FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
02

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 紀行文  青春18きっぷ  世界遺産  日本の世界遺産  家族制度  奥飛騨  民家園    白川郷  アクセス  

Comment: 0  Trackback: 0

ルーツを巡る旅.4 ~白川郷~
白川郷へは、金沢駅から高速バスが出ていました。

それも、たった1時間15分で行くことができます!

白川郷と言えば交通不便な秘境で、深い山間の中にある小さな集落ですので、
どんなクネクネ山道をバスで登ってくの!?揺れるの曲がるの?と考え、ちょっと身を固くしていたのですが、何の事は無い。
金沢のインターから、白川郷インターまでひとっとび。山道ナシ。

P409027120150502083225.jpg


そこは、外国人観光客で溢れ、ほとんど日本語を聞く事のできない、白川郷でした。

豪雪地帯らしく、雪が残っています!

P409024320150502083252.jpg


最初に、入口近くにある民家園を見学しました。

昭和42年、岐阜県と富山県の県境にあった「加須良」と「桂」の集落は、集団離村により消滅することになり、合掌造りや水車などの建物を一部移築したものが この民家園だそうです。

理由はダムを作るためや、大豪雪によって集落が半年も孤立した状況になり、身重の妻や子供を病院に連れて行く事もできなかったこと、などが展示されていました。


P409017720150502083810.jpg


白川郷の合掌造りの風景を「きれいな景色」として喜んでいたのに、

入口から突きつけられる、かなしい歴史の重さにビックリし、

また後日写真の相方が興味を持って調べたところ、


P409023020150502083616.jpg


家を継ぐのは長男だけなので長男しか結婚できず、次男、三男や結婚出来なかった女性(姉や妹)は、独立した家庭をもてなかったそうです。

二番目以降は働き手として必要なので結婚して他家には行けないけれど、
パートナーが出来ても同居することなかったというだけで、男が女のもとに通い続けるという「婚姻」生活をしていました。

P409022220150502083645.jpg


白川村の合掌造りは、寝室につながる夜這い用の出入り口が設けられていることでも有名です。
夜這いで出来た子供は、普通に女性の実家の一員として育てるので、
多い家だと40~50人住む家もあったそうな!

なかなかディープです。

世界遺産登録後、急激に観光客が増加して、
そうなればもちろんマナーなんかも問題になってくると思いますし、景観を守るのがより困難な状況になってくると思います。

P409023720150502083430.jpg

そんな中で合掌造りを守る人々のすごさに、敬意を持ちました。



P409021220150502083710.jpg

ちょうど、うちからほど近くにある「川崎市立 日本民家園」でも、5月31日まで
「ダムに沈んだ村-越中桂・旧山田家住宅」という企画展示がされているそうです。
合掌造りも3棟あるとか・・・ナニィ(・ε・`*)

P409020920150502083732.jpg


それにしても、雪解け時の、村のうつくしいこと。

写真 2015-04-09 10 50 5720150502084329

集落内で、民宿があるということで。

写真 2015-04-09 10 58 5020150502084346


どぶろくアイス。

P409026520150502083345.jpg

打ちたての蕎麦が食べれます。

P409025520150502083406.jpg

* OLYMPUS OM-D
スポンサーサイト



テーマ : 国内、史跡・名勝巡り    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment