FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
25

Category: B級・不思議スポット

Tags: B級スポット  廃墟  カフェ  写真  昭和レトロ  不思議スポット  高橋歩  秘密基地  アトリエ  23区  

Comment: 0  Trackback: 0

第五日目【二子玉川の蘇った廃墟はオシャレカフェ】

【二子玉川の蘇った廃墟はオシャレカフェ】


今回攻めるのは二子玉川駅!
地元エリアなので何度も散歩をしているこの地域に、廃墟を改装したオシャレカフェがあるといいます。

まずは駅前にある高島屋の紀伊国屋書店に寄り道するのが定番です。

P1090780e20150125174637.jpg


美麗廃墟を手に入れた!
※日本中に散在する美しくも妖しい廃墟たちをフランス人写真家が独自の感性で捉えた写真集。
 もちろん軍艦島、摩耶観も収録。
ちっとも暗さも恐さもなく、これは買いです。

81vv1hc++bL20150125183427.jpg



屋上庭園で読みます。

P1090769e20150125175110.jpg


おやつを食べている女子の先客がいました。

P1090772e20150125175036.jpg

こういったメンズが、もはやどこにでもいらっしゃいます。

写真 2015-01-25 18 02 0020150125180343

〜〜〜〜〜

お次は、本命の廃墟カフェに向かいます。

駅から、川沿いを歩くこと15分ほど。

商店街を通っても行かれます。

P1090817e20150125180442.jpg

これまた怪しげな店が(・∀・;)

P1090819e20150125180506.jpg


ビッグボーイの少し先に、
築40年の廃墟と化した古い鉄工所を改装して作られたレストラン&カフェバー、
Cafe Soul Treeはありました。

P1090792e20150125180541.jpg

命を吹き込まれて蘇った廃屋。
P1090802e20150125181211.jpg

P1090794e20150125181147.jpg

オシャレですが、かなり本気度が高いです。

店内は薄暗い落ち着いた雰囲気です。
電源、Wi-Fiも無料で利用できるので、二子玉川で作業したいノマドワーカーにもGoodですね。

P1090786e20150125181243.jpg

デザイン系の書籍もたくさんあります。
ランチ  11:30〜18:00
ディナー 18:00〜26:00 です。

〜〜〜〜〜

駅までの帰り道は、ふくろうが導いてくれました。

P1090820e20150125181823.jpg

P1090821e20150125181848.jpg


博多こくまろラーメン。
仕事帰りの女子も、カウンター席にアタック。

P1090834e20150125182004.jpg

二子玉川のスポットと言えば、よく鮎ラーメンが取材で出てきますが
地元の仲間で押しなのは断然、博多です。

P1090829e20150125181944.jpg


和風カフェ「土筆」。
こちらも気になります!
これは、第二弾開催でしょうか。

P1090825e20150125181925.jpg

* OLYMPUS OM-D
スポンサーサイト



テーマ : 廃墟系    ジャンル : 写真

Comments

Leave a Comment