FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
13

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  カミーノ  歩き  スペイン  海外  紀行文  ヨーロッパ  バックパッカー  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.7 ~スペイン編~
 ビスカヤ橋を渡ってからは、道は徐々に田園地帯に入った。
アップダウンを繰り返し、山間いの小さな村を、いくつも通っていく。
小さな水路が通る村、食べ物はトラック販売しか無さそうな村。ビーチのある村。
ドコの人も明るくて、親切だった。

DSC_0085e20110913023638.jpg


 どんな田舎でも、バルがある。歩きながら1日2~3回はお世話になっていた。

バルは地元の人達の社交場で、メニューは(決まっているので)無い。喫茶店であり、レストランであり、酒場であり。散歩の途中の時間つぶしであり、待ち合わせ場所であり、トイレである(笑)
バーのカウンター席Barraと、店内のテーブル席Mesa、テラス席Terazaがあって、お金を支払うのは飲み物を受け取るときでも、最後でも大丈夫だ。

カウンターの上には、イワシの酢漬けやオリーブ、トルティーリャなんかがおつまみとして並んでいる。
スペイン・タパスを一杯飲みながら軽くつまむ。
カウンターの足下は、大都市でも田舎でも変わらずゴミだらけ。そして、ハエが飛んでいる。

 wi-fiが使えるカフェもたくさんあった。
飲み物を頼む時にwi-fiナンバーを尋ねると(自分の場合は、Wifi Por Favor!と書き付けておいたメモを見せた)、レシートみたいな紙をくれて、それにナンバーが書いてある。
他のお客さんと使い回すときもあるので、みんなで仲良く見る。

何日かその村に滞在するときは、一度パスワードを知ってしまえば、あとは店の近くをウロウロしていれば野良wi-fiが拾えてしまう。

DSC_0099e20110913023656.jpg

 途中で、バスク州から、カンタブリア州へと入った。

スペインの北部と言うのは、スペインの中では比較的地味な都市だけれど、乾燥していて原色の南部の風景とはちょっと違っていて、「グリーン・スペイン」などと呼ばれるらしい。
雨が多く、 海と山に挟まれた自然豊かな土地は むせかえるほどに緑が豊だった。(なにしろ前記の、6月は1度、7月は2度しか晴れた事が無いんだしねと思う)

イベリコ豚や、お馬さんが放牧されていて、
「たぶん観光じゃ一生に一度も垣間みる事がないんだろうなぁ」
と言う感じがしたが、何しろトレッキングもロクにした事無いこの体に山歩きはひどくコタエ続け、あふれる緑色の中、足が前へ出ないのであった。
道路の途中でテントを張って野宿しているグループもいたくらいだ。

DSC_0066e20110913023619.jpg


 ヨーロッパの人は、狩猟民族だけあって、とてもよく歩く。
「30km歩いたけれど、まだまだ歩けそうだったので、この街まであと20km追加して歩いてきたよ」
なんて、語っている。しかもみんな、苦労して巡礼路を歩いている人達だから、爽やかなのだ!
どう見たって、足を引きずり、テーピングをし、直径4cmくらいあるカカトのマメの皮は何度も剥けたせいで固くなってるのに。。。

もう1歩も歩けない、マメひとつ無い己の足を抱えながら、冷や汗をかく。


コミュニケーションができたら、もっと楽しかったと思う。

【移動するのが半分、同じ道中を歩いてきた人達と一日の終わりにコミュニケーションを取るが半分】
の旅の中で、夜になってスペイン語で話しながら夕食を作るテーブル。

会話がなにも分からないのが、とても辛い。

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL
スポンサーサイト



テーマ : 歴史・文化にふれる旅    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment