FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
18

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: バックパッカー  紀行文  

Comment: 0  Trackback: 0

屋台三昧☆台湾 .後編
今回、台湾に行ったのは、

妹分の20代最後の、旅行でした。

おんなは30歳というボーダーラインで大変もがくものです。

ですから毎晩、非常に色々な話しをしました。


わずかな期間の滞在でしたが

そう言う意味でも、台湾は よい思い出になりました。


台湾の写真

DSC_061720150618131339.jpg


宿泊したのは、まだ出来て1周年を迎えるか迎えないかの若いゲストハウスでした。

そのとき一緒になった方々はざっくばらんで、

現地に長く滞在している方には、

「台湾ってそんなにミドコロが無いじゃないですか。どこがそんなに楽しいの?」

とお話しする機会があったのですが、

結論としては、「この緩ーい感じ」が堪らないです。


店の店員が、自分の携帯で電話しながら仕事をしていたり。

タクシーの運転手さんがご飯を食べながら仕事していたり。

窓口のお姉さんが、お釣りを投げるようによこしたり。

だけど、コンビニに車椅子用のインターフォンやスロープがしっかり付いていたり。

街でふれ合う人からは、どことなく、

おしゃべりと、笑顔が絶えませんでした。


電車の車窓を見渡せば、「廃墟だ!」と感じてしまいそうな家屋がひしめき合っていて、その中で、人々の生活が営まれていました。

『生きている。』

そう言うものを生々しく感じる事ができる。

まさに、そんな気がしました。


そう、リピーターになる方って、
このエネルギーや、食べ物の美味しさ、
そして、おおらかさに惹かれるひとが多いみたいなのです。


わたしは、大いに何も気にせず、大声で、大笑いしながら、
少しの間ですが、異国を冒険した気分を抱えて帰って来ました。


個人的にちょうど、仕事を頑張ろうと躍起になってもがいていた時でもあり、
また、そのあとすぐにヨーロッパ行きも控えていたので、
スケジュール調整、資金調整、と苦労した部分もあるにはあったのですが、
そのぶん日本で毎日追い込まれてるような気持ちだったので、擬似的にでも必死に生きたら急にスッキリしました!


だけど私たちは、年齢的にこうやって一緒に遊んでいるのにもきっとリミットがある、という事を何処かで理解しています。


だから台湾の写真を見返してみると、
温かい気持ちと、寂しい気持ちになってしまいます。


しかし「リミット」と言う言葉に、相変わらずすこし、いやーな違和感を覚えていた事も確かです。


~次はフィンランドです~


* Nikon D5300 ←New!!!!!
スポンサーサイト



テーマ : 台湾    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment