FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
21

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags:  紀行文  バックパッカー  青春18きっぷ  北陸新幹線  開通  スイミング・プール  レアンドロ・エルリッヒ  金沢観光  利家とまつ  

Comment: 0  Trackback: 0

ルーツを巡る旅.3 ~加賀百万石のお庭~
ついに金沢に到達しました。

『ついに』というのも、
加賀百万石の前田利家公は、直系のご先祖様、な、の、です。

P4080142e20150422000005.jpg


家には刀とかあったらしく、わたしは曾曾曾曾曾...孫くらいでしょうか?!

今まで一度も来れなくて、ごめんね(´ー`)

そう、
今回はルーツを巡る旅、でもあるのです。

ファイル 2015-04-21 23 38 0520150422000249



前田家が祀られている尾上神社。

P4090330e20150421235752.jpg


神社にステンドグラスが不思議です。“かぶき者”利家公らしいです。

P4090324e20150421235734.jpg


金沢では、城下まち金沢周遊バスの1日乗車券を購入しました。

駅を起点に、金沢市内の主要な観光地をめぐる循環バスで、「右回りルート」「左回りルート」とあるので、行きたい場所に近い方を選びます。まるで山手線みたいですね!

「左回りルート」で、21世紀美術館へ行きます。

DSC_0088e20150421235932.jpg

展示物で遊ぶ美少女を発見してパシャリ。

P4080101e20150421235815.jpg


腰を落ち着けたのは、
ひがし茶屋街のメインストリートから一本裏手に入ったビストロ「ビベット」さん。

P408012920150421235833.jpg

城下町の風情が漂う茶屋街に溶け込む町家造りのお店で、
格子戸から覗き込んだ時のシェフのあたたかい雰囲気にやられました。

ハーブを使った、女性に優しいお料理でした。近くにあったら通いたいくらいです。最高。

ちなみにこのお店は、ネットで検索しても出て来ないですよー。

P4080125e20150421235911.jpg


人の好さそうなシェフに道を聞きつつ、夜でも観光出来そうなところを探していると、
ちょうど兼六園無料開園 & 金沢城・兼六園観桜期ライトアップに出くわしました。

1週間だけ行われるイベントで、ちょうどその時期だったようです。

P4080156e20150422000049.jpg

広々としていて、賑わっています。

「うちのお庭へようこそ!」と言ってみたくもなりました(笑)

P4080149e20150422000024.jpg


花よりおだんご。

P4080172e20150422000108.jpg


金箔コーヒー。
日本の金箔の99%が金沢産。

P4090174e20150422000127.jpg

* Nikon D40x(この日を以て壊れました。)+ OLYMPUS OM-D
スポンサーサイト



テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆    ジャンル : 地域情報

Comments

Leave a Comment