FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
09

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

確かに日本の風景
京都の写真大学からこちらへ戻ってきた写真の相方ちゃんと。
女2人、ガチカメラを持って、都内の散歩。


1回め
隅田川沿い、近辺の幾つかの神社や庭園。
向島の《すみだ郷土文化資料館》で、隅田川と桜の資料や、東京大空襲の戦争孤児をテーマにした写真展、浅草の界隈(露店の飲み屋がひしめいている辺り)、合羽橋を歩いてきました。

初めて日本人ばかりの浅草を見た気がします。
 確かに、日本の風景だった。
浅草でそう思えたのは、きっと初めてじゃないでしょうか。


2回め
カメラピープルストアのmonogramに行き、代官山の家庭的手作りパイ専門店《ママタルト》でチョコパイとレモンパイ。
そして恵比寿を一周して、公園やお買い物のあと、中目黒のナチュラル系カフェ《ドロール》でスコーンをいただいた。

DSC_022220110510051011.jpg

 彼女が時々使う『涙が出るほど、おいしい』って表現。

例えば
京都の、cafeさらさのシフォンケーキ。
大阪にある日本で最初の紅茶専門店、ティーハウス・ムジカのモンブラン。
だったりした。

2人で、カバンひとつ持って、ずいぶんたくさんの旅に行ったけれど、

倉敷のマイク付きベッドの上で、通販番組を見て笑い転げながらのきびだんご。

夏の夕暮れ、閉店時間寸前の伊勢の赤福かき氷。

瀬戸内海の離島のきなこもちに、静岡の茶畑に行く途中の乗換途中のどたばた名古屋メシ。

お土産の、祇園『みよしや』や奈良の西ノ京のおだんごに、

鎌倉の海岸でクリスマスに女2人で砂嵐の中、修行みたいに食べたクリスマスケーキ。

東北の海沿いを通って北海道までずうっと鉄道で行った時の、三陸鉄道のスタンプと、いつも2人で1つを分け合えば十分なゴハン。

すごく辛い時期に、サプライズ過ぎて思わず泣いてしまった誕生日ケーキ。(爆笑ハート盛りだくさん新妻風)


 自分は、歩き回る事は好きだけれど、びっくりするくらい "食べモノの種類" を食べた事が無い。

涙が出るほどおいしいものを探しに行こう、って
きっと、ちょっと素敵で涙が出る。

27th.jpg

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D

スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment