FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
15

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  スペイン  カミーノ  歩き  海外  紀行文  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 2  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.9 ~スペイン編~
朝日と一緒に、出発。
DSC_0089e20110916003835.jpg

晴れ。気温20度。速乾性の半袖の上に、厚手の長袖を羽織ったり脱いだりし、歩きながら体温調節をする感じ。
DSC_0087e20110916003929.jpg

毎日、信じられないほどの運動をしているせいか、よく眠れ、お腹も壊さず。
なのに、夢にだけは振り回される。

1日目からじわじわと破れ始めたバックパックは3日めでほぼ全壊して、代わりのバックを買おうとしたのだが、場所柄なかなか居たのが手に入らず(苦笑) 縫いながら使っている。 

同行のJ氏は、私が合流する前から足の筋を痛めており、バスク州のピレネー山脈越えをかばいながら歩く事で、足の状態を日に日に悪くさせていた。
元来スポーツマンなうえトレッキングは趣味のひとつで、歩き方のコツは知っている様だった。

私は、マメひとつ無いのに鉛の様に足が重くて前へ出ないと言う事を知り、慣れずに走る様に一行を追いかけながら、それでも運動不足の空気アタマはスッキリとしていた。

「カミーノはリセットの道。次に行きたいところが見つかれば、いつだってどこだって行っていいんですよ。」
それはリセットする事が無い証だそうだ。

 目から鱗だった。だって、1度やると決めて挑んだからには、倒れるまでそこにかじりつくってものだと勝手に思っていたから。何においても。

「それは、他にある可能性の想像を、潰しているようなものだよ。辛くてやってる意味ないじゃん?
例えばここで、一人で続けて体力付けるよりも、明日からでも違う場所に行って語学を勉強して帰る時間だってあるんだよ?
今じゃなくてもいいんです。いつかまた続きに来てもいいんだし。」


DSC_0068e20110916003805.jpg

リタイヤ、出発。 大きな街へ到着した時が、互いの区切りになるだろう、と思った。
それは、急速に、唐突に、スペインの旅が終わりに近づいている意味だった。

イッツ フレキシブル。

DSC_0067e20110916003745.jpg


海辺のリゾート地に着いた。
カストロ・ウルディアレス。
家族連れでバカンスに来るような、とても良い場所だ。スペイン人の間ではこの町はけっこう知らているらしいが 日本人でこの町を知っている人はまずいないと言われる。

もうすぐお世話になったJ氏とお別れをし、次の場所への準備をする事になるのだ。

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL
スポンサーサイト



テーマ : スペイン    ジャンル : 海外情報

Comments

ライブハウスはまだかーって、あ、そっか、バックパッカーが主だったんだね。
まさかライブできるなんて!思ってなかってんw

Leave a Comment