寄って自分の為に本を買いました。

夕飯に食べたのはお弁当だし、せめてケーキでもと買いに行ったら全て売り切れていました。

このような過ごし方は、確実に初めてかも知れないのです。

でも、なんだかとてもスペシャルな気持ちになれました。


朝の電車で、SNSに書き込んで頂けているメッセージを読んでいました。

嬉しいものです。


自分の方からもお祝いのメッセージも送ります。
おんなじ誕生日の女の子のお友達が出来て、私達は一緒に旅に行ったりするようになったのです。

『おなじ誕生日のお姉さん。』それがどんなに心強かったか分かりません。


仕事場に着くとプレゼントが渡されました。

仰々しいものではない、コンビニで買うようなもの。すっごいびっくりして、それが余計に嬉しかったのです!


仕事をしていると、一緒に音楽をやっているチームの人達がメッセージを届けてくれました。

自分はそんな細やかなこと全然できていないのが恥ずかしくなりました。


仕事が終わる頃、写真の相方から「あと6時間、最後まで何事もありませんように\(^^)/」

というメールが届きました。

とても親しい間柄の人は、SNSじゃなくメールでメッセージをくれ、

マブダチからは電話が掛かって来ました。

それから、私がバンドを始めるきっかけをくれた人物で、十代から二十代前半のほとんどを一番近くで一緒に過ごしてきた子から、嬉し過ぎる事柄も喰らいました。

娘っこの人生初ライブ経験を、くれると言うのです。

私は笑いました。一人で声を出して大笑いしました。涙が出るほど。。


それをひとつひとつ噛み締めていると、なんだか特別な日のような気がしてきたのです。

嘘でもいい、嬉しい。

それが今までの人生の中で積み重ねて来た出会いなのだから、嬉しい。


恐るるに足らない、ふつうの一日。

きょうは誕生日。

1078020150112004520.jpg


スポンサーサイト



テーマ : 夢追い人のお出かけ    ジャンル : 日記

Comments

Leave a Comment