FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
14

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  海外  スペイン  カミーノ  歩き  バックパッカー  ヨーロッパ  紀行文  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.8 ~スペイン編~
「スペイン料理っておいしかったでしょ?」
そんなことを多々聞かれる。

 考えてみれば、私は今回スペインのレストランで食事をしたことが、数えるほどしか無いように思う。
バルに行く時間って毎日あって、そんな中で、頼み方のシステムが分からなかった事、数回。
まいにち まいにち バカの一つ覚えのオレンジジュース。

一番活用していたのは、スーパーマーケット!(supermercado)

 その他にもコンビニや、個人商店、トラック販売、お菓子の自動販売機なんかを見つけても買い物をしてみた。本当に小さな村のときはバルでペットボトルに入った水だけ買っておく。
見つけたうちに買っておくのが吉なようだった◎ 食料が手に入りずらい時のためにも。

大きめの街のときにスーパーマーケットを探し、買いだめをする。
そのために、荷物に1.5kgくらいの余白は、あらかじめ残しておく事になるのだ。


 気がついたのは、場所によって値段が「こんなに違ってもいいの?」と言うほど違ったことだ。
例えばキットカット。お菓子の自動販売機などで売っているそれは、単価は日本とほぼ同じ。(それでも所得は日本の1/3くらいなので、暴動が起こりそうと言うことだった。。。)
それをスーパーで見かけると、平気で値段が半額ぐらいだったりした!「オイオイ!」って。

DSC_0025e20110914022014.jpg
 日本のラーメンを見つけた(これは焼きそばw)。思わず買った後で、フライパンが無い事に気付く。


 スーパーの店内は日本と同じように野菜、果物から始まって、肉魚、パン、お菓子、飲料、調味料、生活用品などコーナーごとに分かれている。日本よりもカラフルで大胆な色遣いが多くて楽しくなってくる。
果物や精肉は量り売りになっていて、自分でビニールに詰めた後ハカリに乗せて重さに沿ったお値段がプリントされたシールを発券し、ビニールにペタリと貼っておく。

パンはフランスパン式の長い棒状のものがカゴにさしてたくさん売っていて、素材や大きさの種類が豊かだった。
これが、アゴが抜けるほど固い。

 買い物かごはレジの手前で終了。自分で商品をでっかいベルトコンベアーの上に乗せる。
スペインの買い物事情を見ていると、信じられないくらい一度にモノを買うようだ。
日本の2倍ほどの大きさもある買い物カゴ3杯分くらいをドカッ!とベルトコンベアに広げていて、レジ会計を待っていたら日が暮れてしまいそうな勢いだ。
また、田舎のおばちゃんは、隙あらば横取りの構えで油断ならない。

そんな混雑を緩和するため、セルフレジ(何カ国語か対応)もたくさんあった。クレジットカードも使えるし、値段も画面で見られるので、コレハ便利!

DSC_0050e20110914022034.jpg

そして、入り口にはどこもゲートがある。レジを通ると退場できるようになっているんだけれど、何も買わないで出たい時なんかは出口が無い!(あれは未だに謎)

長距離バスのパーキングもスーパーみたいになっているところがあって、入場口に回転ゲート(野球場のゲート入り口式)みたいなのが付いていた。


そんな事を思い出すたび、パエリア食べたかったなぁ、なんて思う。

DSC_0129e20110914022111.jpg
フルーツ屋さん。

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL
スポンサーサイト



テーマ : スペイン    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment